« 昔のキットを組んでます:3 | Main | 奥山の電車 »

2012.06.20

思川鉄道に想いを馳せる

風がびゅーびゅー吹いて家が揺れています。しかもダブルで台風ですって!よりによって次に来るのは22日(驚)、どうしましょう~。

そろそろ軽便祭へ向けての地面作りが各所で始まる頃でしょうか?簡易軌道はどーした!?・・・と言わないで下さい(汗)。道内独特のからまつやとどまつを作る材料が揃わないので思案に更けているところです。←考えているだけではダメ

00046537さて、前々から一部で話題になっていた?TMS1980-4(通巻386号)の思川鉄道ですが、個人的な見解では、“何で、倉沢軽便と麻績林鉄と思川が別冊に収録されていないんだ?”と編集部に文句を言いたくなるほど、多大な影響を受けたレイアウトです。
コレはあくまでも自分尺度なので誤解を恐れずに書けば、
●小型蒸機が単車を引くような「軽便鉄道」には全く惹かれなかった(ゴメン、トロッコも含めてね・・・汗)
●キットは高くて買えない&ハンダ付けもできない
●如何にもディフォルメの効いたフリー車両は苦手
そんな当時の身にとって「思川鉄道」は、軽便元年と言いたくなるような、かの祖師谷軽便の流れを引き継いだPタイプの線形、渋い色調と高低差を効かせたシーナリィーデザイン、ディーゼル主体のディフォルメの効き過ぎない“如何にもありそうな”車両群、00046497しかもNゲージの下回りを流用してプラやペーパーで車両が製作されていた。それら全てが“みのる少年”の心を鷲掴みにしたのでした

(余計な事ながら、麻績森林はレイアウトの上手さ以上に、話の面白さに惹かれた:笑)

あの衝撃から既に32年が経過して、今現在、オッサンになった自分は考えるのです。もう一回チャレンジすべぇかと(笑)。その前に、動かすべき車両が無いと始まりませんので、久々にNゲージを購入しました(笑)

もちろん、ネタになるのはご存知の「奥山線電車タイプ」です。
誤解のないように(←こればっかり)書けば、単に自分はレジンの工作に慣れていないだけで、たぶんキットそのものは組み易いのでしょう。
オレには凄く組み辛れぇぇぇ~

00046517だいたい瞬着が嫌い!微妙な位置合わせをする間も無く、瞬間で付いちゃう瞬着が嫌い!!
これがプラならシンナーでぐりぐり位置合わせをしつつ押さえて溶着させちゃうし、ブラスならハンダが一瞬緩んだ隙に何度でも合わせられるのに、何もできないまま接着→分解→接着→分解の繰り返しで、嗚呼、接着面には瞬着の残骸がテンコ盛り。もう勘弁してください・・・(T_T)。

仕方がないので角の部分は、モールドされたシルヘッダーも一緒にヤスリで削って整形したので、改めてモールドを追加しなければ様になりませんorz。
どーしよう?この車両。この際だから張上げ屋根の車両でもでっち上げましょうか?
例えば↓こんな感じで
199308264031200005268010

或いは、定番の窓を埋めたり、デッキをつけたり、
198312233010198312233008


裾を伸ばして埋めたり、敢えて有名どころを真似たり、
198312244011198504292019

何れも今更感が強いような写真ばかりでスイマセン。とりあえずネタだけ転がしておきます(^^;。


余計な話はさて置き、
00046524下回りは指定のKATOでは無く、TOMIXを使いました。その理由は台車枠の“取り付け方法の差”でして、TOMIXならば台車枠を根元から切り離して問題なしであると、三室さんにアドバイスを戴いたからに他なりません。手軽にDCC化するならばKATOでしょうが、加工が楽な方が好いとの判断です。車体の加工は、妻面内側の凸をダイキャストフレームに当たらないように削り取るだけで済みました。付属の取り付け板も無加工で流用可能!こりゃスゲェ簡単!(@@;

00046521まだ台枠は取り替えていないものの、R103を通過しそうな勢いですね。ただし、この状態ではさすがに連結運転はできそうにありません(苦笑)。R140なら連結できるでしょうか?カプラーの首振り角度を増やさないと無理でしょうか?もしもの時は台車マウントの方向で考えましょう。

00046527慣れ親しんだ形態ならば、パンタをつけて素直に電車として完成させたい反面、思川にインスパイアされたレイアウトを含めて考えると、小型DLがボギー客車を牽くシュチュエーションに惹かれますので、電化の客車列車はイメージし辛いかなぁ。まぁ何れにしても祭参加の申し込みはしなかったので、非電化味噌汁の地面モノは北九の兄貴と栂森先生にお任せしましょう。
私はバッティングしないような形態の車両を仕上げて持っていきますからネ

思川に想いを馳せる筈が、プランや地面の話をする前に、けっつまづいています(激汗)。果たして、この話が続くかどうかは不明。


|

« 昔のキットを組んでます:3 | Main | 奥山の電車 »

Comments

ほんと、TMSの秀逸なレイアウト記事を見ると、なぜかこう・・・遠い目になるのですよね(ざば~ん)

ということで、みのるさんのレイアウトが楽しみです。

Posted by: | 2012.06.20 06:48

奥山の接着に悪戦苦闘されたようですね。ご苦労様でした。
接着剤は液体のものより、2液性のエポキシかジェリー状の瞬着を使うと遅らせることが出来ます。
沼尻もあるようですのでお試し下さい。
奥山のこれからを楽しみにしております。

Posted by: NG | 2012.06.20 08:54

こんにちは。蒸し暑いです(+_+)

>ムさん
模型を始めた頃に読んだ記事は、特に刷り込みが強いですね(^^;。作りたいと思う反面、完成させるまで気力が持続するのかどうか?を考え始めると、なかなか着工させる事ができません(苦笑)

>NGさん、
レジンも瞬着も昔から苦手意識を払拭できないままでして、端から投げ出し気味でしたので、たいへん失礼致しました
接着剤の件、ありがとうございます(^^;。2液エポキシでも大丈夫なのですね。ボハフはエポキシで組んでみます。

Posted by: みのる | 2012.06.20 13:01

The comments to this entry are closed.

« 昔のキットを組んでます:3 | Main | 奥山の電車 »