« 栃尾着荷 | Main | モハ217を作る:2 »

2011.02.25

越後交通栃尾線モハ217を作る:1

kondouraさんのBlogに載った「Fast Trackeの宣伝動画」は面白い~。やはりジグは偉大ですね。しかもシステムとして自作ポイントの材料が揃っているのは羨ましいです。
えっ?手元にあったとしたら何に使うかですか???・・・・、う~ん、特に使い道は見当たらないのですが、とっても面白そう~!って話

さて、ワールド工芸の越後交通栃尾線モハ217のキットに着手しました。
00037080まずは参考にした資料です。
撮ってから書くのも何ですが、保育社の『軽便鉄道』は写真が小さくてよく解りませんでした(苦笑)。解りやすかったのは『鉄道ファン』148号、毎日新聞社『郷愁の軌跡 軽便鉄道』、プレスアイゼンバーン『レイル』45号、です。
肝心の修正点は一言で言えば「貫通扉を上げて、正面窓の上下を一回り大きくする」です。

ほお次郎さんのアドバイスを受けて実車写真を改めて検討したところ、写真とキットをマジマジと眺めていると、00037040aキットのHゴムをつけない状態の窓で、じつは似ているんじゃないか?と思いまして、たかはしおさむさんの指摘のように、窓の高さを側窓と同じ程度に広げた上に、ようめいさんの指摘のように、窓隅のRを大きめにして丸い感じを出します。貫通扉の窓の位置を、正面窓の上辺に合わせて移動し、まだ関係ありませんが塗り分け線も通風口の真上まで上げる予定です。

思うに、

20110224
00037108キットの設計って、もしかして窓のHゴム部分の寸法込みで抜き落としたのかもしれない???
キット構成は別付けのHゴム部品を内側に貼るので、最終的な見た目が一回り小さな正面窓になってしまった??と想像しています。ならば、Hゴムの寸法+凹みの分だけ上下左右に窓を広げればOKではないか、と結論付けました。
当然、キット付属のHゴムパーツは使えませんので「自作」せざるを得ませんけど、モハ215で使ったようなNゲージ用の窓枠で似たようなサイズが見つかれば、楽チンかもしれません

とりあえず、前面窓を修正する前に、車体をある程度組み立てておかないといけませんので、さっそく作業を開始しました。00037090まずは前回のモハ212の反省から、水切り取り付け穴の凸を先に削っておきました。内側板は外れてしまうと位置合わせに厄介ですので、ゆっくりと下へ押すようにずらしてから、ヤスリをかけて仕上げます。昔のペラペラ板とは違うといっても当然ながらt0,3?ですので、焦らずにゆっくり少しずつ削っていきました。まぁそんな当たり前のことを書いても仕方がないでしょうか

00037092客ドア・乗務員ドア・乗務員窓の片側計8箇所の凸を削り取った後に、直ぐに内板をハンダ付けしました。片側ずつ仕上げていかないと、反対側を加工中に何かの拍子で内板が外れてしまうかもしれません。外れて困ってからでは何もできませんので、落ち着いて順番に仕上げた方が、精神衛生上よろしいかと思います(笑)。内板のハンダ付けは中央から左右に順番に付けていきました。盛大に、はみ出たハンダは後で修正すればOKですし、水切りを始め各パーツを付けながら、次第にハンダを回しますので、今は穴からだけのハンダ付けで大丈夫かと思われます。って当たり前だよね

00037095今回、正面窓だけでなく貫通扉も加工対象になりますので、貫通扉を付けない状態で、先に車体下に付く(この名前は何だろう?)胴受部分?をつけました。Eh板の曲げ方向が一瞬理解不能だったので、いちおう書き残しておきます。ココは裏からハンダ付けしました。貫通扉を付けずに作業している上に、この合わせが車体正面のつき合わせになりますので、上下方向がズレないように慎重に合わせました。また正面は上から見ると/ ̄\状になりますので、胴受の左右には隙間ができて正解です。

00037097貫通扉上の破片?は、本来車体内側に折り曲げて、貫通扉の位置合わせを兼ねますが、貫通扉の位置も上へズラしますので、ここは折り曲げずに、表から軽くハンダを流して仮止めとしています。貫通扉の下が一体になった踏み板ですので、これは実際にハンダ付けする際に切り取ってしまい、できた隙間は帯板で埋めましょうかね。

