« 1987年のスナップ | Main | エールを贈る »

2010.06.23

しらさぎ号の進捗

塗料を未だに買いに行けませんので、EF62は塗装乾燥中と言う名の放置状態です。
199706253002今は併せて塗装したしらさぎ号を少しずつ組み立てているところです。塗装したのが13日で、今日は23日ですので、まぁ10日ほど乾燥させれば、何とか表面のクリアーは乾いているであろうと踏んで、長年貼りっぱなしであったマスキングテープを剥がしましたら、当然と言えば当然ながら、糊が車体にくっついてしまい、トホホな状態でした。
0032302しかし、トホホな部分は主に車内をマスキングした部分であったので、直接外観に大きな影響を与えなかったのは不幸中の幸いでした。驚くなかれ、マスキングしたまま放置した時間は最長で「5年」でした前回からでも既に半年も経過していましたね(苦笑)。

車体はGM39番、屋根はGM35番、金帯はクレオス9番、クリアは46番です。う~んっ、車体の艶がイマイチですね。クリア吹きが甘かったかぁ

細かく見れば見るほど実車との相違が目立ちますが、こんなマイナーな車両のキットを発売して貰えただけで御の字ですよねぇ(笑)。
0032309そんな理由を盾にして、床下機器配置は雰囲気重視です。何しろ手持ちのパーツが限られている上に、この手の私鉄車両の機器は自作の度合いも増えますので、あちこちから探し出してきた残パーツの寄せ集めで済ませてしまいました。先に書いておきますけど、85%ウソ配置です。ブレーキシリンダーの方向もストック品優先です。制御器はCS-5に変更!?
え~と、期待した方はいらっしゃらないと思いますが・・・、ごめんなさい(汗)。
台枠を組んで、それに合わせて機器を並べる事もしませんでした。投稿するような作品でもないし・・・激汗。ただ肝心のコンプレッサーやらMGやら、いろいろと必要なパーツのストックが無かったので、買いに行くまで作業は休止ですorz。
あ゛っ排障器作らなきゃ

199706251024199706253004

お詫びの意味も兼ねまして、私が撮影した実車写真を載せておきます。
左はクモハの電気側、右はクハの電気側です。クハの床下中央には櫓を組んで何か乗っかっているのですね。真面目に作ると大変だゾォこれは(^^;。空気側は撮れませんでした(激汗)。

199706253005この車両の困るところは時期によって台車が違うところでしょうか。
これはクハの台車ですが、KS33タイプで軸距離は短めで、オイルダンパーになっています。クモハは昔はKS30改タイプで、その後にD16風になっています。模型では、戴いた資料写真に準じてクモハ・クハともにD16(日光)を履かせました

このあと、電装や室内など残っています。5年前に塗装したままどこかに仕舞いこんだベンチレーターも、発掘しなければなりません。ロストの運転台パーツが同梱されていたはずですけれど、箱の中に入っていなんですよねぇ(謎)。これも発掘しなければ・・・。DCCサウンド対応にする為には、どこにデコーダーを積むのか?どこにスピーカーを置くのかも、考えて組立&追加加工をしなければいけません。
まぁ、とりあえずアナログで完成させて、いずれ・・・との甘い誘惑も無きにしも非ず!

|

« 1987年のスナップ | Main | エールを贈る »

Comments

こんばんわ。

おおっ!な仕上がりですね!屋根の配管が凄い~
IMONの通電カプラーが装備されている辺りに未来の予感を感じました。

素敵な作品を見せて頂くと、こちらも何やらうずうずと。。。昨年中古で手に入れたデナ121でも組もうかなぁなんて思ってしまいました。これなら改軌しなくていーし?(え?EM?)

Posted by: ほお次郎 | 2010.06.23 23:31

ほお次郎さん、こんばんは。
ありがとうございます。まだ細かな部分がかなり残っていますので、完成は先かな?
屋根上だけは見えるので気合を入れました。この後にワザと目立つように塗り分けます~。

>通電カプラー
とりあえず全軸集電で給電引き通しをしておけば、何れ出るあろうNGDCCの0FX電車サウンドデコーダー(こっちは発売済み)と専用FX基板を使ってサウンド化が出来るかな?との皮算用です

>デナ121?EM??
モデル8とエコーのデナを共にお持ちでしたか!?
コンセプトの違いこそあれ、共に良いキットですから、組み始めると楽しいと思いますよ

Posted by: みのる | 2010.06.24 00:10

塗装、マスキングが多い車両は困りますよね。
私の場合、塗装をやるときだけは気合を入れて、何色あっても2日以内で済ませるようにしています。
ゆえに、塗り分けのある車両は週末か長期の休日(年末年始かGW)を狙うことになります。
マスキングテープ、私の場合は撮影で使うパーマセルもそうなんですが、「塗装を傷めない」と言っているくせに、なぜにああも塗料と友達になってしまうのか(涙)

ところで、みのるさんがボヤく通り、実物写真と比較するとキットはちょっと・・・イメージとは違う感じがありますね。
裾の絞りもそうですが、全面の傾斜、腰板の高さ・・
これって、寸法通りなのにこうなのか?それとも寸法が違っているのか?
なんででしょう???

