« 深追いは禁物 | Main | 1人反省会 »

2011.02.19

JAMイベント終了

JAM総会併設イベントは無事に終了しました。最初に改めて今回の自分の立ち位置を書いておきます。元々はクリニック講師としての参加打診でありましたが、ご存知の通り「2日前にならないと参加不参加が決まらない」職業に身を置いている関係から、基本的に作品協力だけでして、パンフレット等の公式資料には名前が残らない「影の出品者」になっています。ぶっちゃけ、廣瀬さんも展示する話を聞いて、これ幸いと共同展示を申し出たと言う話になります。結果的には搬入から終了までの丸1日!会場に詰めておりまして、展示そっちのけで講演を聴きまくり状態でした(苦笑)。00037044持って行った作品は、おなじみの「石炭桟橋」、新作の「雪晴れ標津線:駅構内展示台」、さらには1週間で仕上げた未発表作品「某所の機関庫前」の3作品です。ここで、その様子を紹介!と書きたい!ところではありますが、

ナゼか、撮影したはずの画像が消去されている

帰宅後にPCに吸い上げられた画像枚数の少なさを目の当たりにし、搬入開始から、展示された作品や会場の様子が全てメディア内から消え去っている事を理解するまでしばしの時間が必要でした。えぇ、時間が経つにつれて事の異常さに愕然としましたね。何がどうなっているのか?狐に摘まれた気分です。カメラをポケットに入れて移動していた時に、何かの拍子で設定が変わってしまったとしか考えられません。或いは何か憑いていた???(爆)。
00037034そんな訳で、辛うじてカメラ内に残っていた数枚の画像から「川越鉄道さん」と物販ブースに並んでいたワールド工芸「堂々発売中(問屋へ出荷済み)」栃尾電車の新作しかご紹介できません。

って、自分の展示作品・・・主に廣瀬さんの車両群用展示台・・・さえも1枚も記録が残っていない~!(絶叫)。わざわざBlogに載せずに持って行った「新作」の晴れ姿がぁぁぁぁぁぁ、無いィィィィ(撃沈)。そんな訳で製作者自身のBlogでもお披露目できない、会場へ行った方だけが見ることができた幻の展示です

普通のイベントとは少し趣が違った内輪向けイベントでしたが、これが栄えある第1回ですから、そんな場に参加する事ができて光栄です。会場でお会いした、片岡さん、U太さん、アララギさん、cjmさん、松川さん、他皆様、楽しいひとときをありがとうございました。3回の講演に関しては、もっともっと濃くて深い話を期待していただけに、最終講演以外は少々物足りない想いが残りました。たぶんあれ以上深い話はついていけない方が多いのかもしれませんが・・・。「車両単体よりも情景だよ!」と敢えて書いておこう!はるかぜ号万歳!(苦笑)。
0057439最後に「雪晴れの標津線:駅構内展示台」は晴れてお嫁に行きました(別名:押し付けたとも言う)。改めまして廣瀬さん、川田さん他スタッフの皆様、お世話になりましたありがとうございました

追記:
cjmさんより、当日展示した「雪晴れの標津線:駅構内の展示台」のお写真を送っていただきましたので、ここでお披露目いたします。cjmさん、ありがとうございます。

|

« 深追いは禁物 | Main | 1人反省会 »

Comments

こんばんわ。

お疲れ様でした!
メディア。残念でした。。。この手のミス。僕も時々あります。慌てて何か操作をしちゃってたのかなぁと。

季節も春ちかし。雪解け後の展開が楽しみです。ED19?栃尾ワールド?

こちらは「しんこくしょ」と闘いつつ、Nで呆けています。。。。堕落だなぁと思いつつ。(苦笑)

Posted by: ほお次郎 | 2011.02.20 00:04

ほお次郎さん、こんばんは。
何とか終わりました(^^;。写真が残っていないのショックです。その昔に自分で現像ミスを犯した時のショックと同じ状態です(放心中)
>雪解け後
このまま地面モノを続けるかもしれませんし、栃尾かED19が到着した時点で車両工作に戻るのか?定かではありません(笑)
「しんこくしょ」を「しんしょこく」と読み違えた!(爆)

Posted by: みのる | 2011.02.20 00:18

> 撮影したはずの画像が消去
ひょっとして、会場に「撮影画像を消去する装置」が設置されているのかも?(サンダーバードでときどき出てきたやつ)
私も旅行で某ドイツのデジカメで貴重なデータを消去されたなぁ(悲しい・・)

それはともかくとして、みのるさんの展示見たかったなぁ・・・って、今となってはご本人も見られないから仕方がないのですね。
川越鉄道さん、大きいモジュールだなぁ、この画像だけを見ても、当日の勢いが感じられますね。

Posted by: | 2011.02.20 09:10

>ナゼか、撮影したはずの画像が消去されている

それはショックですね。心中お察しします。
おそらくメディア内のデータの管理部分が破損してしまい、ある筈のファイルがシステム上見えなくなっているのだと思います。
復元ソフトの類を使えば多分復活可能です。
過去の経験では、サンディスクのメモリーカードにオマケで付いてきた復元ソフトが強力でした。

Posted by: keuka | 2011.02.20 12:38

こんばんは。

>ムさん
そうです!きっと近未来の何か特殊な装置が付いていたに違いない!(^^;。
川越鉄道さんのは素晴らしかったです。それを実際に直ぐ傍で見ることができたのはとても収穫でした。展示には車両だけでなく「地面モノ」が映えると実感した1日でした。

