« 悪戦苦闘の果てに | Main | 続々:悪戦苦闘の果てに »

2012.03.26

続:悪戦苦闘の果てに

無駄にはせんぞぉ!無駄にはっ
00044457って事で、
無駄にあがいて地形を作ってみました。樹木込みの地形でしょうか(笑)。青い破片は前回同様に車両のつもりです。ナロー線路は更に嵩上げしていますので、トンネルポータルが合わなくなってしまいました(激汗)。全体の“せせこましさ”は相変わらずですが、たぶん実際の1700×1350になると、意外に狭く感じなくなるような気もします。NゲージでもHOナローゲージでも、今回のモックアップにしても、俯瞰で全体を簡単に把握できる場合は、サイズに合わせてプランを変えないと、必要以上に狭く感じるのではないでしょうか。
まぁ今回の話はそこではないので、それは省略

00044440それでも、最初のイメージとは違って、想像以上に地形が急峻になってしまいました。元々小さなスペースですので、車両の長さに対して線路距離は短くなってしまうのは仕方がないとしても、運転ポジションは1ヶ所に限られてしまうレイアウトですので、もっと極端な舞台装置にしても面白そうです。何しろナロー線路の手前側が台枠ギリギリなので、ホームも作れません(苦笑)。

いろいろと問題点や課題と一緒に次へのステップも見つかりましたので、模型のミニュチュア制作?も無駄にはならなかったようです。それにしても久々に地面に色を塗ったなぁ(遠い目)

※気分次第で追記予定

|

« 悪戦苦闘の果てに | Main | 続々:悪戦苦闘の果てに »

Comments

プランとしてはいい感じなのだと思うのですが、線路清掃やスタックした車両を小突くのはちょっと大変?という気がします。
レイアウト全書の時代などには、こういうプランで作られたレイアウト多かったですよね、そういえば(遠い目)

Posted by: | 2012.03.26 06:50

ムさん、こんにちは。
ありがとうございます。

このプラン、欲張って詰め込んだので仕方が無いのですけど、線路多すぎ!(笑)です。トンネル内で立ち往生した車両は、隙間から手を伸ばさないと、どーしようもありません(苦笑)。

確かに『レイアウト全書』の頃のレイアウトは、小スペースに幾重のエンドレスを押し込むプランは多かったですね。まさに「再来」かと!
面白い事に、裏側(写真の反対側)からレイアウト全体を眺めると、ここまで線路だらけの印象に思えないので、もうチョッとスマートに纏め上げたい気分です。

Posted by: みのる | 2012.03.26 14:16

The comments to this entry are closed.

« 悪戦苦闘の果てに | Main | 続々:悪戦苦闘の果てに »