« 配6795 | Main | さて、次は? »

2010.06.10

EF62の再生6

天気予報を見ていると今週いっぱいは晴れ。しかし来週は雨のマークもチラホラと。いよいよ梅雨に入りそうな雰囲気です。入梅する前に塗装を済ませたいと思っているものの、0031930
通販で注文したパーツが、受注確認メールが来たっきり、1週間経っても音沙汰なし

電暖表示灯を、たとえ直ぐに点灯させなくとも、何れ点灯させたくなった時の為に、「点灯可能タイプ」に取り換えておけばOKだよね!との目論見が・・・泣。
おいそれと買出しには行けない身にとって、通販は便利なんだけど、品物が届かない通販は「意味なし!」でありますorz。仕事帰りに模型店へ寄れる環境の方が羨ましいよぉ~。
先週、池袋IMONへ寄った時に気がつけば、こんな事にはならなかったのに・・・

嘆いていても仕方が無いので、現状報告を少々。
0031915足回りに関しては、付属のMPギアのままで問題は無いものの、付属していたモーターやウエイトやユニバーサルジョイントをそのまま組み直してもダメだったので、モーター取り付け位置をかさ上げ(モーターホルダーの下にKSの1.5mmブッシュ利用)し、ウエイトを切り取り、ユニバーサルジョイントをIMONのシリコンチューブに交換し、ユニトラックR490をスムーズに走れるように調整しました。このMPギアは、通常のF級機と違って第2動輪からギアが立ち上がって、モーターに繋がっているので、けっこうスペースが厳しいですね。天のEF62の場合は、第1動輪で繋がっていて、センターピン位置もチャンと第2動輪上になっています。
0031918ボルスターアンカーは、厳密には形が違いますけど、自作の苦労を放棄したいので、手持ちのキットから複製しました(汗)。コピーしたパーツを薄く削ってプラ板で裏打ちして、万が一の破損に備えています。そのまま床板に固定してしまうと、当然ながら台車の動きを妨げて「直線専用機」に成り果ててしまいますから、床板につけた燐青銅線でテンションを掛けています。
0031925我家の標準曲線である「R490」の通過状態です。走行優先ならボルスターアンカーも台車に接着してしまった方が良かった様に思えます。Nと同じですね。13mmなら悩まずに済んだのかもしれません(苦笑)。因みに天賞堂EF62もエンドウEF62も、ボルスターアンカーには、ゴムかポリ樹脂?みたいな曲がっても問題が無いような材質が使われています。このパーツは、さすがに分売されていないようですねぇ
足回りの寸法が破綻するのは16番の宿命なので諦めます
それ以前に、国鉄F級電機をR490で走らせる姿勢が問題かな

|

« 配6795 | Main | さて、次は? »

Comments

こんばんわ。

あともう少しですね!

だんだん蒸し暑くなってきますね~。
今年は天候不順なのでしょうか。
すっきり晴れた日が少ないような。。。。

こちらは帰りにパーツ屋さんに行く事はできますが、お店が開いている時間に辿り着けない事がほとんどです。
近くにあっても意味無しかなぁというのが悲しいところ。(^^;)

EG灯はボナのパーツが良いでしょうか?
旧型タイプの場合、光漏れは完全に追放する事ができませんでした。いやはや、なかなか難しいです。

Posted by: ほお次郎 | 2010.06.10 22:02

続投ごめんさいです~

13mmにすると、実物に近づいていくので、模型的なクリアランスはどんどん少なく。。。。。
痛し痒しと言った感じです。
16番って上手い設定だなぁと改めて感じています。
(^^;)

Posted by: ほお次郎 | 2010.06.10 22:30

ほお次郎さん、こんばんは。
何とか今週中に色塗りまで済ませたいです。

>旧型タイプの場合、光漏れは完全に追放する事ができませんでした。
えぇ~(^^;、ショック!?
ボナパーツを注文中です。やはり光漏れがあるんですねぇorz。メーカーサイトのパーツ状態を見て「怪しい!」とは思っていたのですが・・・。参りました(苦笑)。点灯可能なEG灯はボナしかないみたい?

>模型的なクリアランスはどんどん少なく。。。。。
確かに、模型に使用している材質の厚みと、実物を縮小した厚みとは全然違いますから、完全一致のスケールダウンは無理と言えば無理ですよね
でも、まぁ、それに近づけたいのも人情でしょう(爆)

Posted by: みのる | 2010.06.10 23:29

こんばんわ。

ボナの旧型EG灯のパーツは、部品上面中央にスリットが切ってあって、そこにL形の透明プラが嵌り込むようになっています。光漏れは対策が必要です。

部品としては綺麗ですよ~。レンズも別になっているし。直販で取り寄せましたが、対応はすばやかったです!

