« 山奥の電車:完成 | Main | 戻れない道計画:3 »

2012.07.08

思川に想いを:2

今年は東北上越新幹線開業30周年だそうです。1982年のあの日、常に熱いまなざしを向けていた特急列車が巣立っていってから、早30年ですか・・・。
198002x0101982080013

考えてみれば自分は“その30年前”よりも前の鉄道を模型で追っている訳ですよ
その昔々、東海道新幹線開業前の優等列車を模型化している方の話を聞いて、漠然と、明治の頃も昭和初期も新幹線開業前も「自分が生まれる前の古い鉄道として、どれも似たり寄ったり」と感じていましたが、気がつきゃ私も向こう側の立場になっているではないですか!(意味不明)。
1982ef15131197812xtaka006


いちおう書いておきますけど模型を始めた頃は最新の鉄道風景だったのですよ・・・(爆)。まぁ、だからどうする話でも無し・・・。

それにしても(遠い目)。30年経っても罪庫しか増えないのは・・・どういうこった?

1976ueno1976ueno583hibari


さて、30年以上前のTMSに載った思川鉄道(1980-4)に影響されたと言っても、じつは“あのプラン”は、そのまま作るにしては少々複雑すぎる感じが致しますので、自分なりにアレンジを加えて、「もし作るなら」を前提にして書いてみたいと思います。そもそも、いくら真似ようとしても絶対無理!!ってのは作りません。と言うか作れませんorz。

思川鉄道をベースにして、900×600の中に、倉沢軽便や祖師谷軽便を参考にしながら、勾配やらポイント分岐角度やら運転のし易さやら、検討を重ねて“無難なプラン”にまとめたのがこれです

20120626omoigawa

どこかで見たようなプランになりました。思川のテイストは、真ん中の川だけじゃんと言わないように。・・・駅もそうです
そもそも、風景が何だか判んねぇ~、でしょうけど、それは仕方がありません(笑)。

簡単に説明すれば、奥は衝立でシーナリィーを切りまして、勾配を考えると下手に線路の下をくぐるように敷くよりも、こっちの方が作業し易いかと思われます。最急半径はR150、3%勾配で駅と本線の最高点の高低差60mm(少ないっ:泣)です。登坂能力のある車両なら4%でもOKかもしれません。
駅から出発した列車は、本線上のエンドレスとリバースを経て、再び駅へ戻ってきます。「こげな複雑な」と思ってはいけません。思川(=オリジナル)プランは、もっと複雑です。特にギャップ位置は書きませんので、ギャップの判らない方はご自身で考えてください。基本“習うより慣れろ”っの方針です(爆)。まぁNゲージのポイントを使えば問題は出ないかと思います(絵はTOMIXポイント前提w)。勾配の按配もしかりです(笑)
思川鉄道をモチーフに、DCやDLが客車を牽く列車を動かしたいとなると、これ以上は省略できませんよねぇ。あ゛っターンテーブル書くの忘れてた

Plan20120707動かす車両に関しても、スケールガチガチの車両ではなくて、Nゲージの下回りを上手く使って、センスあるオリジナルのセミフリー車両を作って動かすのが「思川鉄道に想いを馳せる」最良の方向性かと思います。少々残念なのは、製作した山奥電車(下回りEF65)をTOMIX組線路で動かしてみたところ、R140の通過は通るには通るものの、そこだけ速度がガクッと落ちてしまい、スムースに動かすには厳しいようです(EF65はミニカーブのメーカー推奨範囲外)。

そもそも、車両は線路の状態に応じて発注されるものですから、ED75とかED61の下回りを使った車両を新たに作るしかなさそうです。ただ、Blog開設以来「オリジナルの味噌汁車両」をほとんど作っていない身にすれば、新規にオリジナル車両を制作するセンスも発想も気力も出てこないのが正直な話です。現状では「自分なりの味噌汁軽便」で“思川に想いを馳せる”のは、とても難しい気がしてなりません。

