« モハ217を作る:4 | Main | 呆然 »

2011.03.08

モハ217を作る:5

雪が降りましたねぇ(^^;。積もらなかったのが幸いです。
ワールド工芸の“越後交通栃尾線モハ215を作る”も5回目です。今回は「仮組み」をしてみました。
00037360各部の修正はこれからなので、まだ未塗装完成ではありません(苦笑)。バランスを見る限り、思いきり破綻している箇所は見られないようです。パンタに関しては最晩年1975年頃の写真では確かに2本シューですけど、私が作りたいのは1973年4月の部分廃止前の姿なので、果たして2本シューなのか不明です。資料写真を見てもそこまで解読ができませんでした。モハ216が2本シューだから、モハ217も同じ!とは言い切れないのが栃尾線の奥深さ!?でしょうか(泣)。
因みに、前作のモハ212とモハ215は1本シューですけど、実車は大型パンタ(モハ217と同じタイプ)に振り返られています。模型を作ったあの頃はパーツが無かったので、キットに入っていた小型パンタで作ってしまいました・・・(遠い目)。
今更そんな事を知りたくなかったぁ~

※:追記1:部分廃止前でも2本シューである事が確認できました。
※:追記2:本日の工作を載せました。

00037359台車が少々問題かもしれません(笑)。奥は自作した同タイプの台車です。キット付属の台車の立体感が不足しているのは仕方が無いとしましても、何を勘違いしたのか、資料写真を見る限り、このタイプはモハ213・215用の台車(垂直カルダン)でして、本来のモハ216・217用(ツリカケ)台車とは、モーターを収める台車両端の造形が違うようですorz。この部分って意外に印象的な造形なんですよ。要修正です

00037365床下高(車高も)に関しては、モハ212と同じです。まだ諸元表を見ていませんけど、たぶんモハ217はもっと低いんじゃないかな?それとも裾が下がっているから、これでいいのかな??写真には撮りませんでしたが、モハ212のキットの時に、妙に凝った車高調節機能を組み込んであったのですが、モハ217キットでは採用されていません。あれは組み難かったからなぁ。今回は、ワッシャーを挟めば調整が効きそうですので、簡略化バージョン(進化バージョン?)と考えていいのかもしれません。これも修正と言うか確認が必要です。
あっ、なぜか運転室扉ドアノブだけキットで表現されていなかったので、0,4mm洋白線で追加しました。

下回りで解りにくかった2点を書き留めておきます。
000373681つはモーター台を留める部分の箱組みです(赤丸印)。
説明書には折り方が書いてありませんが、ワールド工芸の作法?として、2枚重ねる場合だけは「山折り」それ以外は「谷折り」が基本になりますので、左端に書いた矢印のように、最初に上の板を重ねてから、両端を谷折りにするのが正解のようです。私は間違えました
もう1つは、最後の組立時の方向についてです(青丸印)。
説明書の絵を見る限り、メカステーを留める為の欠き取りが、なぜか内側へ来るように書いてありました。「2枚重ねの場合は山折り」の原則に則って折り曲げると、この絵とは逆向きに「外側に欠き取り」が来てしまいます。結局、そのまま組み立ててみたところ、絶縁ブッシュがちょうど好い具合に収まりましたので、たぶん大丈夫でしょう。初めて組む方は戸惑うかもしれませんが、これは別段「取り付け位置が違う」訳ではありませんから、果たして説明書の間違いと言って良いのか?どうなのか?微妙な問題です。昔の16番キットって大抵イラストはラフ過ぎで、自分で考えて組んだものですよねぇ(遠い目)。だから特に連絡は必要ないかな

00037355まだ「正面窓をどうする?」との課題が残っていますし、おでこの修正も道半ばです。それでも、こうして並べてみると好いものですねぇ~
って、傾いてるじゃん!?
あれ??エアホースの向きが違う(?_?)。
そうそう、当初「テールライト位置」が気になって、一旦ふさいだ後に少し内側に穴を開けたところ、穴径を大幅に間違えまして純正パーツが使えなくなりました(激汗)。仕方なくエコーの客車用テールライト(No.1723)を付けました。並べるとテールライト位置の修正は必要なかったかもしれません
この勢いを持続して、2両のクハも一気に仕上げたいところです。まだまだ続きます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

