« やっと出るか!? | Main | 松阪線の客車を作る2 »

2011.05.06

松阪線の客車を作る

連日更新でスイマセン。そろそろ話題は尽きます(爆)。軽便祭は出展者の募集要項が発表されました。物販ルールが厳しくなったようですね。純然たる展示モデラーに徹すれば問題なしでしょう。どっちにしても行けないけど・・・キー!(逆切れ)

さて、通販で頼んでいた客車のキットが届きました(^^)。アルモデルの軽便ボギー客車A1(北勢線タイプ)と、軽便ボギー客車A2(尾小屋鉄道タイプ)です。これで松阪線の客車が作れます!ワーイ \(^▽^\) (/^▽^)/ ワーイ
00038292松阪線の客車には、窓が中桟付きのタイプと無しのタイプが居ますので、北勢タイプと尾小屋タイプの両方を買ったのですが・・・、袋を開けてびっくり(@@;、北勢タイプの製品に、チャンと中桟付き窓枠のおまけが入っていました
尾小屋タイプを買う必要は無かったのねぇ(汗)。
しかもメーカーサイトに出ていた未塗装完成状態キットの写真を、北勢・尾小屋を逆に勘違いしていました。だって、我家のモニターでは写真が左右じゃなくて上下で並んでいたから(=モニターサイズが小さい為:汗)、てっきり中桟付き窓の車両が北勢タイプだと思っていたんだもんorz。尾小屋の客車は、実車写真を確認していなかったし・・・泣。

そんな訳で、北勢タイプを使えば松阪線の客車そのままで組めるのが解っていながら、せっかく購入した尾小屋タイプが余ってしまうのは困るので、わざわざ尾小屋タイプを松阪線2段窓タイプに直します(号泣)。これから松阪線の客車にしたいと思って購入する方は、北勢線タイプを買いましょう(T_T)。

000382932段窓と言っても、尾小屋は下段上昇のタイプ、松阪線は1段下降窓に単に中桟が付いているタイプなので、窓枠は付属のおまけパーツに交換します。拠って内張りは切り離してバラバラにしています。初っ端から遠回りしているなぁ(遠い目)。アルモデルのキットは位置決めがし易くて、組むのも楽々なのですが、わざわざバラバラにすると、位置決めの為の爪が揃わなくなって、かえって組むのが難しくなる気がします(激汗)。今回は手すり穴も開けますので、順番を考えて組立をしないといけません。

00038300でっ、案の定、ハンダをドバーと流しすぎたり、位置決め爪を合わせようと、内張りを付けたり外したりしていると、内張りの折り目が切れました・・・。まぁー、想定内!!!(^^;
今回考えている松阪線の客車は、妻面の窓枠は1段下降の中桟無しなので、わざわざ桟を切り落としました。再度書きますけど、北勢線タイプを買えば、この加工は必要ありません。チャンと正規の部品がおまけパーツとして入っています。アルモデルさん至れり尽くせりデス。

00038304Webサイト「北総レール倶楽部」様を始めとする昭和34・35年頃の写真を見てみると、客車の妻面は2段窓になっているのが解ります。ただし牽引する電車も下段上昇?の2段窓枠になっています。電車がキットのような1段窓になった正確な時期は解りませんが、廃止間際の昭和39年には1段窓になっているのが確認できます。その時点での客車の妻面は全て1段のようです。
残念ながら、全て同時期の形態比較ができていませんので、解る範囲でまとめてみますと、
サニ421 側面中桟付き ドア上角 ドア水切り有り、客用戸袋窓のみ中桟無し トラスロッド無し
サニ422 側面中桟無し ドア上角 ドア水切り有り トラスロッド無し
サニ423 側面中桟つき ドア上丸 客用戸袋窓の一部と荷物戸袋窓のみ中桟なし
サニ424 側面中桟無し ドア上丸
サニ425 側面中桟つき ドア上丸 客用戸袋窓中桟なし 荷物室側客用戸袋窓(狭) トラスロッド無し
サニ426 側面中桟つき ドア上角 ドア上水切り有り 荷物室側客用戸袋窓(狭) トラスロッド無し
サニ411(昭和37年に北勢線より転属) 側面2段窓 ドア上丸

00038308以上の7両が確認できました(資料写真:たかはし おさむさん)。見事なほどに形態がバラバラです(嬉)。このうちサニ411だけは別形式であり、またサニ425とサニ426は、他に車両と比べて幕板が広いように見えますし、シルが2段になっています。今のところ把握できている形態分類はこの程度です。今回は、各部の寸法差までは把握できていませんし、あくまで「タイプ」のキットを使っていますので、凡その特徴が分けられればOKかと思っています。とりあえず、サニ423とサニ424がキットと一番近いタイプではないでしょうか?

う~む、3時間作業しても箱に組むまで進みませんでした。難しいキットでは無いはずなのになぁ(悲)。おぉっと、これはサニ423で組むから、荷物扉用の戸袋窓と、反対側の客用扉戸袋窓の中桟を切らなきゃいけなかったんだ
うわぁ、箱にしなくて良かったな
※本当なら実車参考写真を載せれば好いのですが、リンクで飛べるサイトは「北総レール倶楽部」様だけなのでごめんなさい。山寺列車さまのサイトがinfoseek廃止の影響で消えていなければ、もっと解りやすい説明ができるのに・・・(遠い目)。

|

« やっと出るか!? | Main | 松阪線の客車を作る2 »

Comments

The comments to this entry are closed.