« EF62の再生5 | Main | EF62の再生6 »

2010.06.05

配6795

20100605本日の運勢は「公私共に思わぬ障害が多発する多難な1日」でしたが、ハンダ付けが急に下手になりまして、工作が全く進まなかったので、気分転換にBlogを上げます(号泣)。
極めつけはこれ!!!
この車両、何だか判りますか?
あのお召し電車(形式失念)です。踏切待ちをしていたら、静々と走ってきたので携帯のカメラで撮影しました。しかし何の因果か!?ズームをさせる為にカメラのモードを変換させたら、撮影サイズが壁紙(480×240)になっていましたorz。光学ズームだからなのか(?_?)
携帯カメラのシャッタータイムラグも忘れていたので、タイミングはズレるは、画像サイズは小さいは、まったく・・・これでは、せっかく出会えたのに、何が写っているのだか判らないデス。こんな事なら動画で撮ればよかった・・・

さて先日、

0031844高崎線内にて定期運用が始まったEF66を、いつもの場所で撮影してきました。熊谷(タ)までは配6795と言う列車だそうです。通過時間は14:15(北本~鴻巣)でした。鴻巣発14:10の普通列車が直前に目の前を通過しましたので、日によっては被られるかもしれません(苦笑)。

この日は次位にDE10-1675が繋がれていました。
0031847
この列車は貨車の試運転に使われるらしい話をどこかで読みましたけど、機関車の試運転も兼ねているのか?或いは何処かへ回送する為に連結されていたのか?“にわか撮り鉄”の私には、その辺は全く判りません
(調べてみたら、先日大宮工場で展示された車両のようで、その回送らしいです。)

その昔、尾久や品川に客車がゴロゴロいた頃、出場試運転を兼ねた列車が正午を挟んで運転されていました。確か、この周辺では、11時台に下って行って、13時台に上って行ったスジだったように記憶しています。かつてはEF58。1985xx後にEF64-1000に代わり、その後EF81に変わりました。果たして今は何が牽引しているのでしょうか。田端の機関車かな?
あの当時は、必ずナハフ11やマニ36やマニ50が控車として連結されていて(違ったかな?)、営業列車では見られないような雑多な編成を組んでいたように記憶しています。EF58の時代は言うに及ばず、EF64-1000時代も単に見ていただけで、偶然に出会った時以外は狙って撮影しなかった事を、今更ながらに後悔しています(汗)。ほぼ定期列車だったのにね(^^;。
200011xx012 20010518030
今でもこの列車は走っているのでしょうか?客車激減の時代ですから、仮にスジは残っていても、走る事は稀なんでしょうねぇ(遠い目)。そう言えば、昔のプレイモデルだかNゲージマガジンで、こんな試運転用の編成を真似してみましょう的な記事が載っていました

|

« EF62の再生5 | Main | EF62の再生6 »

Comments

この車両、何形といったか忘れましたが、普段は臨時列車として使って、真ん中に3両?御料車を差し込むとお召しになるんですよね?

どっちにしても、面白いものが見られて良かったですね。

私は昨日、架線の張り方のネタ(ブログの更新用?)を拾いに都電撮影に行きましたが、6/6は路面電車の日とかいうことで、なんかイベントをやっていました。
(私はマジメに撮影しなかったので、どんなイベントか判りませんでしたが)

Posted by: ム | 2010.06.07 09:04

ムさん、こんにちは。

>面白いもの
はい(^^)、初めて見ました。私も詳しくは判りませんが、確か専用車を入れてお召し電車になるのでしたよね。今回のサボには回送の表示が出ていました。
まさか、こんな車両が来るとは思ってもいませんでしたので、驚きました~。

6/6が路面電車の記念日とは知りませんでした。
いよいよ路面電車レイアウトが始まりそうですね、楽しみです。

Posted by: みのる | 2010.06.07 12:53

こんばんわ。

都合が悪い時に都合が悪い事が起こるのは良くある事で。。。。ですが、そういう時は「厄日」だぁと諦めるしかなさそうです。(^^;)模型ってメンタルな面で大きく影響されますね。こういう時は工作しないっていうのも一つの方法かもしれません。

お召し電車。良いものを見られましたね!
詳細は各誌の報道通りですが、VIP列車としても使用されるので、目撃するチャンスは多いのかもしれません。
かくゆう僕もまだ実車を見た事はなかったり。あのメタリックの紫がどんな色なのか興味は尽きません。

Posted by: ほお次郎 | 2010.06.08 00:41

ほお次郎さん、こんにちは。
常にテンションを保ってバリバリ作りたいと思いながらも、実際には、なかなか難しいですよねぇ(^^;。

>お召し電車
初めて見ました(^^)
逆光でしたので、色はほとんど判りませんでした(汗。
もしも待ち受けて写真を撮るならば、順光でないと真っ黒けな電車に見えそうな感じがしました(苦笑)。

Posted by: みのる | 2010.06.08 13:05

こんにちは。病院から帰宅なう(笑)

撮影されたのは、E655系ですね。
2007年デビューで、新1号編成の後継車として開発。
お召し車両を自在に扱うことで、通常運用(集配臨)、貴賓列車運用が可能。

私は1度見た記憶があるのですが、あの独特のカラーリングは撮影者泣かせだなぁと思います。
逆光だとまず黒ずんでアウトになりそうです。

Posted by: Myabi木下 | 2010.06.08 13:31

こんばんわ。

最新系列の電車って初段のノッチが荒いのと、デジタルブレーキの弊害でどうしても「かっくん」になりますね。お召し電車はこの辺りはどう対処したんでしょうねぇ。定時、定位置、衝動ゼロがお召し運転士の技量と言われますますから、この辺りに技術的な話題もありそうです。(^^)

模型を作れる環境があるのは羨ましい限りです。今の僕では時間があっても全然やらないし。買うのが関の山というところでしょうか。(大汗)最近は友人が渡してくれるDVD映画の山をどう処理したものか?で時間を浪費しています。気分転換には丁度良いのですが。(苦笑)

Posted by: ほお次郎 | 2010.06.08 17:22

こんばんは。

Myabiさん、
病院ですか!?お大事になさってください。
あっ、E655系でしたか!ありがとうございます(^^)。
これからも見る機会があれば、次回はマトモに撮影したいです。
この車両は、撮った後に発色に泣かされそうであります(苦笑)。

ほお次郎さん
専門的な話は全然判らないのでごめんなさい(^^;。新しい車両は、どんな人でも自動でスムースに動かせる様に出来ているのかと思いました(汗)。
>模型
仮に作るのは先でも、買うだけでも充分だと思います。(^^)←自分に言い聞かせでもいます:笑

Posted by: みのる | 2010.06.08 20:06

The comments to this entry are closed.

« EF62の再生5 | Main | EF62の再生6 »