« 山奥電車:3 | Main | 山奥線の電車:(悩) »

2012.06.29

山奥電車:4

遅々として進まなかった山奥電車ですが、手すりを始め細々した部分を仕上げまして、たぶんこれで生地完成。意外にかっこよくて結果オーライ
00046823と、言いたいところですが、雨樋につける水切りを忘れていましたorz。明日からは時間が取れないので、今月中の塗装は無理ですね。(残念)
結局のところ、そのままの形態で完成に持ち込む事にしました。唯一、初期にはあって晩年にはなかった「窓の保護棒」だけは、実車形態を無視して“好み”で加えました。台車は、だるまや製に変更し、バリ取りに失敗して削りすぎたベンチレーターは、エコーモデルのパーツに交換しました(苦笑)。

連日の更新ですので、或いは彼の地では頭を抱えているかもしれませんが、ラストスパートって事でご勘弁ください。この電車を終えたら「気動車化」へ行きますんで

00046821動力装置を止める「取り付け板」が1つ時空の彼方へ飛んでいきました。どうもパーツの紛失率が高いです(泣)。以前にも、大切なロストパーツが、指先から転げ落ちて、シャツに当たって、ズボンに当たって跳ね返り、あろう事かゴミ箱の中にストライク~! ●| ̄|_ 行方不明/捜索断念になりました。
取り付け板なら、プラ板を切り出して再生可能ですので、これから作りたいと思います。ちょうど、この取り付け板のネジ穴が、ジャンパ栓やエアホースの位置と重なりますので、妻面のディテールは省略してしまったのですけど、新規に作り直すのなら少しだけ足掻いてみようかな?

0004682500046824


00046827平板な印象の台車枠は、どうにも我慢ならず交換しました。台車には2×3アングルをハンダ付けして、それを1mmビスで動力装置に固定しています。これはTOMIX製の下回りだからこそ可能な方法でした。床下機器はご覧の通りエコーモデル製品中心で、ブレーキシリンダーは貨車用のKD(小)です。エアータンクと器具箱は手持ちパーツ(ひかり?しなの?)からの流用です。パーツ関係は全て罪庫パーツなので新規投資はゼロ(笑)。幾つか理にかなっていない部分もありますが、目をつぶる事にして、電気側と空気側がチャンと分かれているだけでもOKにしましょう(笑)

さて、妻面のディテールをどうしましょうか?
細めのエアーホースは持っていないので、エコーのパーツを買いましょうかねぇ?

何れにしてもあと少し。ドンドン行くよぉ~

|

« 山奥電車:3 | Main | 山奥線の電車:(悩) »

Comments

着々と進んでますね。

パーツ無くし・・・私もよくやります(涙)
で、数日後に、掃除して掃除機に吸い込まれていく音が・・(号泣)

Posted by: ム | 2012.06.29 06:52

ムさん、こんにちは。
>パーツ無くし
最近、頻度が高くて泣けてきます。しかも普通に落とすだけじゃなくて、アッチコッチに弾んで行方をくらまします(^^;。

Posted by: みのる | 2012.06.29 13:01

みのるさん、ムさん、今晩は。

先ほど井笠のホジ3を組み立てていて、Eリングが1つ飛んでいきました(涙)。20分ほど探しても見つかりませんでしたが、予備パーツがあったので何とかなりました。

Posted by: 美男(備南鉄道) | 2012.06.29 21:17

美男(備南鉄道)さん、こんばんは。

>予備パーツがあったので何とかなりました。
小さな部品は飛んでしまうと捜索不可能な場合が多いので、予備パーツがあって良かったですね。これで“予備も無い別売りも無い”パーツですと泣くに泣けません(^^;

Posted by: みのる | 2012.06.29 22:42

The comments to this entry are closed.

« 山奥電車:3 | Main | 山奥線の電車:(悩) »