どなたか?こんなプランで祭までにレイアウトを作りませんか?
[果たして、つづくか?]・・・たぶん自分はこれで打ち止め

7月10日追記
Plan20120710祖師谷軽便のプランをより強く意識して、駅からエンドレスとリバースへのポイントを変えてみました。これならば駅から[A]のトンネルを抜けて、エンドレスを時計回りに動かす場合は[E]の出口へ、逆時計回りに動かすならばリバース経由の[D]の出口へ向かい、[C]→[B]と進む事で、どちらの方向へも進入が可能になりました。

本題とは外れますが、以前から書いている「見せるためのレイアウト論!?」の観点から見た場合、観客は[A]のトンネルへ消えた車両がどこから出てくるのか?と見ています。例えばこれで、線路が全て見渡せる状態では、観客のワクワク感が全く違ってきます。一瞬でも走る列車が視界から消える事はとても重要な点です。大抵は列車の進行方向から[C]か[D]か[E]へ出るのだろうと推測を立てていますが、このプランの場合は残念ながら[D]と[E]の2箇所しか選択肢はありません、祖師谷軽便のプランの場合は、その3箇所のいずれからも列車を出す事ができる訳で、見せる事を直接意識していないにも関わらず、その辺りも含めて考えられているプランであると言えるでしょうか。
話が大袈裟だったかな
祭には是非!見せるレイアウトプランで挑んで下さいね、ご参加の皆様!

|

« 山奥の電車:完成 | Main | 戻れない道計画:3 »

Comments

ご無沙汰しております。栂森です。
プラン図いいですね!
子どもの頃TMSを眺めていて、とっても楽しみだったのが
レイアウトプランの図を見ることでした。
自分でもいくつ書いては消したものか(遠い目)
ちなみに、これは手前の駅部分とエンドレスの高低差はいかほどでしょう?

「どなたか」なんておっしゃらないで、みのるさんのが見たいような気が・・・

Posted by: 栂森 | 2012.07.09 02:09

栂森さん、こんにちは。ありがとうございます。

>これは手前の駅部分とエンドレスの高低差はいかほどでしょう?
凡そ「6cm」です。と言っても実際には、駅から奥のポイント前までで3cm登って(勾配3%強)、奥のポイントからそれぞれエンドレスを伝って3cm登って(実際には登れないかも)の設計上の6cmなので、あくまでも最高点で6cmです(汗)。視覚的な変化を求めてエンドレスにも勾配を付けましたので、それが無ければ3cm程度しか高低差が付きませんorz。あとは車両の登坂能力次第でしょうか

>みのるさんのが見たいような気が・・・
レイアウトは作ってみたいものの、いざ作ろうと思っても、そこで走らせるフリー車両のイメージが全く湧かないと言う、何だかわからない状態でして・・・。
しかも手持ちは電車ばかりで、R150を通過できそうにない車両ばかり、ってなデフレスパイラル状態です(暗礁)

Posted by: みのる | 2012.07.09 12:05

>駅部分とエンドレスの高低差はいかほど?

先生ぇ~~!カバンに入れようとしている人がいます~
ちういしてもいいですか~

いいっすねぇ、「勾配とリバース」がある時点で対象外(ムリ)ですが、「三段構えの鉄橋」うまく見せれたら鳥肌モノでしょうねぇ・・う~ん、いいっすねぇ・・
思川は最近、cjm氏に教わるまで知りませんでしたが、有史以前?はナローゲージ・モデリングのデルタ線レイアウトや山麓の軽便鉄道とか大好きでした。やるなら勾配のない「デルタ線」ですかねぇ。その前にジーゼルですね、失礼しました。

