« 3歩進んで2歩下がる | Main | ふりだしに戻る »

2011.01.25

とにかく進めっ!

先週は風邪で寝込んでしまった結果、模型は何もできませんでした

00036545とにかく!考えているよりは、二度手間になっても手を動かして前に進めようっ、て事で、チャゲ&飛鳥のYAYAYAをBGMに一気に作業をしました。曲が古いと言うツッコミは無しで願います(笑)。
当初、昔ながらの「木工用ボンド水溶液」で雪の材料を接着しましたが、結局、地面に塗った色が浮き上がってくるのはスーパーフィックスと同じ結果に終わりましたので、この際、更に上にから「何か?」で塗装するつもりで、一気に雪を降らせました。

作っている本人が「失敗した」と諦めない限り、地面モノに失敗は無い!!!

今回は、この言葉を暗示の如く言い聞かせて作業する事にします
それと忘れてはいけないのが、これは1/80であると言う事ですね。見た感じで良さ気な雪ダマ凸凹でも、1/80にするとデカイゾ!ってのを忘れると、車両を並べた時に違和感丸出しになってしまいますから・・・激汗。今月中に完成させるぞぉ。
よしっ、タミヤの塗る雪を買ってこよう~~~。
結果は2/19に(←この言葉はまだ早いか?)

|

« 3歩進んで2歩下がる | Main | ふりだしに戻る »

Comments

鉄道模型はガクモンではないので、みのるさんの表現・解釈でも良いかと存じます。

雪は光線の加減で、金色に輝く時もあれば、真っ白の時もある。土が混じればグレーになるし、「凍える寒さ」を表現したければ、上から薄いブルーを掛けるのもアリそう…
さすがに「俺の表現だから」で、雪を赤にするのはヤリ過ぎかもしれませんが…程度問題ですね。

Posted by: 穴熊 | 2011.01.25 01:58

お!雪作戦進行中ですね。
タミヤの塗る雪は、素材は大理石を細かく砕いたもので、荒いのと細かい(すごく細かい)の2種類があります。
綺麗に塗ってしまうと単純に白いものになってしまうので、塗ってから表面をブラシで軽く擦って粒を出すのが良さそうです。

私は雪ユキ作戦は、下地作り中であります。
粉雪の素材、やはりお線香の灰(白いやつ)かなぁ。

Posted by: ム | 2011.01.25 10:01

たいした事はやってないのですが、お役に立つようなら盗んでやって?ください。

さて、前記事の続きですが、
>モデリングペーストで盛り上げて・・・と言う事は、雪の部分は下地着色は無しと考えて宜しいでしょうか?
いえいえ、無駄に雪の下の地面の表現は下草植えまでやっています(雪場所まで計画していませんので・・・)
その上に、積雪が多い箇所はモデリングペースを盛ってから、大理石粉(一番細かいヤツ)+マットメディウムのペースト状のモノを重ねました。
地面が見える様な場所は大理石粉(一番細かいヤツ)+マットメディウムだけで表現してあります。
http://huukeiwoasobu.blog57.fc2.com/blog-entry-81.html

Posted by: tototo | 2011.01.25 11:59

皆さん、こんにちは。教えていただいた技法・材料をフルに使って頑張ります

>穴熊さん
色の解釈は文字通りいろいろですね。凍える感じを出したいと思いながらも、ナゼか圧雪泥まみれになりつつありますので軌道修正中なのです。

>ムさん
とりあえず後先を考えずに進めています(汗)。タミヤの塗る雪は近々買いに行こうと思います。なるほどブラシで擦ると好いのですね。

>tototoさん
下地も全て作られた上で雪なのですね(驚)。だからあれだけリアルな景色が作れるのか・・・絶句。できる範囲で何とかしたいと思います(弱気)。

Posted by: みのる | 2011.01.25 15:57

みなさんの技法を拝聴しています。
雪の表現は、進歩しているのですね。。。

totoさんのブログも拝見しました。
まだ、ごく一部しか読めていませんが、センスの良さが羨ましいです。

「雪晴れ」なら、雪景色の中を、無着雪の車両が走行しても、不自然では無い事が分かったので、俄然、レイアウトの一区画を雪景色にするプランを考えたくなりました。

Posted by: 廣瀬 | 2011.01.25 21:23

みのるさんの雪話を発端にして、みなさん案外この技法には興味があるのですね(私もだけど)
今日は天賞堂に行って、モーリンの雪を仕入れてきました。
うっかりして、フロッキルの雪スプレー(945円だったかな?)は買い忘れてしまいました。

