« 今日の工作 | Main | ブルトレ日本海 »

2011.11.17

10年目の宿題:3

とにかく手を動かそうシリーズ、第○弾。
この間までEh素材を弄っていましたが、今日は木工作をしました。
この話題は夏以来です。う~む、11年目になりそうな予感がプンプンしますねぇ0015185新井先生への恩返し!?として“誌面発表”する最終目的がありながら、どーも思い通りに作れないまま時間ばかりが過ぎてしまいました。いくら何でも、そろそろ宿題を提出しないとヤバイでしょう。本当に狼オヤジになりそうですorz。
ありがたいことに、今は資料に恵まれています。可能であれば久々にレイアウトコンペに出したいですね(既に狼度90%)。

模型車両も再販が決まりました。願わくば「まともな釧路製作所のDL」が発売される事を祈りましょう。自走客車よりも、それが大事!超々大事!!超大事!!!

基本プランは変わらないものの、駅構内の配線はまたも見直しています。それが一番の肝!です(苦笑)。スペースは変わらずB2パネルを2枚(=B1サイズ)使いまして、00042205計画では、収納と持ち運びを両立した「見せるレイアウト」のコンセプトは変わりません。
展示しないと言いながら、個人的なこだわりです。それに簡易軌道ってイメージではトロッコなんですよね

本日は木工作だけですので、まずはそのまとめをいたしましょう。パネルの上に30mm厚のスタイロフォームを貼りまして、さらに道床用の3mmベニアを貼り重ねています(写真は、そのうちの1枚)。パネルに直接レールを敷かないのがミソです。これならば途中で気が変わっても地面の掘り下げが効きます。実際には、写真に写っていない側のパネルは築堤上の風景になりますので、当初よりその為に必要な工作ではありましたが・・・ね。

この先、越えなければならない高いハードルが、それこそ山のように待ち受けています

ただまぁ、プランさえしっかりと固まれば、作業は早いと思いますから、その辺の試行錯誤も含めてBlogに書き残しておきたいですね。

0004223500042230

今回は駅構内に、機回し線、牛乳工場、車庫、駅舎、を詰め込む欲張りプランを、如何に破綻なく収めるか?が至上命題でして、レイアウトに欲張りは禁物を逆手にとって「欲張りプランでも完成しちまえば勝ち」の理屈で進めます(笑)。そんな事を考えながら仮に線路を並べてみると、構内配線は妙にシンプルになりました(これは麻績森林軌道の応用!?)。見る方向は手前側からだけなので、本来の主題の集乳工場ではなくて、敢えて目を惹く車庫を中心に持ってきました。じつは『特殊狭軌』に載っている“修繕中の単端”を再現したいだけだったりして(爆)。因みに建物は、単に前作を並べて大きさを把握しているだけに過ぎません。真ん中に見えるターンテーブル(予定)は、乗工社/珊瑚ではサイズが小さすぎて使えませんので、自作しなければなりません。逆に言えば、これができれば完成したも同然です。コケているDLは中雪理の雰囲気です。

実際の簡易軌道では、この程度の配線で車両工場(兼車庫)と集乳工場が同居している例はありません。強いて言えば上風連ですが、あの車庫は工場ではなくて駐泊所ですね。今回は(も)、限られたスペースに押し込む模型のご都合主義を優先します。既に頭の中では、おぼろげながら風景が見えてきていますので、このまま一気に突き進むかもしれません
なお、中途半端に途切れた後ろの壁は秘密です

|

« 今日の工作 | Main | ブルトレ日本海 »

Comments

私も二井林さんと約束した”架線のあるポールの電車の走るレイアウト”をやらんと・・・と誓いの魔球(今の人知らないって!)してから10年以上・・・
レールの敷設については、サウンドをやり始めてから直接ベニヤ板に設置しない方法を模索中です。
草軽風レイアウトでもそうすることに決めましたが、ううっ、草軽デキはサウンド載らないし(涙)

Posted by: ム | 2011.11.17 06:48

こんにちは。
性懲りも無くこの話題です(^^;。「狼が来るぞ~」

>ベースの嵩上げ
自分の場合は製作中にシーナリィーが変化しますので、その保険の意味合いも強いですね。ポイントマシンの設置スペースで頭を抱えそうです。

>サウンド
草軽は、デキだけで済ますにはかなり辛いでしょうから、編成単位で考えるしかないでしょうか?

Posted by: みのる | 2011.11.17 11:02

お、レイアウトプランが進化してる!
今回のものは、駅部分でいくつかの組み合わせになるんですね。
集乳工場と車両基地が同居しないのは、衛生面の考慮なんですかね?(関係ないか)

ところで、私の草軽のサウンドの件、当初はホハに入れるつもりだったのですが、この客車、台車が普通の小さいアーチバーなのに車体が妙に大きくて不安定、しかも、それにサウンドを乗せるとデキのパワーが不足で坂を登れない(涙)などの問題があり、サウンドはレイアウト側に仕込む(どうせ小型だから大丈夫だろう)予定で進んでいます。
レイアウト自体については「高原鉄道の植生の特徴のクマザサをどう表現しよう?」と、毎日ユザワヤの造花コーナーをしみじみと眺めて迷ってます。

