« コッペル:後の祭り | Main | オハ35着荷 »

2011.10.20

ニモ電:2

あの頃、当たり前のように見かけた荷物電車や郵便電車が消えて、早何年?(^^;。最後に見たのは総武線の窓越しに両国駅に止まっている姿だったかな?

19840616012_2おさむさんのBlogに影響を受けて、久々(5年ぶり)にこの話題です。因みにニモ電(1)はこちら。当時は被写体と認識していなかった車両でしたので、走ってきてもシャッターを押しませんでした。ご存知の通り、あの頃のフィルムは貴重でした!興味の無い車両を撮るなんてフィルムが勿体無いと本気で思っていました。好き嫌いせずに何でも撮らなきゃ勿体無いと、今は思っています(後の祭り)。

1両1両個体差がある事を知ったのは近年になってからです。発端はRM1990-11(No.84)の「連載 国鉄郵便・荷物車両の歩み」に載っていた“高崎駅のクモユニ74213”の写真でした。大目玉のクモユニ74は東海道の専売特許だとばかり思っていたのですが、こんな身近な場所に居たのか(@@;とショックを受けました。興味を持ったのはそれからですね。実車を追うには時既に遅しでしたが・・・

198406160151984年6月15日:品川
遠くに品川客車区が見える上の1枚目の方が懐かしかったりしますか?(20系銀河も現役の頃w)。ご覧の通り「来たから撮るかな?」程度でアングルもへったくれもありません(笑)。既に両毛線から転属してきた200番台(←)と210番台(↑)に変わっています。両栓構造が判別の決め手です。この写真は撮った時もその後も単なる0番台と思っていましたけど、後に、両毛線から転属した車両が既存の車両と置き換わって使われていた事を知りました。
う~む(^^;。もっと撮っときゃよかった。車番さえも控えてないよ・・・(苦笑)。


撮っときゃ良かったと言えば、断然地元の車両・・・
ほぼ毎日走っていた割りに「車体が新しい旧国は旧国じゃない」との信念!?を持っていたので、撮ったのはこれだけ・・・。特に高崎線内を疾走していた荷物専用列車はシャッターを押さずに見送っただけ(号泣)。当たり前の風景ってそんなもんです
198009172009198009172010

197812xtaka010再録ではありますがサイズは大きいです(笑)。
上(↑)は上越線のループで撮ったクモニ83の4連(1980年9月17日)。
左(←)は高崎駅の普通列車併結(1978年12月?)。

古い話は全く判らないけれど、S53改正を機に新ナカにも800番台低屋根車が転属してきました。1978年撮影のクモニ83804はスカ色のままで使われています。1980年撮影の2両目の張上げ湘南色はクモニ83802かと思われます。こちらは当初より湘南色だったそうで、スカ色で転属してきた008と804は湘南色でも塗り分け線はスカ色仕様だったようです。不思議ですね。塗り分け線の違いから、遠目でも区別が付きます。因みに上越ループの先頭は012(拡大したら読めた!)です。これも同時期の転属車だそうです。

1981062120301981年6月21日 篠ノ井?
こちらは本家本元のスカ色ニモ電。篠ノ井線から信越本線に乗り継ぐ間に、何気なく撮った1枚が、生涯撮った唯一のクモユニ82(001)になりました。大袈裟か(笑)。

う~む、やはり思っていた以上に写真を撮らなかった事が判明しましたね。最後に、ニモ電の模型を作りたい!と最後の一押しをした(背中に蹴りを入れた!?)1冊をご紹介します。
00041656某新大久保のお店(って伏字にする意味無し)で購入した自費出版誌『荷物電車』、クモユニ74・クモニ83・クモユニ82に特化した1冊です。この頃はご多分に漏れず、私でもNゲージで細密工作をしていた頃でした。徐々にエスカレートして、苦労して加工した車両を眺めても、その苦労が目に見えて成果に結びつかなくて(=まさに飾っても凝視しないと全く気づかん!)悶々としていた頃でした。「荷物電車なら1両で済むから、1/80なら成果が実感できるのではないか?」16番への出戻りに切欠を戴いた1冊でもありました(笑)。あれから早幾年・・・、キットばかり増えて完成してないなぁ。


|

« コッペル:後の祭り | Main | オハ35着荷 »