3月8日の工作
00037427台車を直しました
左:修正後、右:修正前
t0,8真鍮板からツリカケモーターのステー?を切り出しまして、一旦切り取った梁と一緒に台車枠にハンダ付けしただけです(書くのは簡単:笑)。特徴的な裾広がり台車の印象がお解かり戴けるかと思います。うわぁ、資料写真を見直したら台車枠を伸ばし過ぎていたっ、こりゃぁ作り直しだぁ。←最初に確認しましょう
メーカーさん、次回作のモハ216にはチャンと反映して貰えると嬉しいなぁ(遠い目)。

|

« モハ217を作る:4 | Main | 呆然 »

Comments

台車のモータ吊掛部は、私は実際に吊掛モータをやってみて「ああ、なるほどそうなのかぁ」となるまでは、ぜんぜん意識してませんでした(爆)
そういう観点からすると、カルダンと吊掛では確かに違うものになるはずですよねぇ(と、煽ってみる)

ワールド工芸さんのパタパタキットについては、いつも思うのは「せめて動力部だけ組済みにしては?」ということです(サンゴ模型さんがそうですよね)
なにせ、折り間違えてバラバラになったときの遠い目・・になった瞬間を思うと辛いですよねぇ。

それにしても、栃尾の電車がズラリと揃ったところは壮観でしょうねぇ。
ああ、今年の祭りが楽しみだぁ(と、さりげなく自分の車両の話はしない私)

Posted by: ム | 2011.03.08 16:19

ムさん、こんばんは。
今回の栃尾は動力部のパタパタがかなり少なくなってなって、以前にも増して組みやすくなっています

>ツリカケ部
私も以前はたいした違いがないと思っていましたけど、写真を見比べると、遠めに見ても足回りの印象にかなり差がある事が解りました。模型の場合はカプラーポケットのサイズが大きいので、実車さながらに作りこむと隙間調整に苦労しますね。

>栃尾電車がズラリ
祭りまでに編成で完成させるのが目標です~。
また軽便電車愛好会をしましょう←煽ってみる:笑

Posted by: みのる | 2011.03.08 17:29

こんばんわ。

同じように見えていろいろバリエーションが楽しめるのがこの規模の私鉄電車の醍醐味ですね~。悪戯にディテールを追求するのも良いですが、センス良くきっちり纏まったモデルって好きですよぉ。(^^)

アダージョ。そそるところはありますが、「やり過ぎ」って感じも受けますね。台車1組でダイ天1台と考えるとぞっと。。。。(苦笑)動力装置を考えるとOJでやるべきかなぁって。それこそ吊り掛け駆動で。

一連の作品を拝見していると?
深追いせずに、まぁこんなもんでしょう!
とニヤリとしている みのるさん が目に浮かんだりして。(^^)(でもそれなりに凝ってる)

Posted by: ほお次郎 | 2011.03.08 19:28

ほお次郎さん、こんばんは。
それなりに深追いしても途中で追い返されるって方が正確かもしれません(^^;、この手の私鉄車両は資料が限られているので、なかなか止め所で悩みます

>アダージョ
あの台車は凄いですよね。もうモーターは必要ない気もします(爆)。蒸気機関車や客車のディテールアップもそうですけど、この台車が似合う程度には、台枠を組んでパイピングをして、各所を作りこむ必要があると考えると・・・、ちょっと腰が引けます(苦笑)。
ただ、今の16番の台車はディテール無さ過ぎなので、せめてブレーキシューくらいは別貼りパーツにして車輪と同一面にして欲しいですねぇ