Posted by: ム | 2011.11.18 06:49

ムさん、こんばんは。
このあと一気に作業しようとしたらフレキの手持ち在庫がありませんでした(^^;

車両工場と集乳工場は単に立地の違いかと思われます。車両工場はどちらかと言えば国鉄接続駅や大きな街に設けますが、集乳工場は牧場の中心地?に設けられますので、厳密に言えば、同じ場所にあるのは難しいと思います。集乳ではなくて、牛乳加工工場ならば街部ですけど、今度は工場の規模が大きくなります(苦笑)。
考えてみれば、車両の修理工場も、この規模では付帯施設が作れないので難しいかもしれませんので、もしかしたら、車庫(=駐泊所)に変更するかもしれません。

>くまざさ
以前、エコーのジオラマモスやジオラママットをミキサーで砕いたモノを並べていて、着色すれば熊笹に見えるかも?と考えた事はあります。自然の植生密度をHOでは表現できませんから、色合いと素材を使い分けて、それぞれの植物を大まかに表現するのは如何でしょうか?

例えば、熊笹をジオラマモスの砕いたモノを使うなら、他の草は科学雑巾やミニネイチャーとか、スポンジ粒やライケンとか、のように。

Posted by: みのる | 2011.11.18 22:00

横入り失礼しま~す。

>くまざさ
草軽の沿線は、あまりクマザサ生えていないと思います。私が見たのは廃線後ですけど、軽井沢から北軽井沢までの区間は全部歩いたので。
模型での表現が難しそうで、圧倒的に多かったのは、落葉松です。小瀬温泉から二度上までの間は、高原の雰囲気でしたが、落葉松の下は普通の草が生えていたような記憶が。浅間牧場の脇ですし。

諸先輩の撮影したものを見ても、クマザサが写っている写真はあまり多くないような気がします。部分的に(たとえば谷所の先のΩのあたりとか)は、クマザサのように見えるところもありますけど、全部ではないですし。

Posted by: かたおか | 2011.11.20 00:25

かたおかさん、こんばんは。

>草軽の沿線は、あまりクマザサ生えていないと思います。
あれ?そうでしたか(?_?)
TMS1975-8の河村かずふさ氏の訪問記での、熊笹に埋もれた避雷針のイメージが強く残っていました。
プレス・アイゼンバーンの写真集は奥から掘り出さないと見られませんので、RMLのNo.53を引っ張り出してきました。

確かに熊笹は谷所あたりに群生している写真がありました。全体的に多くは無いですね(^^;。万座温泉口の向こうの斜面もそうかな?東三原に写っているのは篠竹かな?

Posted by: みのる | 2011.11.20 01:58

> 諸先輩の撮影したものを見ても、クマザサが写っている写真はあまり多くないような
草軽電気鉄道(プレスアイゼンバーン)などを見ていると、風景にはかなりクマザサが多いと思いますが?
もっとも、「そうでない方がモデラーとしてはありがたい」です(笑)
あんまりこだわらないで、いつもの私らしくテキトーにやればいいか(安直)。

Posted by: ム | 2011.11.20 13:15

ムさん、こんばんは。
プレス本掘り出してきました(^^;。結果的に言えば、全線風景からする熊笹の割合は低いです。しかし、草軽の超有名撮影地(谷所周辺)に限っては熊笹の藪です(笑)。特に部分廃止後に多くの方が訪れて、写真に残した地点と言うのがこの場所で、熊笹率がとても高い場所ですね(笑)。
郷土出版社本(鉄本ではない)にも「草軽沿線は熊笹に覆われていた」の表現もあるように“残された写真”から判断すると、草軽のイメージ=意外に熊笹率は高い、となると思います。

こうなると、レイアウト製作者のイメージ勝負でしょう。全線を的確に再現する訳ではないので、自身のイメージ優先で進めればOKではないでしょうか

それにしても、草軽ってバラストがほとんど無いのですね

Posted by: みのる | 2011.11.20 17:01

レイアウトの風景表現は、やはり自分でイメージを作ってやるのでしょうね(遠い目)
かたおかさんに言われて気が付きましたが、そういえば木も杉ではなく松なのですね。
草軽レイアウトは年末までに線路敷設とおおよその地形をなんとかして、年末年始にあれこれと試そうと思ってます(あ、鬼が笑いすぎて腸ねん転になってる)
ところで、みのるさんのレイアウトプランの話を読んでいて思い出したのが、私もターンテーブル試作をしようとしていたこと。
ダックス(テンダーはさすがにムリ)が乗る程度の大きさのものを作ろうとしていて忘れておりました。
ああ、ヤルこといっぱいだな(で、手が動いてないし(涙))

Posted by: ム | 2011.11.20 17:58

こんばんは。

>ターンテーブル
うっ・・・(^^;。
車庫へのポイントを兼ねるので、作らないといけませんorz。しかも実物8420mmで模型換算約97mmのサイズです(激汗)。幸いにシッカロールの入れ物が、ほぼちょうど良いので、これをピットに利用できないか?考え中です(笑)。塗装の効かない材質なので・・・悩ましいです。
写真を撮るだけで展示しないならダミーで良いかな?

Posted by: みのる | 2011.11.20 20:38

The comments to this entry are closed.

« 今日の工作 | Main | ブルトレ日本海 »