« 戻れない道計画:3 | Main | 7月の鉄本 »

2012.07.19

戻れない道計画:4

何!?この暑さっ(@@;、館林よりはマシだけど、内陸部は一気に夏が来たねぇ。
まぁ今日はそこまででは無かったものの、その所為もありまして、机の上に出しっぱなしだったハンダコテは引き出しの中へ仕舞いました(苦笑)。秋が来るまでハンダ付けはしばしお休みです。そーなるとブラス工作も当然ながらお休みですので、レイアウトを作るか?或いはペーパーやレジンやプラスティックなどの材料の車両を作るか?です。その何れも「待ちの工作」ネタには事欠きません

表題の「戻れない道計画」は線路だけ敷く!を目標に進めます(笑)。
00047014ご覧の通り、今はベースのベニヤ板にスタイロフォームを貼り重ねて乾燥中です。重しは蔵書!(笑)。接着剤は「ネダボンド」を使ってみました。結果から言うと思っていたよりも乾かないですね。ベニア対スタイロフォームは直ぐに乾いたけれど、スタイロフォーム対スタイロフォームでは、規定の20分を越えてもベタベタのままでした。もっとあっという間に乾いて、直ぐに次ぎの作業に移れると思っていましたので、少々拍子抜けしています。この場合はネダボンド(アクリル樹脂系)よりも、束職人(ウレタン樹脂系)を使った方が良かったのかもしれません。
00047018
ネダボンドの接着力は意外にありました。上に乗っているのはEL用ウエイトです。引っ張り方向の接着には良さそうですが、この状態で手で持ってパキッと割ると、簡単に割れました(笑)。レイアウト上で貼り重ねる分には、横方向の力は集中的に掛かりそうに思えませんので、たぶん特に問題は無いであろうと思われます。今更ダメでも、もう付けてしまったので、まさしく「戻れない道」レイアウトでございます・・・

さて、プランは前回ご紹介しました通り、3路線の同時運転なので基本はDCCにするつもりでした。しかし少々不明点がありまして、ハタと考え込んでしました。その問題点は「自動運転」です。

上段に敷く地方私鉄路線は単なる往復運転なので、レンツのデコーダーを使えば解決ですから良いとしまして、Plan20120720下段の電化ナロー(図の赤い線)は、トンネル内に交換設備を作って「2列車交互運転」を楽しみたいと思っています。アナログならば、手元のTOMIXの自動運転装置を使えば一挙に解決するのではないかと楽観的に考えていましたけど、
ちょっと待て、DCCならば、どんな装置を使えば良いのだろうか?(@@;
もしかして、わざわざPCと接続してプログラム書いて動かさなきゃいけないのかしらん???
可能であれば、部屋に入って電源のスイッチをポンと入れて、そのまま直ぐに動く列車を眺めてボヤァ~としたいのだけれど、はて?さて?何をどうすれば、理想的な答えを導く事ができるのでしょうか。

00047021試しに、TOMIXのシステムを使って(=アナログで)栃尾電車を運転してみたら・・・。
うがっ、自動運転できない(T_T)
デコーダー(レンツのシルバー)を積んでいるからか?と思って、アナログ仕様の三重交も試しに動かしてみたら、やはりダメ・・・、自動運転ができません。ちゃんと接点を通過しているのに、車両は全く反応しませんでした。TOMIXのシステムだから、ワールド工芸の車両では自動運転ができないのでしょうか?それともナローだからダメで、Nなら大丈夫なのでしょうか?
うわぁ、何が何だか全然判らねぇ~(謎)。

どうやら栃尾電車も三重交も配線が逆だったようです(激汗)。
近鉄モニ227や栃尾モハ209は自動運転できました。或いは2Mと1Mの差かもしれません。後ほど配線を直して再挑戦してみます。何か線路を敷く前に暗礁に乗り上げていますorz。今晩はもう寝ましょう。早々に気力減退・意気消沈。迷い道クネクネ~

|

« 戻れない道計画:3 | Main | 7月の鉄本 »

Comments

やった!レイアウト制作開始ですね。
スタイロフォームを貼る・・・う~ん、最近のトレンドですね。

DCCの自動運転、私は路面電車のレイアウト(いつ作るんだ?=>自分)のためにあれこれ試行しているのですが、Lenz?ESU?デジトラックス?と迷っていたり、そもそも資金的に?(涙)と停滞中であります。

みのるさんの結果が楽しみ!

Posted by: | 2012.07.20 06:49

ムさん、こんにちは。

>やった!レイアウト制作開始ですね。
開始したのは良いですが問題山積みなので、行き詰まったら違う方面に逃げるかもしれません(汗)。
何とか、がんばります(^^;。

Posted by: みのる | 2012.07.20 12:46

The comments to this entry are closed.

« 戻れない道計画:3 | Main | 7月の鉄本 »