Posted by: ム | 2010.06.24 08:46

ムさん、こんにちは。

2日で塗装を済ますのも、かなり忙しそうですね(^^;。組み立てもそうですけど、塗装もテンポよく進むと、変に途中で悩む必要も無くて良いのかもしれません。

>イメージと違う感じ
ホントそうですね。
細かな寸法は知らないので比べた訳ではありませんが、写真と見比べて「違う」って感じてしまうのは辛いです。だからこそのキット(自分で修正可能)なんですけど、肝心の修正点も今ひとつ把握できない自分が居ます・・・泣。
たぶん、実車の前面は、もっとカーブして丸みを帯びているんですよね。側面と繋がる部分の前面窓を見比べて貰うと判りやすいかもしれません。キットは扁平すぎかな?
その上で、前面窓の傾斜と、幕板・窓・腰板の寸法比率も少し違う様な気がします。
そうなると、コルゲートがあるだけに寸法修正はかなり厳しい感じですね(爆)。

Posted by: みのる | 2010.06.24 13:04

こんばんわ。

調色が終わったので、明日の夜は何があろとう塗装しちゃいます!宣言(笑)

デナはモデル8のキットです。エコーの21狙いだったのですが、何故か。(笑)妻、側板、屋根がばらんばらんなので、どこを基準に組んだものか?謎なキットです。電車組んだ事が無いので。。。。(苦笑)

永末さんの旧型電車デコーダー
買おう買おうと思いつつ。。。(^^;)
電車だと車内が丸見えなので、SPやデコーダーの設置場所は悩みますね。上手く床下と床上で半半づつ出っ張りを持ってこれれば上出来でしょうか?プラ車両みたいに、室内の床板を上げ底(笑)にしちゃう方法もありそうです。


Posted by: ほお次郎 | 2010.06.24 23:14

ほお次郎さん、こんばんは。
祝!調色完了、がんばって塗ってください~。

屋根が別のキットは、雨樋ラインを基準に組みます。
平らな板の上で妻板とボディーを上下逆に揃えてハンダ付けして、さらに雨樋をわずかに出っ張らしてハンダ付けして、それから屋根と屋根端の順番かな?

>室内の床板を上げ底(笑)にしちゃう方法
でも、コレが一番現実的かもしれません
それでもエンクロージャー付きのスピーカーは全部隠せないでしょうね。室内ディティールとの兼ね合いは悩みどころです(汗)。

Posted by: みのる | 2010.06.25 00:02

> NGDCCの0FX電車サウンドデコーダー(こっちは発売済み)

え?もう発売になったのですか?
1個買ってみようかな。

もっとも、私はDigitraxのSFX用のサウンドはもう作ってあるのですが。

Posted by: ム | 2010.06.25 08:36

ムさん、こんばんは。
>え?もう発売になったのですか?
発売されています
でも、モーターデコーダー一体のタイプです(苦笑)。

サウンドオンリータイプなら、編成での使い勝手が格段に向上すると思うのですが、今のところはダメですね(^^;

Posted by: みのる | 2010.06.25 20:00

こんばんわ。

久々のエアブラシはなかなか楽しめました。
狙っていた線より、彩度が低めに塗り上がったのは残念でしたが、まぁまぁといったところです。

台車の切り継ぎ部分の処理や集電板の黒染め等、仕上げにまだ数日掛かりそうですが、完成は見えてきました。

今回は珍しく?ディテールアップは無し!(きっぱり)
楽しくあっさりです。(^^)

ところで、私鉄用の車番インレタ。
良いのがあったら教えて下さい!

Posted by: ほお次郎 | 2010.06.25 23:17

ほお次郎さん、こんばんは。
塗装は上手くいったようですね。おめでとうございます

>私鉄用の車番インレタ
じつはスイマセン(^^;、我家は国鉄用のインレタ(KATOやらTOMIXやらの余り)しか使ったことが無いので上手いアドバイスができません・・・
或いはエコーモデルから出ている数字だけのEh板(確か今は未塗装だったかな?)も使えます。我家の私鉄蒸機(庶茂内石炭)や私鉄DL(庶内鉄道)で使いました

Posted by: みのる | 2010.06.26 00:49

The comments to this entry are closed.

« 1987年のスナップ | Main | エールを贈る »