Posted by: ナガウラ | 2012.07.09 16:12

祭りはともかくとして、祖師谷軽便の線路配置で線路を敷設してみようとしています。
(大判デジカメや風邪でダウンして猛烈に遅延中)
あの線路配置、駅スペース確保やリバース線により「駅から出て駅に戻る」を実現していて巧みなプランですね。
もっとも、いざやってみようとすると、勾配を6%未満にして900x600に収めるとなると、結構大変で、TMSの記事に出ている図面ではダメなので、原寸大の図面にして、PECOのポイントを置いて一応やれそうな気配・・まで来ています。
思川鉄道については、それをさらに発展させたものだと思うのですが、リバースがあれだけ多いと、実際に運転すると確かに大変そうですね。
それはともかく・・・・風邪治さんと=>自分(辛)

Posted by: | 2012.07.09 18:24

>先生ぇ~~!カバンに入れようとしている人がいます~
あははっ(^^;、大爆笑してしまいました。
栂森先生と言えば「レイアウト鞄収納」のエキスパートですから900×600サイズでも本当に入れてしまうかもしれませんね。

ナガウラさん、こんばんは。
山奥ディーゼルの進捗報告は楽しみです。次回はいよいよ完成披露でしょうか?ワクワク
>デルタ
配線は、デルタもリバースも一緒ですから、特にリバース対象外にしなくとも良いのでは?
七国山風味の「思川鉄道」を見てみたいなぁ。(相変わらずの無責任発言)

Posted by: みのる | 2012.07.09 18:43

危うく忘れてしまいそうになっていたプラン、みのるさんのブログで思い出したので、そろそろ開始の予定。
(簡単な図面を私のブログにUP)
線路を敷くだけで終わるかもしれないけど・・

Posted by: | 2012.07.09 20:14

ムさん、こんばんは。
お風邪だそうで、お見舞い申し上げます。
お大事にしてください。

>祖師谷軽便
以前は、駅を出てリバースで戻ってくるプランは多かった印象を持っています。これも刷り込みでしょうか?(笑)。実際に900×600でプランを描くと、リバースカーブはR130程度、エンドレスでR170程度、全線に渡り勾配をつけて、駅への立体交差をスルーさせるなど、見た目以上に難易度が高いプランですよね。動かせる車両も限定されてしまいます(^^;

この手のプランの問題は、スペースに置ける線路の多さではないでしょうか?リバースの一部がエンドレスと複線に配置されてしまうので、「軽便で複線ですか!?」と私は違和感を持った覚えがあります(昔の方が頭が固かった)。それを巧みに回避したのが思川鉄道のプランだと感じています。反面、デルタとループがあるので、製作の難易度は更に高くなっていますし、記事にもあるように本線上から突然分岐する不自然さも残っていますよね。トンネルで隠せば違和感はなくなるものの、今度は走っている列車が見えない弊害があります(苦笑)。

どの辺で割り切るか?どう魅せるか?
意外にレイアウトデザインで個性がでる珠玉のプランですよ、祖師谷軽便鉄道!

ただし、駅への入り口と本線エンドレスの立体交差は、できれば回避する方向でプランを練った方が勾配取りは楽だと思います(^^)。

Posted by: みのる | 2012.07.09 20:17

最近は、シナプスが繋がらなくて……。みのるさんの所もレイアウト製作ですね。新たに用地確保を内緒でしたのですが。下電が中途半端な内に井笠が出来ちゃったりしています。
昨日、1/1の草刈りをしていて、突然その気になって、我が家の山の芝刈りをしました。
皆さんのレイアウト、どんなになるのかな。楽しみです(お前も作らんかい、との突っ込みはなしで)。

Posted by: 美男(備南鉄道) | 2012.07.09 20:34

美男(備南鉄道)さん、こんばんは。
井笠も魅力がありますよね。

>みのるさんの所もレイアウト製作ですね。
いぇ(^^;、我家の場合は用地確保が厳しいので、机上プランだけです(大汗)。この時期は草刈りが大変ですよね。レイアウトの植樹もたいへんですが、1/1草刈りはもっとたいへんです(苦笑)。

Posted by: みのる | 2012.07.09 20:49

> 以前は、駅を出てリバースで戻ってくるプランは多かった印象を持っています。
確かにそうですね(遠い目)
終点駅駅を作って「行った列車が戻ってくる」というのは、レイアウトを作る上で、ある意味理想ですよね。
図面を引きながら気が付いた(遅い?)のが、祖師谷軽便鉄道のプランは、エンドレスをどちら方向に列車を回していてもリバース線に入れて駅に戻せるのがいいな・・と。
ああ、早く線路敷きたい!