この辺りの光モノは透明樹脂の一体パーツが欲しいですね!ダイ天の部品分売あったらなぁ。天ぷらの外装部品もなかなか良いのがあるので、こういうディテールパーツは欲しいです~

Posted by: ほお次郎 | 2010.06.11 20:19

ほお次郎さん、こんばんは。
旧型EGのスリットは、構造上仕方が無いとは言え痛いですよね。ダイ天の部品は新型EG灯でしたね。

パーツはボナさんに直接お願いすれば早かったのですが(^^;、変に色気を出して他店へ注文した為に、無駄に待たされていますorz。本日、パーツ到着を待たずにプライマーを吹きました(苦笑)。明日明後日で塗装予定だったのですが、
何と!青15号の塗料を持っていない事に気が付きました
古~いミスターカラーの専用塗料(かつてタカラを引き継いだ時分に存在していました:遠い目)は、引き出しから見つけたのですけど、さすがに!?これは使えないですよねぇ(号泣)

ついさっき、某ショップより「発送のお知らせ」がありました・・・(^^;。どうしようかな

Posted by: みのる | 2010.06.11 22:02

う~ん、この立ち上がり部分だとジョイントの角度がきつ過ぎて急カーブ通過はどうなんでしょうか?
確か、しなのマイクロ時代はインサイドギア式だったと思いますが、急カーブ通過だけを考えるならばそっちの方が有利ですよね。
EF62の場合、C-Cなので中車軸も横動しないとR490は厳しいのでは?

とか書いているうちに、「そういえばウチのEF62(天初代)はインサイドギア(4コモーター式)だったのを思い出しました。
何Rくらいを通過するのか試してみますか。

Posted by: ム | 2010.06.16 10:56

ムさん、こんにちは。

>急カーブ通過はどうなんでしょうか?
とりあえずR490は問題なく通過します。たぶんユニバーサルジョイントを使うとコレでは辛いと思われます。今回はシリコンチューブで繋いだ上に、モーター軸も極力短く加工して(加工されて)います。
一応、床板はエンドウの製品で、ギアBOXとモーター位置もエンドウ純正品のままですけど、モーターの力が強いので、折れ曲がり時に掛かる力のロスを越えて、無理やり回している感じを受けます(苦笑)。個人的には少し疑問もある配置ですね。それを直すとなると手が掛かるので見送りでしょうか(笑)。

EF62の利点はC-Cでも軸間が全て同一なので、旧型F級電機に比べると、急カーブは通過し易いように思います。それでも中間軸の上下動は欠かせないですね。このエンドウ台車!軸バネ入りです

Posted by: みのる | 2010.06.16 17:08

帰宅してテストしてみました。
http://choco-choco.cocolog-nifty.com/chocochoco/2010/06/ef62-e95b.html
結果としては、オリジナル天賞堂の動力、私の作った動力装置ともR430までOKでした。

EF58までの2-C+C-2と比較すると、カーブ通過はかなり良いようですね。

Posted by: ム「 | 2010.06.16 21:55

ムさん、こんばんは。
さっそく拝見しました
R430まで通過可能なんですね!昔の模型は走らせる事に重点を置いていた事がよく判りました。特にチャンと第2動輪上にセンターピンがあって、均等に重さが掛かるようになっているところは、さすが天賞堂です

エンドウのセンターピンは、第1第2動輪の中間にありまして、第3動輪に上手く重さが掛かっていません・・・。軸バネのたわみ方で目視確認できましたorz

Posted by: みのる | 2010.06.16 23:32

天賞のEF62、センターピンを第二動輪上にしたためにA1A-A1Aになってしまったようです。
もっとも、中のクリアランスを見ると「ウォーム入れても大丈夫なんじゃないの?」という感じではあるのですが。
この後、確かサイドワインダー(平ギア連動)になったはずなのですが、それがC-Cになったのかは所有していないので確認できない(笑)

Posted by: ム | 2010.06.17 06:51

ムさん、こんばんは。
我家の天賞堂EF62は、1M方式L形ギアBOXで3軸とも平ギア連動のC-Cです。少なくとも1984年以降の製品は全軸駆動になっているみたいですね(TMS1984-12に紹介記事あり)。

Posted by: みのる | 2010.06.17 18:47

The comments to this entry are closed.

« 配6795 | Main | さて、次は? »