« よっしゃ、生地完! | Main | 今年は何を作ったか? »

2011.12.22

秋田中央交通軌道線

「どーもタイミングを逸してしまったか?」と思っていたところ、偶然にもピクの特集が“凸電機”だそうで、これ幸いと栗鉄ED20に続いて昔話をしてみたいと思います。

先日、庄内交通モハ8(+モハ5)の保存車両の想い出を書いていましたら、何か懐かしくなりまして(歳取ったな:汗)、同時期に巡った保存車両の続編を書いてみます。たぶん、先月RAIL WAYS見て、久々に釣り掛け走行音とタイフォン聞いたからかな?coldsweats01
ガタ交は組む時に改めてUPするとしまして、先に秋田中央交通軌道線の保存車両をご覧ください。


・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

198709271030秋雨前線を追いかけるよう北を目指す「あけぼの3号」に乗車したのは1987年9月26日の事。一夜明けた車内から見上げた空は、厚い雲に覆われていました。小雨の降る八郎潟駅に降り立ち、駅前から五城目行きバスに乗り換えて、目的地を目指しました。当時の保存車両情報は、今のように潤沢ではありません。雑誌の片隅に載っている情報を拾い集めて、どうやら車両が残されているらしい?程度を掴むのが精一杯。あとは現地で確認するしか術はありませんでした。「車両が保存されている学校へは、何処で降りれば良いのですか?」と、バスの運転手さんに伺ったところ詳しい場所が判りました。

198709272005この鉄道を初めて知ったのは、交友社の『写真で見る戦後30年の鉄道車両』でした。赤と青の派手派手塗装、東急譲りの木造電動貨車が、客車化されたキハ04を連結して八郎潟駅に止まっているカラーグラフを見て「何これっ???」と強烈なインパクトを受けました。元々はクリーム色と緑のツートンでして、いつの頃からか?派手な塗装に変更されています。詳細は現役時代に訪問した諸先輩方のサイトをご覧戴くとしまして、後に越後交通長岡線から機関車を譲り受けて、木造電動貨車と共に使われていました。その機関車EB111と客車ナハフ20が小学校に残されていました。

※今は既に解体されてしまったそうです(残念)。

198709271033ようやく辿り着いた目的地に残されていた車両は、あの写真で見た「赤と青」と言うよりも、それの“退色した色合いを再復元?”して塗り直したらしい、驚くべき「ピンクと紫(紺?)のツートン」ですcoldsweats01。諸元標記はペンキ職人が元のモノを判別したのでしょうか?読めない漢字と訳の判らない形式名になっていたのはご愛嬌です。因みに客車に書かれていた形式名は“ナフサ20”です。正式には“ナハフ20”ですから、惜しいと言うか(^^;、誰か関係者に聞かなかったのか、ひじょうに残念なレタリングです(笑)。後年、このピンクと紫が退色して、程よい色合いの「赤と青」に映った写真をみると、この再塗装もまんざら間違いでは無さそうに思えます(苦笑)。

198709271034198709272003

19870927200419870927p010

198709272000廃止が1969年、訪問した当時は1987年、ほぼ20年この場所に置かれていた計算です。もしも保存されていたのが、あの有名な「木造電動貨車」だったならば、とうの昔に解体されていたことでしょう。そう言う意味では、馴染みの薄いEB111が保存されていたお陰で、こうして間近に触れる事ができましたので、結果として良かったと思いながら、現役時代に想いを馳せました(笑)。
凸形ボギーのELですが、形式名からも判るようにモーターは2つだけ、窓は内側から塞がれているもののHゴム支持の丸っこいキャブ造形、腰部に付いたホイッスル、台車の端梁に砂箱が2つ付いています。これはこれで、木造電動貨車に負けず劣らず個性的なELです。製造は日鉄自だそうです。
機関車も客車も車内に入れなかったのは残念でした。解体されたのは2002年だったそうで、訪問時1987年から15年ほど、この場所でがんばっていたのですよねぇ(遠い目)

198709272006五城目の駅跡はバスターミナルになっていまして、昔の痕跡は何も残っていません。唯一向かいにあった農業倉庫が当時のままの状態で建っていて、ここが五城目の駅であるぞ、と主張しているように思えます。国鉄八郎潟駅から五城目まで、たった3,8kmの鉄道路線でした。

以上、訪問日は1987年9月27日。今から24年前、ほぼ四半世紀前の話です。

|

« よっしゃ、生地完! | Main | 今年は何を作ったか? »

Comments

車両が残っているのはいいですよね。
露天だといたずらされないか?サビないか?と心配になってしまいますが、見る側からすると便利(う~ん)

1枚目の画像の右上が陰っているのは?

Posted by: ム | 2011.12.23 at 10:28

ムさん、こんにちは。
これも解体されてしまったそうです(^^;。
露天保存は余程しっかりと手入れしないと生き残れないようですね(苦笑)。
1枚目の影は???(失念)
傘を持ちながらシャッターをきったのかもしれません。たぶん心霊写真ではないはず(笑)

Posted by: みのる | 2011.12.23 at 12:38

The comments to this entry are closed.

« よっしゃ、生地完! | Main | 今年は何を作ったか? »