Posted by: | 2012.07.09 22:26

>「行った列車が戻ってくる」
電車や気動車の単行よりも、機関車や単端の機回しや転向の作業が楽しそうです。

>エンドレスをどちら方向に列車を回していてもリバース線に入れて駅に戻せるのがいいな・・と。
確かにそれはありますね。駅から直接どちらの向きへもエンドレスへ入れるのは、このプランでしかありえません(^^;。仮に、これは駅から出発した車両が「どのポータルから顔を出すのだろう?」とレイアウトを「見せる」場合にも重要な要素にもなりましょう。あれっ?“見せる”は関係ないですか?(汗)

残るは、6%勾配をいかに克服するか?が重要になりましょうか。例えば、線路の交差部分をもっと右寄りに持って来れば、エンドレス部分の距離は保てますが、反面、駅構内の機回しが短くなりますし、左手前の引込み線も手直しが必要ですよね。
う~ん悩ましいです

どんな車両を動かすか?(動かせるか?)も重要でしょうか。やはり、まずは線路を敷いてから実地で確認ですね(^^)。楽しみです。

Posted by: みのる | 2012.07.09 23:24

風邪、ようやく復活中のムであります(なんの報告?)
> 残るは、6%勾配をいかに克服するか?
勾配については、今年前半に作ったダージリン風レイアウトのときにテストをした結果、ほとんどの車両(草軽デキ除く(ううっ))は珊瑚のボハx1両牽引くらいならば、PU101の機関車でも楽勝で登ることを確認しました。

ああ、祭りまであとわずか・・・
私はどっちにしても出展はしないので関係ないものの、レイアウト工作を進めたいなぁ(梅雨の中休みにて)

Posted by: | 2012.07.10 07:45

ムさん、こんばんは。
復活おめでとうございます?
祖師谷軽便を意識して「追記」を書きました。

6%勾配でも意外に登れるのですね。驚きました。それであれば、心配するほど走らせる車両を制限される事無く、レイアウト走行を楽しめそうです。
それにしても草軽デキは制限が多いですね(苦笑)

Posted by: みのる | 2012.07.10 20:34

> それにしても草軽デキは制限が多いですね(苦笑)
恐るべし、草軽デキ・・・(号泣)

7/10のみのるさん追加プラン、なかなか面白いですね。
元々のみのるさんプランでも、クロス部分がないのでむやみに勾配付けなくてもいいし。

ああ、悩ましい!(って、早くやれよ=>自分)

しかし、考えてみるとレイアウト全書時代の人のレイアウトプランって、やっぱよく考えられているんだな、と思います(「温故知新」ということわざを唐突に思い出す私)

Posted by: | 2012.07.10 23:54

こんばんは。
>恐るべし、草軽デキ・・・(号泣)
強力なモーターがあったとしてもウエイトを補充するスペースも無いし、勾配の無いプランでしか動かせないようですね。この際、ボンネットの上にメタルの炭俵を山と乗せてみますか?(^^;

>7/10のプラン
ありがとうございます。勾配を緩く押さえる事ができる点だけは自信がありますけれど、どの線路へでも向かえる運転のバリエーションから見ると祖師谷の方が上ですね。
・・・負けた(+_+)。←勝ち負けなのか?
やはり、昔のプランは優秀ですよね。

Posted by: みのる | 2012.07.11 01:35

The comments to this entry are closed.

« 山奥の電車:完成 | Main | 戻れない道計画:3 »