Posted by: みのる | 2011.03.08 20:25

全くです。
地元の江ノ電にしても旧型車は屋根から床までずずずいっと謎だらけです。時代変遷も激しいし。(笑)

ニッチものの趣味だけに、行き着くところまで来たのかなぁとぼんやり思いました。作れる人もどんどん減るでしょうから、今後の展開は誰か指導者が現れないと?と迷える子羊は思う訳です。(苦笑)ユーザーに楽して良いものを作らせないと、この先難しいだろうなぁとも。

危うく?Nに戻ってしまうところだった僕です。(苦笑)

Posted by: ほお次郎 | 2011.03.08 23:18

こんばんは。
先のことを考えても確固たる答えが無いものは考えないってのは如何でしょうか?ダメかな
工作人口が減るのは仕方がないとしましても、パーツ自作の苦労が必要無いキットが欲しいです。でも人が持っていない自分だけの1両が欲しいと思うと、自作の苦労は伴いますね。それをしみじみ噛み締めている今日この頃です。それと、出来る人と出来ない人との深くて越え難い溝も実感・・・(爆)。センスが無ければ、人真似と場数しかないと思いながら、さっきまでt0,8mm真鍮板を切っていました。手首が痛いですorz

Posted by: みのる | 2011.03.09 00:54

こうして吊掛モータが乗っかるステイを見ていると、路面電車(1372mm)などとは違って、幅はそのままで真っ直ぐ伸びるのですね(ふむふむ)
そうなると、どんなモータを搭載していたんだろう?なんてことが気になったりします。

ところで、せっかく枠がこれだけ延びているのですから、ここに擬似モータを載せるとまた一段と良い感じになるのではないかと・・(と、無責任に提案してみる)

Posted by: ム | 2011.03.09 06:58

ムさん、こんばんは。
たぶん台車の幅が限られているのでこういうタイプになるのでしょう。因みにステーが長すぎまして、改修中ですorz。
>擬似モータを載せる
そうですね。シルエットだけでも効果的かもしれません。ギアBOXとの兼ね合いがありますので、上手くスペースが取れれば挑戦してみたいです~

Posted by: みのる | 2011.03.09 20:02

こんばんはです。

釣り掛けのモーターなら、現物がありますぜ!!静態保存ですので、いつでも見えます(活動備+α)。

台車のブレーキシューですが、車輪の踏面にぴったりと言っても別添えパーツを糊付けさせるなんて信じられません。その位置で組み上がっていてこそのパーツだと思います。月光模型の台車の値段の高騰ぶりとで怒っています。

赤いクレパス号を作りかけました。一応のお披露目が済んだので、レイアウト工作が済んでからになりますかねえ。

祭りにと思っていたのですが、1/80ではちょっとです。考えながらも増備しています。1/87が出たら涙しか出ませんが(出るのか?)。

Posted by: 美男(備南鉄道) | 2011.03.09 22:05

美男(備南鉄道)さん、こんばんは。
是非!1/80の続編を次回の祭りで拝見したいです

>ツリカケモーター
いぇ現物を見ても作れる訳ではないので、お気持ちだけありがたく受け取ります(^^;
>台車
今後、工作人口=(購入者)が減るので、更に高くなりますよぉ(笑)。型から変えると更に倍になったりして!!!
そう言えば、昔々のエンドウの台車でブレーキシューが車輪を擦ってショート続出ってのがありました。

個人的な見解ですけど、客車や電車などの編成の中間位置に来る車両ならば、多少ブレーキシューが外側に付いていようと構わないし、プラ系の分売台車が使える車種は良いのですが。旧国や私鉄系の特に中小私鉄辺りの電車ですと、動かしていても前から見て足回りのスカスカ感がかなり目立ちますので、それを補えるようなパーツが欲しいなって思っています。現状では旧国用排障器は除いて、その辺りは全て自作に頼らざる得ませんからねぇ
あれ?今思い出しましたが、裏から貼るブレーキシューがモデルワムから出ていたような気がします

Posted by: みのる | 2011.03.09 23:41

ところで、栃尾の電車のモーターステイの長さを見ていると、この車両は4個モーターなのでしょうか?