>keukaさん
アドバイスをありがとうございます。手持ちソフトは何処へ行ったのか判りませんでしたので、フリーソフトをDLして試してみたものの、復元はなりませんでした(泣)。カメラ内臓のHDDにも画像は残っていませんでした(悲)ので、他の方が撮影為された写真を楽しみたいと思います。

Posted by: みのる | 2011.02.20 18:07

SDカード(USBメモリ)って、かなりデータが飛びます。安心して使えるのはバッファローのぐらいです。
フリーソフトの「復元」などを使えば、8割方救出できます(決して次のデータは入れないように)。
トライしてください。

Posted by: 美男(備南鉄道) | 2011.02.20 23:25

美男(備南鉄道)さん、こんばんは。
アドバイスをありがとうございます。う~ん、バッファローにしておけばよかったです(^^;

フリーの復元ソフトを2つばかり試した結果では、残念ながらデータ救出が不可能でした(泣)。なぜか更に以前に撮影した(削除した)の画像は救出された?ので、ソフトの相性問題ではなく、どうやら画像データそのものの不備が原因にあったのではないか?と想像しました
悔しいです

Posted by: みのる | 2011.02.20 23:39

みのるさん
お世話になりました。

みなさんの作品を直に拝見出来て、大変ありがたいイベントでした。つたない解説で、みなさんに楽しんで頂けたか、少しでも参考になったか、心配です。

画像が読めない事故は残念です。
実は当方はあまり撮影出来なかったので、みのるさんの撮影分を当てにしていました。。。
当方の展示を撮影された方は、ぜひデータをお譲り下さい(汗;)

メディアの信頼性ですが、ノーブランドのメディアは、それなりのモノです。中身をバラしたモノを見たことが有りますが、使う気は起きませんでした。ひどい半田付けでした。そういうモノが混じっていると考えた方が良いです。聞いた話ですが「検査落ち」「ニセブランド」が、破格値で出回った事も有るようです。
当方は、ハギワラシスコムのカードを何枚か使っていますが、トラブルなしです。ここは、産業用の高信頼性メディアも作っていて、一般向けもしっかりしたつくりです。

Posted by: 廣瀬 | 2011.02.21 01:22

廣瀬さん、こんにちは。
お世話になりました。ありがとうございました。

数種類の復元ソフトを使ってみても出てこないところをみると、どうやらメディア自体に記録が残されていないような状態です(号泣)。あれだけ撮ったのに・・・(放心状態)。安いメディア(ノーブランド)を使った為か?或いは私自身が使い方を間違えたとしか考えられません。まぁ諦めるほかなさそうです。

Posted by: みのる | 2011.02.21 13:19

広瀬さんの方が、より信頼性の高い物を使っていらっしゃるのですね。
「さらに以前」のデータが出てくるだけでは、「あきらめる」ほかはないですね。ご愁傷様です。

Posted by: 美男(備南鉄道) | 2011.02.21 22:42

美男(備南鉄道)さん、こんばんは。

凹んでいます・・・_| ̄|○
これはもう仕方がないですね(苦笑)。

Posted by: みのる | 2011.02.21 22:48

フリーの復元ソフトですと、復元する性能は正直あまりよろしくなく、間違って消したデータは復元できますが、壊れたデータの復活はあまり期待できない様です。
以前にSDカードのデータが破損して読めなくなった際に、ネット上の各種フリーソフトを試してみましたが、どれもダメでして、最後にレスキュープロというソフト(本来有料だが、サンディスクのCFカードにオマケで付いてきた)を試してみたところ、見事読みだす事に成功しました。
という訳で、まだ望みはあると思いますので、問題のSDカードは捨てずに保管されておいた方が良いかと…

とりあえず以下のURL辺りを参考になさって下さい。
http://q.hatena.ne.jp/1200347713

Posted by: keuka | 2011.02.22 00:28

keukaさん、こんばんは。
ありがとうございます。
復元ソフトで調べたところ、画像の破損データらしいモノはあったのですが、それを復活させる事はできませんでした。
>レスキュープロ
Web上での意見もこれが最強らしいので、ざっと調べてみましたが、現在発売されているサンディスク製品には付属していないようです(泣)。

Posted by: みのる | 2011.02.22 01:41

ウチには「一応高級機なのにときどきSDカードを物理的に使用不能にする」という恐怖のデジカメが2台あります。
忘れもしない、富士・はやぶさに乗った記念の画像をがっさり消去、しかも旅先でSDカードも使用不能(涙)という仕打ちをされて凄く凹んで以来、撮影はデジカメ+iPhoneで必ずやっておくようになりました。
これって、銀塩時代のサブ機と変わらない?とか思うと、写真の世界って意外と進歩ないんだなぁ(遠い目)とか思ったりしてます。

それはともかく、これで大きなイベントを超えましたね。
いよいよ、次は「戻れない道」の再起動でしょうか?

Posted by: | 2011.02.22 06:54

ムさん、こんにちは。
カメラとメモリの相性もあるようなので、便利なデジタルの世界も万全ではありませんよね。それに、今までは撮影した画像をいちいち確認する習慣が無かったので、これからは確認作業を怠らないようにします(苦笑)。高い勉強代になりました

>いよいよ、次は「戻れない道」の再起動でしょうか?
そうですね、久々に地面モノに手を染めたのをきっかけに戻れない道計画も何とか進めたいです~

Posted by: みのる | 2011.02.22 12:55

The comments to this entry are closed.

« 深追いは禁物 | Main | 1人反省会 »