« 写真展 | Main | おぉ、ありがたい »

2012.09.10

戻れない道計画:5

9月も早10日過ぎようとしています。
先月、長らく探し続けていた商品をネット上で見つけましたし、かなり前に予約していた商品も届きました。工作は全く進んでいませんが、散財だけはコンスタントに進んでいまして、まさに金満オヤジの面目躍如!全開バリバリであります( ̄ー+ ̄)にやり

祭に向けてメーカーさんの動きも少しずつ活発になってきました。
キャブさんは、アートプロさんのブースで型紙販売をされるそうです。
ただしネタは仙北キハ2406・・・(^^;。
いやぁ~驚きました。かなりのマイナー路線ながら、乗工社が模型化した車両です。

どーせなら、型式は知らないけど、台東線のキハ07風味やキハ10系風味の気動車とか、台湾精糖の長靴号(謎)とかアルミカーとか、キワモノで打って出て欲しかったなぁ(笑)。阿里山の中興号でも好いなぁ~(『ナローゲージモデリング』参照)。

それ以上に驚いたのは、山形交通保存車「ED2」を見に行った時の、日付
00047835私が訪れたのは昭和62年(1987)9月29日。

これって宮下さんの訪れた翌日ではないですか!(@@;

マイナーな鉄道で、しかも保存車両で、市内から離れた場所にあるのに、1日違いでマニアが訪れていたなんて・・・すごい偶然・・・
因みに、前の日は庄内交通の保存車両を見学していまして、翌日は弘南大鰐線訪問でした(笑)。

さて、

せっかく購入した車両を動かす場所さえないのは如何ともし難い

って訳で、いよいよ実際にベースボードに直接ケガキを入れています。000477951/5で書いたプラン図やモックアップは所詮目安でしかありません。実際に1/1でポイントを並べてレール位置を書き込んで、初めて実感できる部分も多々あります。しかし、さすがに部屋の中に出して作業するのはスペースが無くていけません。ナローのテーブルサイズレイアウトと違って、かなり難儀ですねぇ。
基本のカーブ半径は自作のコンパスを使いましたが、それ以外は市販の組み線路を定規にして目測で引いていますので、記事にした場合はプラン図を描くのに困りそうです。

編集部:「書いてある寸法と図面が合わないのですが?」
私:「スイマセン、適当に繋げてくださいっ、激汗」

00047810とのやり取りが過去に何度かありましたからねぇ(苦笑)。と言うか、レイアウトプラン図で細かい事を言うなよっ←逆切れ

その前に、当初の計画に対してプランを変更した所為で、買い込んだ#83レールが大量に余ってしまう現実に唖然としています。まぁ後先考えなしの気分屋な自分が悪いんだけどさっ。さらには、16番車両を持ち寄って遊ぶような友人は居ないし、特に倶楽部にも所属しても居ないなら、敢えて16.5mmに踏み止まらずに、この際だから13mm主体で敷いてみようか?との誘惑も頭を持ち上げます。

いやっ待て、プラ完で気軽に遊ぶのが目的だから!?それに、買った線路が全て無駄になる・・・(泣)。

そんなこんなで、迷ってばかりで全然進まん!
とりあえず、何の参考にもならない現状報告でした。

|

« 写真展 | Main | おぉ、ありがたい »

Comments

> まさに金満オヤジの面目躍如!
う~ん、私もその様相であります(汗)
レイアウト、いよいよ着工ですね。
私も軽便のレイアウト「プランだけでは判らんことがある」と、線路をとりあえず何プランか敷設してみていますが、やってみると確かにプラン通りにならないところは多いですね。
レイアウトを作るのは「自分がいちばん数を持っている車両」に合わせないと悲しくなりますよね?確かに・・・

Posted by: | 2012.09.10 06:43

ムさん、こんにちは。

>う~ん、私もその様相であります(汗)
最近、散在できる事を幸せに思うようにしています(^^;←言い訳

特にレイアウトは現物合わせの繰り返しですよね。設計通りビシッと作れる方もいらっしゃるでしょうが、自分の場合はカーブ半径も勾配(←今回は無し)も実際にレールを仮置きして修正して初めて判る事の方が多いような気もします。それが楽しい(笑)。

>「自分がいちばん数を持っている車両」に合わせないと悲しくなりますよね?
そーですね。作ったは良いが走らせる車両が無いと気分もノリません。うちは改軌に苦労する蒸機はほとんど無くて、電車や気動車などの箱物が多いので「整備するついでにパーツを買えば改軌できそう?」と考えてしまうところが甘い罠(落とし穴!?)かもしれません。買い込んだレールが全て無駄になってしまう点だけが、16.5mmに踏み止まっている理由でしょうか

Posted by: みのる | 2012.09.10 11:15

The comments to this entry are closed.

« 写真展 | Main | おぉ、ありがたい »