« 黒部病? | Main | 続:アクラスEF64 »

2011.12.08

10年目の宿題:5,5

あまり進んでいないので、Ver.5,5にしました(笑)。
特に噂話も無いので、そのまま本文に進みます

00042654フレキシブルレールも届き、前回製作したポイントユニットも完成しましたので、改めて台枠に組み込みまして、構内の線路も敷設しました。

篠原のフレキ(上)と、ナロー用の組線路(下)って、ヘッドの幅が違うのですね

写真ではよく判らないかもしれませんが、肉眼で見ると一目瞭然です。組線路の方が細くて好い感じがします!う~ん、どうしましょう・・・、直線部分もフレキを止めて組線路だけで線路を敷こうかなぁ???そうすれば某参考写真のようにガタガタの線路表現が出来るかもしれません(悩)。

00042658駅構内の有効長は短いです。おおよそ自走客車2両分しかありません。幸い、簡易軌道では連結運転をしませんし、牛乳貨車も2~3両程度しか連結しませんので、実際の広大な風景とは掛け離れてしまう事は承知の上で、このまま進めます。そうそう「列車交換」のような運転もしません(笑)。ほぼ続行運転が主体になります。その辺に関しては後ほど

00042656ギャップは、アナログ運転の最低パターンではなく、構内2線と本線とそれぞれにブロック分けをしまして、各々フィーダー線を入れています。利点はDCCサウンドにした場合に、ポイント転換しても構内へ止めた車両には常に電気が流れていますので、音が止まらずに済む事です。アナログ配線でも同様のギャップを入れますので、欠点は特に無いと思います。ヒゲ状に伸びた側線へは動力車を留置しないつもりですので、ギャップは入れていません。

00042661フィーダーは、線路にハンダ付けするのは大変なので、コードをハンダ付けしたジョイナーを使います。庶内鉄道でもこの方法を使いまして、特に不具合は出なかったので大丈夫だと思います。後ほどバラストを撒いた時に、木工用ボンド水溶液がコードの内部に染み込まないように、事前に何かでコーディングする事は必要かもしれません(^^;。←あっ忘れた!

00042665今更な話ですけど、篠原ナローポイントを使う上での鬼門は「ガードレール」です。Nの下周りを使った車両を動かす場合は、必ずガードレールの幅を広げておかないといけません。今回はアルモデルさんの自走客車(Nの下周り)も動かしますので、一旦ガードレールを外して、改めて広げた位置に接着し直す予定です。どの程度広げるか?は、私に聴かないでください・・・(激汗)←現物合わせ主義!?

ケーディーカプラーによる入換も考えていますので、これからアンカプラーを入れる位置を検討します。線路を敷設して・・・、と書いた割りに、まだ何度かスパイクを“つけたり外したり”の作業を繰り返し行いますので、まだまだ先は長そうです。慌てずゆっくり行きましょう。手直しできるのは今だけですからね。

でも、やっぱり、先にエンドレスを完成させて、少しでも動かせた方が楽しいよねぇ

追記:

00042687全体像をお披露目します。サイズはB2パネル2枚組み合わせた凡そ「1100×720」です。右パネルは駅、左パネルは湿原、背景板の後ろへ線路が消えてエンドレスになります。半分に割って?収納します。今までのように“パネル前後の風景を別にするプラン”ならば、もっと省スペースで可能ですが、手前側からDCCハンディキャブで全てコントロールしながら、林の間から車両がこっちへ来て、駅を過ぎて向こうへ消えていく姿をのんびりと眺めたい為に、こんな大スペース?になってしまいました。以前書いた「三角おむすび形」プランの実践でしょうか(笑)。

0004268800042692

一度試してみたかった「遠近法」も盛大に取り入れてみたいと思っています。湿原側はほぼ築堤にするつもりですが、真ん中に小さな橋を作るかどうか?線路が自然に林に吸い込まれるような「騙し絵的な風景」が作れるかどうか?悩みの種です。ちょっと自信が無くなって来ました・・・(^^;。
00042697Nゲージのバスを使った騙し絵風(笑)。
風景が無いとチョッと騙せませんねぇ。本当は線路でも“U字勾配の騙し絵風景”が作れないか?と、湿原の築堤をグッと凹ませて、実際の見た目以上に周りの風景にデフォルメ高低をつけて、ある一点から見た時にその表現が出来ないだろうか?と検討している最中なんですが、さすがに少々無理があるようです(苦笑)。

00042691あまり考えすぎると「廃線後にバス化された風景」になりそうです(壊)。
これはさすがに洒落になりません(爆)。いろいろと試してみたいので、製作スピードは鈍るかもしれません。このペースでは、次回は「11年目の宿題」に改題必須でしょう
建物関係も早めに着手する予定です。ペアーハンズのターンテーブルを買っておけば良かったなぁ(泣)。

|

« 黒部病? | Main | 続:アクラスEF64 »

Comments

確かに、線路形状が微妙に違いますね。
レールは引き抜きで作っているはずですから、引き抜きのコマが摩耗したのか?

線路敷設が進んでいるのですね。
いいなぁ(って、私がサボっているだけ?)
結構複雑な線路配置ですね。
ギャップとフィーダが?とか、コントロールボードは?とかこの先がワクワクです(笑)

Posted by: ム | 2011.12.08 06:53

ムさん、こんにちは。
何とか少しずつ進んでいます(^^;。
レールは、同じ60番でも、元から仕様が違うのか?単に個体差なのか?繋いで初めて判りました(苦笑)。
そー言えば全体のプランを紹介していませんでした。エンドレスを組めた時点でお披露目したいと思います。
フィーダーは台枠裏へコードを伸ばしただけで、配線はこれからです。ギャップは絶縁ジョイナーだけです。コントロールボードは・・・忘れていました!何処につけようかな?(悩)

Posted by: みのる | 2011.12.08 12:58

確かにヘッドの大きさが違いますね。フレキを1箱罪庫しているのですが……。下電の車輌を動かそうと思うと、篠原のポイントでは急カーブ過ぎて、ピイコだろうと思うのですが、そのときはフレキもピイコ?じゃ、この罪庫はどうする?(悩)

Posted by: 美男(備南鉄道) | 2011.12.08 22:28

美男(備南鉄道)さん、こんばんは。
篠原のポイントは急カーブですから、下津井を動かす場合は確かにピィコですね(^^;。余ったレールは小さな車両専用のレイアウトへ回しては如何でしょうか?
或いは篠原レールを使ってポイント自作!でしょうか(汗)。

Posted by: みのる | 2011.12.08 22:47

小さな車両用は、丸レイアウトがありますし。これ以上、レイアウトを作っても置き場所がありません(;涙)。ポイントは作って作れないことはないのですが、が、したくない工作ですね。

Posted by: 美男(備南鉄道) | 2011.12.09 22:34

こんばんは。
まぁ腐る訳ではないので、そのまま持っていれば、何れ使う時が来るかもしれませんね(^^;。

Posted by: みのる | 2011.12.09 23:02

The comments to this entry are closed.

« 黒部病? | Main | 続:アクラスEF64 »