ところで、JAMの展示って、会員でないと見られないようですね。
誰かレポートしてくれるかなぁ。

Posted by: ム | 2011.01.25 21:29

雪景色って一度は作ってみたいネタではないでしょうか(笑)。ただ大きなレイアウトでそれを実践するには少々勇気?がいるかもしれません。例えばセクションやモジュールなら、小さなレイアウト(パイク)なら、手を出し易いのかもしれません
でも見ると聞くとは大違いを実感しているところです(謎)。

>廣瀬さん
おぉっ、作りますか?楽しみです。一度小さなサイズで腕試しする方が気が楽かもしれません(^^)。

>ムさん
フロッキルの雪スプレーって天賞堂で売っているのですか?一度足を向けてみようかな?
JAM展示は会員限定ですけど、当日の会員受付もあるそうです。入会金¥1000ですけど、入場料と思えば、まぁ納得は・・・できるかも?・・・(歯切れ悪し:笑)(^^;

Posted by: みのる | 2011.01.26 00:02

こんばんわ。

こちらは駆動方式の検討が実物調査になってしまい。。とは言ってもネットでの事ですが。目標にしているのはオカの銚子デハ500です。狙っていた委託とはこれでして。。。。買う時に車体は何とかなりそうだけど、動力で悩むかなぁとは思っていたものの、見事に嵌りました。この車って地獄のホイールベースですね。。。

手元のとれいん誌にこのキットを乗り越し式にする記事があるのですが、未だに納得が。。。そろそろ見切り発車でしょうか。(苦笑)

Posted by: ほお次郎 | 2011.01.26 00:08

みのるさん 全快おめでとうございます。

早速、工作進行ですね。
みなさんの議論から、「雪晴れの標津」で決まりですかね。とすれば、線路の内側の雪はもう少し少なく、線路と線路の間は車両がはね上げた雪が積もるので、心もち盛り上げるのがいいのではないでしょうか。

色はいいと思いますよ。本当の真っ白の雪なんて、積もったばかりの時ぐらいだし、道東はあまり雪が降らないし。

あくまで、参考に… 

Posted by: 夕張炭鉱鉄道車両掛 | 2011.01.26 00:52

ほお次郎さん、こんばんは。
>オカの銚子デハ500
大昔のキットは死蔵しています(苦笑)。あの頃は日光BLW台車を使うWB24.5パワトラ指定でした(遠い目)。最近のJAM限定品は台車も実車同様のタイプが入っていましたねぇ。どっちのタイプかな(^^)。
乗り越し方式も意外に場所を取りますからね。床下機器はレリーフ状で我慢するか?パワトラ自作の道を進むか?はたまた別の動力を考案するか?大いに悩んでください~

Posted by: みのる | 2011.01.26 00:52

夕張炭鉱鉄道車両掛さん、こんばんは。
アドバイス!をありがとうございます。

じつは・・・、いま1からやり直してます
意に反して使った雪材料が上手く固まらなくてですね、イメージと違ってしまいましたので全て剥がしました(激汗)。今度はタミヤので表現しますので雪の厚みは全体的に薄くなりまして、積もらせる部分だけ別途モデリングペーストとモーリンの雪を盛り直します(^^;。ホーム上にも雪を積み上げる予定ですけど、あまり盛らない方が良いのでしょうか?