いぇ別にWeb版の工作教室を披露している訳ではないので、こんな書き方は必要ないかもしれません。次回からは加工箇所の要点だけにします
さきほどU太さんに参考写真を送っていただいたので、凡そこんな感じで修正すれば良いかな?と思います。しかし・・・買ったキットの3両全てを加工するって、考えてみれば無駄な労力ですよね
ついでに書いておきますが、モハ217の運転台窓だけ修正しないで、お面の裾をカットすれば、問題なくモハ216になりそうですよ。

|

« 栃尾着荷 | Main | モハ217を作る:2 »

Comments

> モハ217の運転台窓だけ修正しないで、お面の裾をカットすれば、問題なくモハ216になりそうですよ
ある意味、凄い朗報なのかも・・・(空しいかもしれないけど)

最近のこの手のキットは、MWを除くと大半のパーツがエッチング板折り曲げ+一体なので、追加加工が難しいですね。
もっとも、海外のガレキなんかは最初っからこうだけど・・

それにしても着手早いですね。
今年の祭りではフル編成が見られそうで楽しみです。

Posted by: ム | 2011.02.25 09:24

ムさん、こんにちは。
目処が付けば早いと思いますので、今年の軽便祭でお披露目したいです(^^)。
どーも16番の感覚が抜けなくて、うっかりゴリゴリガシガシとヤスってしまい、あっちこっちが曲がって焦ります。加工だけではなくて洗浄にも気を使いますねぇ
>モハ216
近々に出るそうですが、今度は無加工でフィニッシュできるキットにして欲しいです。

Posted by: みのる | 2011.02.25 12:50

実に微妙なお顔なのがネットの写真で分かりました。
(^^;)

自分が設計者だったら?の想像です。

側面と前面でサッシの切り抜き寸法は合わせたい。だが前面曲率のガラスは高価で使えないから平面ガラスを使う。Hゴムのクリアランス0はできないので、必要寸法だけ縦寸法を調整。貫通扉は設計段階で、Hゴム仕上げ寸法と鋼材切抜き寸法を勘違い。もしくは、錠の位置が絡んでズレが生じた。あるいは他車の設計で先行生産されていたものをそのまま使った。

とまぁこんなストーリーができそうです。
サッシの種類を悪戯に増やすとこういう事も。。。。
(苦笑)←意味深

Posted by: ほお次郎 | 2011.02.25 23:04

ほお次郎さん、こんばんは。
この手の3枚窓(含む貫通路)の車両は多いけれど、どれも微妙に違いますね(^^;。少しバランスが違っただけで印象激変であります

Posted by: みのる | 2011.02.25 23:43

こんばんわ。

ポイント製作のCM?あれ凄いですね。あんなにサクサクいく。。。わけがなさそうですが。(笑)

ちょっと前までの車両って考え方というか美的ポイントが分かり易かったのですが、最近は崩れているというか、そういう感じですね。貫通扉ものはそこが命!かもしれません。

Jトレインを買いました。相変わらず良い視点してますね。誤植も多いですが。(^^;)

Posted by: ほお次郎 | 2011.02.27 23:03

ほお次郎さん、こんばんは。
ポイントの製作は、たぶん何十回と作って慣れるとあのくらいスムースに進みそうですよ(笑)。理屈が解れば早いらしいのは車両と同じだそうです(^^;。私にはできませんです

栃尾電車は手を出しあぐねています(激汗)。

Posted by: みのる | 2011.02.28 00:22

ご無沙汰であります〜!
栃尾のお面!まったくもって「その通りかも!」とヒザたたいてました!
でも、ワールドのを・・・、とくにお面を加工するのって度胸要りそうで・・・
この栃尾シリーズは良く出来ていると思ってますので、「ワールドおしい!・・、ほんとおしい・・・」で・・
でもあのM+T+T・・・・
良いですよね〜!!
(値段も良すぎで苦しいですね・・・)

ポイント動画は、まんまと「これなら楽に出来る!」と思ってしまいました〜。
ヤスリ・・・、僕は指までかけてしまいます・・・(痛)

Posted by: kondoura近藤 | 2011.02.28 14:45

kondoura近藤さん、こんばんは。ご無沙汰しています。
私にしては珍しく今月のRMM買いました!

新作栃尾電車は、逆にフリーの下北南部専用車両には充分使えそうに思えますので(笑)、たくさん買ってください~。曰く「踏切対策と寒冷地である為に、前面窓は小型に設計変更が為されて・・・」

>ポイント製作動画
たいへん興味深く拝見しました。見ていると自分でも簡単にできそうな錯覚に陥ります(苦笑)

Posted by: みのる | 2011.02.28 18:06

The comments to this entry are closed.

« 栃尾着荷 | Main | モハ217を作る:2 »