« モデラーのタイプ | Main | 告知あり! »

2011.05.01

27年前の近鉄ナロー

Myabiさんが近鉄ナロー(と言うか三岐と近鉄かな)へ出かけられた記事に触発されまして、今から27年前の近鉄ナローはどんな姿だったのか?ネガを引っ張り出してきました。当時はもちろん、北勢線と内部八王子線の3路線でありまして、例の如く「乗り鉄」に終始してしまったので、恥ずかしながら碌に写真が残っていません。更に言い訳をするならば、ほとんど雑誌を読んでいなかった上に、どーも近鉄ナローは整いすぎている印象と共に、1色塗りの車両を忌み嫌っていた節がありまして・・・(^^;。
とりあえず、まずは27年前の内部線の1コマです。

重い腰を上げて、ようやく初訪問を果たした!と思ったら、既に固定編成化された後でした
1984123036
27年前(1984年:内部付近)と言えども、今(2011年)と変わっていないのですよ。変わっているのは色だけでしょうか。誰ですか!?期待していたのは。
意外と、部分廃止後の栃尾線を訪問した方が、固定編成化された姿を見てショックを受けた時も、きっと同じ気持ちだったのかもしれません。ただ、内部八王子線は、それ以上のインパクトだったと感じます・・・(泣)。例えが解り難いですか?(苦笑)。199011193032要はショックだったの1言に尽きます。実物誌を読んでいなかったのが敗因ですorz。こちらは雨の日永駅で1990年の撮影です(再掲)。この時は北勢線へ行くのがメインだったので、某模型店へ行く途中に、とりあえず1枚だけスナップしました。

北勢線の場合は、内部八王子線よりも先に近代化が進んでいた反面、1984年でもモニ220や3連接車を始め、まだまだ内部八王子線ほどの固定編成車両は現れていませんでした。
1984124001でも、乗っただけ!

阿下喜に着いた時点で陽も暮れて、撮影できるような状態ではありませんでした(汗)。タイミングと言うのはそんなものなのでしょうね(遠い目)。悔しいので車庫のある北大社で途中下車をしましたが、もう手持ちで写真が撮れる限界でしたし、この状態で車庫へ入っても撮れないのは目に見えていましたから、1984124004とりあえず目的の1つだった「事業用車両になっていたEL」を駐車場の入り口からスナップしただけでした。ふぇあれでーZの色と言い、ゴールドメッシュのホイールと言い、ここは只者ではないっ

何と言うか・・・ダメじゃんな展開の話でした。この悔しさが模型に反映される訳でして、うん、真面目に模型を作ろう

|

« モデラーのタイプ | Main | 告知あり! »

Comments

確かに近鉄ナローは「整いすぎて」食指がわきませんでしたね。私もほとんど撮影の記憶が有りません。どこかの駅で線路だけ撮ったような気がします(笑)

宣伝モードですが、みのるさんの書き込みに触発されて、倉吉機関支区の記事を弊ブログにアップしておきました。一杯撮ったはずなのですが、未スキャンなようです。

Posted by: 廣瀬 | 2011.05.01 03:03

おはようございます。ご無沙汰しております。

旅客営業しているナローの体験は初めてでしたので、大変興奮してしまいました(笑)。
車両や鉄道施設は近代化されていましたが、狭い線路をへろhろと走る車両は、いかにもナローだなぁと実感しました。
なんといっても吊り掛け電車が最高でした(^^)

阿下喜に保存されているモニ220は、最近まで整備されていたようで、車内はまだ未着手のようでしたが、外観はほぼ整備されていたようです。

Posted by: Myabi木下 | 2011.05.01 08:27

こんにちは。

>廣瀬さん
近鉄ナローは「如何にもナロー!」的な雰囲気があまり感じられなかったので、旧型車をみる機会を逸しました(汗)。いま、あの当時の写真を見ると「如何にもナロー!」に感じらせますけど・・・泣。
倉吉機関区ですか!?
後ほどお伺いしたいと思います(^^)。私が撮影していた頃は無煙化後だったので、ほとんど設備が撤去された姿でした。考えてみれば国鉄の設備にカメラを向けた記憶もありません(泣)

>Myabiさん
初!旅客ナローでしたか!?(@@;おめでとうございます。
改めてお写真を拝見しましたけど、北勢線がJR・近鉄をオーバーパスする場所も、考えてみれば貴重なロケーションですよね。阿下喜に保存されているモニ220も見に行きたいです~

Posted by: みのる | 2011.05.01 13:49

みのるさん>

こんにちは。
ちょっとネットサーフィン(死後!?)していたら下記のアドレスにたどり着きました。

http://homepage2.nifty.com/ramblers_place/betu/rail/762-k.htm

その昔、内部の車庫に残っていたようです(上から6段目の左側写真)。

さすがにもう、今は無いでしょうね~。

Posted by: たかはし おさむ | 2011.05.02 03:35

たかはし おさむさん、こんにちは。
うわっ(@@;、リンク先をさっそく拝見しました!
これはビックリ仰天です。ただ、この時点でこのボロボロさ加減ですから、流石に今は無いと想像します。有れば誰かがトワイライトゾーンに投稿しているでしょうし・・・。でも、もしかしたら!?
確認しに行かねばなりませんね(笑)

Posted by: みのる | 2011.05.02 11:28

たかはし おさむさん、早速見に行きました。
近鉄ナローもこの頃は良い感じだったのですね~
まだ現役蒸機を追いかけていた時期なので、ここまで手を出せなかったのが残念です。どっちに行っていたかで人生変わっていたかも知れません(オーバー?)