おお!近代的だ!(驚!!)

私も電車関係、なにかやりたくなってきますねぇ。
(実は草軽デキが1両増えているんだけど)

Posted by: ム | 2011.03.10 08:57

ムさん、こんにちは。
確認していませんけど確か4個モーターだったような気がします。この1両でクハ2両サハ1両の4両編成を組んで運用されていたそうです。
>(実は草軽デキが1両増えているんだけど)
わっ(^^;、いつの間に!(笑)

Posted by: みのる | 2011.03.10 12:49

小生、「下電」をやらなければ、「パンタ物」食わず嫌いでしたね。やったらメチャ楽しかった。
くるまや先輩も、沢山パンタ車両を増備中のようです。
世界の台車も変わってきているのですね。以前は「怒涛の軸箱6段連続折り」でしたが…
F○Bや○M○NなどのOEM生産をする内に、考えが変わったのかもしれませんね。
「ブレーキシューを踏面に合わせる」のもディティーリングの一つかもしれないし、その延長線上にある「一つの究極」が、アダージオかもしれません。どこまでやるか、また製品として、どこまで標準装備にするか…
難しい問題だと思います。

色々難しいですが、「みなさま~『祭』の際は軽便電車の乗り入れお待ちしていますぅー」だけ強調します!

Posted by: 穴熊 | 2011.03.10 17:59

穴熊さん、こんばんは。
では、18時から「軽便電車愛好会」で1時間予約します。(違、貸しレイアウトでは無い

>ワールド台車
いまだに嬉し恥ずかし恐怖の軸箱6段折りであります~。完成後に真鍮ブラシで磨いたら、ハンダが回っていなかった軸箱の蓋が時空の彼方へ飛び去りましたorz・・・(号泣)。

ディテーリングパーツを作る側から考えると、一足飛びにハイディテールにする方がたぶん手間も文句も少ないと思われます。でも使う側からすると、ディフォルトの日光か、ハイディテールなアダージョか、二者択一しか選べないのが歯がゆいですね。しかも「どこまで凝るか」は人それぞれなので、市販パーツとしての中間ディテールの落とし所はかなり難しいと思っていますから、しばらくは文句を言いながら自作に励みたいと思います

Posted by: みのる | 2011.03.10 18:39

宮城県三陸沖地震の被害に遭われた皆様方に
心よりお見舞い申し上げます。

こちらは運転中でした。停電で信号機が止り大渋滞。元々燃料残が少なかったのでアイドリングストップしながら戻ろうと思ったのですが、ついに残2lで断念。駐車場に留めて徒歩で帰宅しました。スタンドはどこも閉鎖。やはり近場でも燃料は余裕をもって搭載しておかないとならないですね。

机上の車両が転落し、2台大破でした。

Posted by: ほお次郎 | 2011.03.12 13:58

えと・・・ご無沙汰してます。
被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。

昨日、埼玉の外出先で地震に遭い、一晩ホテルに泊まってしのぎ、先ほど帰宅しました。
自宅は無事でした。

Posted by: Myabi木下 | 2011.03.12 15:52

Myabiさん、ほお次郎さん、こんばんは。
お二人ともお怪我が無くて何よりです。
私も出かけていました。まさかココまで酷い地震だと思いませんでした。

辛うじて帰宅しましたが、部屋の中が洒落にならないほどの状態でして、本棚やPCは吹っ飛び、罪庫が部屋中に散乱し、現在足の踏み場も無い状態です。製作中の栃尾も吹っ飛んでしまい、ボディー以外のパーツは何処に行ったのか解りません(^^;。家も壁は落ちて瓦が崩れました。でも家族は元気なのが幸いです。
これから何日かかけて片付けます。

Posted by: みのる | 2011.03.12 18:57

The comments to this entry are closed.

« モハ217を作る:4 | Main | 呆然 »