« 無事帰着 | Main | 京都オフ会報告 »

2011.10.04

祭へ行ったら見たいもの♪その1

祭へ行ったら見たいもの♪

ジッタリン・ジンのプレゼントを真似て、以前に替え歌を書きましたので、その結果を報告したいと思います。そう言えば祭では、某兄貴に挨拶し忘れていたような気が・・・

1) 乗工社の2段のパイク

00041273クリクラの紹介文に拠ると、1979年模型ショーのデモ用に製作されたそうです。TMS1979-12の“模型ショー速報”にはチラッと写っています。時系列で見ますと、ナローのミニレイアウト(87分署)は1977年(TMS1977-7通巻349号)。『軽便鉄道レイアウトの製作』は1978年です。因みに、ネコ社の『ナローゲージ&ジオラマ』は1980年12月発行。
断言はできませんが、このパイクが同社の広告として載ったのは『プレイモデル』1980WINTER(TMS通巻382号)だけかもしれません(同時期の『とれいん』誌は所有していないので不明)ので、知る人ぞ知る!?レアなパイクでしょうか?(笑)

00041262『プレイモデル』は、大人向けなTMSに対して、年少者向けな意味合いも強く、年少者だった自分自身も親しんだ雑誌です。4巻めまで乗工社の倉持氏が編集に携わっていた事は、アンテナさんの記述に譲りますので重複は避けますが、内容がNゲージ主体に移行する前段階とでも申しましょうか、記事のあちらこちらに“ナローのかほり”を感じさせる誌面作りに影響を受けて、ナローへ惹き込まれた年少のモデラーは、少なからず存在するのではないか?と想像できます。

何より私がそうでした!(笑)。

00041275その所為もあって、とても強く印象に残っています。
技法的には、紙粘土の型押しによる石垣と、コルクを使った岩肌表現を主として、全体にあっさりとした作りになっています。これは“車両を引き立たせる”用途を考えた上と思われます。それにしても岩肌と石垣の流れるような配置が絶妙です。木橋で視線を1点に集めている点も見逃せません。

余計な話ですけど、もしも車両だけが好きな方(見せたい場合も)が、レイアウトやお立ち台を作るときには、極力「建物」や「1本立ちの樹」や「人形」など、視線を散らすものを作らない方向をお勧めします。主題(=車両)に視線が集まりますからね。例えば、崖だけとか、森だけとか、原野や野原だけとか、一面の雪景色とか、湖だけとかネ。

2):ダックス物語の町線

00041306白状しますと、いまだに腰を据えて「ダックス物語」を読む機会がありません。該当号を買い揃えていないのです。そんな訳で町線の記事(TMS1973-7)も読んでいないので、もしかしたら間違った印象を持ったままかもしれません。

小川沿いの線路、田んぼの中の線路、雑木林の中の線路、併用軌道、「平野部を走る線路」の印象を全て兼ね備えているのが町線なのだ、と一目見た時に感じました。これに“路地裏のような場所を走る線路”を加えれば、大抵の風景は表現できると思いませんか?
00041269それにこの川筋の見事な事。惚れ惚れします。「風景構成に直線部分が少ない」点も見逃せません。昔は川も田んぼも林も道も、全て曲がっているのですよ。それが自然で当たり前でした(笑)。その辺を忘れているレイアウトって・・・最近は特に多いように思えますが・・・
まぁ今は、実景自体が定規で引いたような雰囲気だからかな
真っ直ぐの景色が許されるのは北海道だけ!(これは暴論です

00041307町線の主役「ひょっとこ」の現物も展示してありました。当然ながら全自作です。色を剥がしてしまったから余計に、驚くほどシャープな仕上がりに思えました。西:御大の高校時代の作品だそうです。
う~む、自分が高校生だった頃を考えると・・・・(遠い目)。感受性が豊かな頃に、良い作品や良いモデラーに出会う事は必要ですよねぇ(更に遠い目)。

00041270この作品を見て技法が古いとか橋台が無いとか草が少ないとか、そんな部分しか見えなかったら勿体無い。たぶん、今の材料を使って再現しても、この雰囲気を維持したまま作るのは至難の業だと思います。好いよねぇ、こんな雰囲気。今年も良い作品に触れる事が出来てよかったな。

とりあえず、今回はこれでおしまい。
(その2へ続く予定)

|

« 無事帰着 | Main | 京都オフ会報告 »

Comments

この銘作レイアウトはしみじみ見たのですが、単端はボ~っとしていて、ちゃんと見ていませんでした。

見落としの多い私って・・・

そういえば、コンさんのポーター、早くも工作間違えたし(う~ん)

Posted by: ム | 2011.10.06 12:45

ムさん、こんにちは。

この情景は見入ってしまいました(^^)。単端は「最近の作品です」と言われても解らないほどシャープで素晴らしい出来でした。

>早くも工作間違えたし(う~ん)
うわぁ、間違えたデスか(^^;私が入場した時、銀座軽便さんのブースは黒山の人だかりで、ポーターを始め見る事も出来ませんでした(泣)。

Posted by: みのる | 2011.10.06 13:02

The comments to this entry are closed.

« 無事帰着 | Main | 京都オフ会報告 »