Posted by: みのる | 2011.01.26 01:07

みのるさん
雪がうまく固まらないのですか。意外と難しいのですね。

 ホームの件ですが、ホームの縁からおおむね幅1~2メートルぐらいは常に除雪され、残りの雪が踏み固まっていることがほとんどです。つまり雪のうすい板のようなものです。
 しかし、道東では、雪が降って1週間も2週間も雪が降らないで、晴れが続くことが多いです。その結果、気温はとても低いのに、地面は太陽の光であためられて、雪から氷に代わっていきます。ところどころ、地面が出てきたりします。
 踏み固まった雪も平面ではなくて、結構凸凹してます。
 ホームの奥手(線路の反対側は除雪した雪が捨てられて盛り上がっています。

Posted by: 夕張炭鉱鉄道車両掛 | 2011.01.26 01:20

穴熊さん情報のSNOW-TEX、タミヤの塗る雪、いずれもよく接着?するし、乾燥が結構速いので便利であります。
みのるさんが作っているジオラマくらいだと、結構な量が必要になりそうですね。
タミヤの雪ペイント(800円)だと、その厚さで塗ると10本くらい必要?な感じに見えますので、もうちょっと薄めにして、境界杭や背の高い草などを部分的に入れて、そこはモーリンを撒いて・・とかするとカッコ良さそう。

話は変わりますが、私も雪景色のテストをやろうとしつつ、Oナローの樹木で落ち込んでます(涙)

Posted by: | 2011.01.26 06:54

雪の表現方法。かなり難しいですね。某大レイアウトの記事では、固着するとテクスチャがおかしくなるので、撒いておしまい。。。。というのがありました。

東北方面に住んでいた事がありますが、新潟辺りと違って、粉雪が吹っ飛んでいくような状況でした。もふもふの雪が堆積という状態とは違った感じがしました。降雪の地域性でしょうか。丁度磐越蒸気が始まった頃でしたが、晴天の下では客車ですら着雪はあまり見られませんでした。

デハ500はオカの20年くらい前のキットでしょうか。えらく安かったので、ついつい。。。形態も悪くないし、箱組の勉強には良さそうですが、あそこまでホイールベースが厳しいとは。。Nの駆動方式の流用も含めて検討中です。

Posted by: ほお次郎 | 2011.01.26 08:01

こんばんは。
「埼玉使えねぇ:泣」わが県内で材料を揃えようと出かけてはみたものの、結局は都内へと足を伸ばす結果にorz。

>夕張炭鉱鉄道車両掛さん
ありがとうございます(^^)。う~ん、氷っぽくなるようですね。色味が難しそうですので、降った翌日?の辺りを見据えて作業をしてみます
固まらなかったのは、バラストとは少し材質が違うようで、接着剤が上手く雪材料に回らなかった為でした。

>ムさん
タミヤの雪を買ってきました。コレ1本でB4版1枚程度って少なすぎですよね(激汗)。とりあえずスノーテックスも買いましたので、タミヤは3本購入に留めました。さて?どうなるのか???
なにやら「松」でお悩みのご様子ですね。

>ほお次郎さん
降雪は、かなり地域差があるようです。
デハ500は旧製品でしたか(^^)。何とか頑張ってください~。

Posted by: みのる | 2011.01.26 21:51

銚子の関係もあって上田の2320も調べていたのですが、ついでにこんな情報が。。。

http://www.uedadentetsu.com/news/post_86.html

保存車両も無くなる前に見ておかないとならないですね。5250はキットあってもいいなぁ。。(苦笑)

Posted by: ほお次郎 | 2011.01.26 22:53

じつは随分前の新聞に出ていたので知っていましたけど、保存車も安泰とは言いがたい世の中ですよね。良い譲渡先が見つかる事を祈るばかりです。
実車はいまだに見た事が無いので恥ずかしい限りではあります・・・汗。

上田の丸窓は、珊瑚とエンドウでキットが出ていましたね。オヤジの自慢になりますが、両方とも持っています(苦笑)。組むのはエンドウが楽でした
そう言えば・・・、夢屋のモハニのキットは注文するのを忘れていたなぁ(苦笑)

Posted by: みのる | 2011.01.26 23:43

The comments to this entry are closed.

« 3歩進んで2歩下がる | Main | ふりだしに戻る »