Comments

みのるさん>

こんばんは。
私もいまならデジカメでバシバシ撮影するでしょうが、やはり当時は無理でしたね。

普段から普通に見えない所を撮影しておかなくてはいけないと考えた出来事でした>新津駅のクモニ83の4連。

Posted by: たかはし おさむ | 2011.10.21 00:43

たかはしおさむさん、こんばんは。
ネタを戴きました(^^)。ありがとうございます。
>新津4連
むちゃくちゃ悔しいですよね(^^;。ただWeb情報は以前に比べると格段の違いがありますので、新たな写真が見つかるかもしれません。自分も、もっと撮影をすれば良かったかな?と毎回思います(苦笑)

Posted by: みのる | 2011.10.21 00:59

ほんと、地元の鉄道こそ「しっかり撮影すべき」だったですね(遠い目)
私は南武線沿線ですが、後で101系とかEF64とか、もっと撮影すれば良かった(号泣)と思ったときは手遅れ・・・

Posted by: ム | 2011.10.21 08:48

ムさん、こんにちは。
>ほんと、地元の鉄道こそ「しっかり撮影すべき」だったですね(遠い目)
全くその通りですよね。
何せ、今になってあの頃の“地元”を題材に模型製作を励んでいる身としましては痛切に感じます(苦笑)。たぶん模型の題材を他に求めてれば、そんな事を感じずに済んだのでしょうね(遠い目)。
今回の荷物電車も、雑誌記事として知識で記憶しているに過ぎません。走っている姿は見たけども・・・既にハッキリ覚えていませんからねぇ(^^;。

Posted by: みのる | 2011.10.21 12:56

こんにちわ。

懐かしいですねぇ。
小さい頃?の行動範囲は大船が限度でしたので、15連にぶら下がる74の悲鳴のような音は記憶に残っています。クモヤ143でしたっけ?新性能の牽引車も引退ですから、時代は2転した事になりますねぇ。(遠い目)

Posted by: ほお次郎 | 2011.10.21 15:03

ほお次郎さん、こんばんは。
私は音を全く覚えていないので羨ましいです。何度も見たはずなのに映像の記憶も薄れつつあります(^^;←いよいよ!?
新性能の牽引車も既に引退の時代なのですね(やはり遠い目)。事業用車両もカメラを向けませんでした・・・。

Posted by: みのる | 2011.10.21 17:16

「あの頃、撮っておけば」と思いますねえ。しかし、1枚何円と思いながら撮していたし、だいたい自分のカメラがなかった(贅沢でした)し。本当にパシャパシャ撮れるようになったのは、デジカメになってからでしょう。もう、あの強者どもが姿も形もなくなってしまっていました。

Posted by: 美男(備南鉄道) | 2011.10.21 22:36

美男(備南鉄道)さん、こんばんは。
仰るように1枚何円の呪縛から逃れられたのはデジカメになってからですよね。その頃には撮る気力が失せてしまっています(^^;。今でも地元の鉄道ネタは山のようにあるんですけどねぇ(歴史は繰り返す!)

Posted by: みのる | 2011.10.21 22:42

こんばんわ。

大船工場出場試運転はスカ線も活用されていました。もうホント、凄い編成であり得ない組み合わせが面白かったです。両端は勿論クモヤ90。で、夕方になると久里浜方向から74が上がってくるって感じでした。EF15も来てましたねぇ。今は編成で管理されているのでそういう風景も見られなくなりました。ちょっと寂しいかもです。

散財しました。ワレ青葉ワレ青葉です。
何だかんだ言いつつ、買ってしまいました。TOMIXのNリニューアル品も欲しいな。

Posted by: ほお次郎 | 2011.10.22 01:22

こんばんは。
散在は必要です( ̄へ ̄;)。遊び倒してください~

工場の試運転編成は面白いです。特に大船工場なら百鬼夜行でしょうね。こっちは大宮工場で客車試運転スジがありまして、変な編成が楽しかったです(^^)。

Posted by: みのる | 2011.10.22 02:20

The comments to this entry are closed.

« コッペル:後の祭り | Main | オハ35着荷 »