さて、弊サイトブログに倉吉線の機関支区の写真その2をアップしておきました。

Posted by: 廣瀬 | 2011.05.02 21:44

廣瀬さん、こんばんは。
一部の旧型車は1982年まで活躍していました(^^)。
私は遠征して撮影を始めたのが1978年なので、充分に間に合っていたはずなのですけど、この時は、遅きに失して四日市駅で地団駄踏んで悔しがった想い出が蘇ってきましたorz。

倉吉線パートII、これから拝見します(^^)

Posted by: みのる | 2011.05.02 22:39

みのるさん>

モノクロ写真ですがどうも三重交カラーのようですね。廃車から10年後の写真で、それからも35年も経過した今、もうなくなっているでしょうね~。

廣瀬さん>

私の場合は非電化ローカル私鉄で「ここは行きたい」と思って行ったのは津軽鉄道だけでした(行きがけの駄賃などは結構ありますが)。そんなことから片上とか岡臨などには行っておらず、今から考えると残念で仕方がありません。

Posted by: たかはし おさむ | 2011.05.04 05:45

たかはし おさむさん、こんにちは。
これは三重交カラーですか!?確かにマルーンにしては色が薄いですよね。そう言えばマルーン色時代はありませんでした(激汗)。思い込みって怖い・・・(^^;。
空中写真で調べてみましたら、内部の車庫は建て替えられていますか?改装でしょうか??昭和57年の写真では、それらしき物体が確認できましたが、昭和62年の写真では確認できませんでした(笑)。

Posted by: みのる | 2011.05.04 12:02

みのるさん>

おぉ!探して頂いたようで、ありがとうございます。
私が内部線に行ったのは1976(昭和51)年と1981(昭和56)年だったのですが、全く記憶になかったのでそのころにはなくなってしまっていたのかと思っていたのですが、残っていたのですね。
また近いうちに内部線に行ってみようかと思う今日この頃です。

Posted by: たかはし おさむ | 2011.05.04 19:41

あっ(^^;、間違えました。訂正します。
昭和50年の時点で写っていますけど、昭和57年の時点では写っていませんでした。たぶん車庫裏の細長い物体が“それ”であると思っています。想像なので如何でしょうか?

・昭和50年
http://w3land.mlit.go.jp/Air/photo400/75/ccb-75-28/c53/ccb-75-28_c53_13.jpg
・昭和57年
http://w3land.mlit.go.jp/Air/photo400/82/ccb-82-3/c12/ccb-82-3_c12_12.jpg

Posted by: みのる | 2011.05.04 19:52

みのるさん>

ありがとうございます。
確かに昭和57年の方には無い感じがしますね。

まぁ~しかし、大近鉄の小ナローのだるまさんって言うのは再現したい光景ですね。
ここはお高いアートプロのサ100を使うのではなくではなく、アルモデルのサニで”だるまさん”を再現ですかね。

Posted by: たかはし おさむ | 2011.05.05 16:48

たかはし おさむさん、こんばんは。
たぶん、あの長い影がそれですよね?

さすがにサ100をダルマ化するのは勇気が要ります(苦笑)。仰るように、もしも模型化するならばサニが適役かもしれません(^^;

Posted by: みのる | 2011.05.05 19:29

みのるさん>

多分そうですよね~。車庫裏に隠れただるまさん、ぜひ再現ですね!。

そうそう、ネットサーフィンしていたらこんなHPも見つけました。

http://www.bunka.pref.mie.lg.jp/rekishi/kenshi/asp/shijyo/detail.asp?record=565

内部線が延伸開業していたらやっぱり湯の山線のように改軌されていたのでしょうかね~。
中身が見てみたいです!。

Posted by: たかはし おさむ | 2011.05.05 21:54

こんばんは。
中身を読んでみたいですね(^^)
内部線延伸計画は、私鉄巡りで読んだ記憶がありましたが、改軌まで計画していたとは知りませんでした。文章を読むと、石灰石運搬云々の計画もあったらしいので、或いは三岐みたいになっていたのかもしれません(笑)

Posted by: みのる | 2011.05.06 00:16

みのるさん
> 旧型車は1982年まで・・・
そうでしたか~ その頃何してたのかな?
旧客あたりを撮っていた頃ですね。大阪の片田舎からは案外遠く、日帰りでは忙しく、泊まっていくほどでもない、始末の悪い地域だったので行きそびれたようですね。自宅から100~150km圏が訪問空白地帯でした。却って、東北・北海道の方がアクセス・宿泊(駅寝・夜行)条件が良かったので、訪問回数が多かったようです。

おさむさん
片上行けなかったのは残念ですね。晩年は、車で撮影に行くようになってからも残りましたので、通いました。施設なども撮影したはずなので、整理したいと思いつつもう20年も経つのですね。 岡臨は、案外遠くて1度だけの訪問になってしまいました。廃止が確定してからの慌ただしい雰囲気の撮影しか出来ず、残念でした。

Posted by: 廣瀬 | 2011.05.06 00:49

廣瀬さん、こんばんは。
私も関東圏内はいつでも行けるからと、訪問を先延ばしにしていたら、旧型車は無くなったり、路線自体が無くなったりと散々でした(苦笑)。関東地方の私鉄でも未だに行っていない路線がありますから、そんなものなのでしょうね(^^;。
片上と岡臨は私も行きたかったです(遠い目)。

Posted by: みのる | 2011.05.06 02:01

The comments to this entry are closed.

« モデラーのタイプ | Main | 告知あり! »