« ELのランボード | Main | 天プラの東芝EL »

2010.04.24

普通客レの最長乗車

先日のコメントで出てきた「普通客車列車」を何処まで乗り継いだ経験があるか?を想い出してみました。
いわゆる!?自身の最長乗車距離、普通客車列車乗車版です
電車は不可です!優等列車も不可です!普通列車の、しかも客車列車限定です~。
(何か前にも書いた記憶があるが・・・、気の所為か?)
198309013021乗り鉄を自認にしている割に、普通客車にはあまり長距離を乗っていません。長距離の移動は「ワイドミニ周遊券」の恩恵が受けられる、急行列車の自由席やら、特急列車の自由席をもっぱら使っていました。たぶん多くの方がそうであるように、夜行急行の自由席で車内泊して、次の目的地へ向かう経験は多く持っています。或いは夜行に乗って戻ってくる“ブランコ”とか!・・・(^^;

19820327022私が乗り鉄を始めた1980年頃を考えてみると、長距離を一気に走る普通客車列車は少なくなっていましたが、区間を乗り継いで行けば、まだかなりの距離を普通客車列車だけで乗り通す事が出来たはずです。この頃に(も?)有名なのは山陰本線を全線(近く)乗り通すアノ列車でしょうか?さすがに乗った事はありません(笑)。この写真も、単なる山陰本線の客車つながりです

さて、自分の場合・・・、

19820326024乗り継いだ訳でありませんけれど、一番長い距離を乗り通したのは、寝台車を連結していた「山陰」ですね。
ダサくてゴメン!
ネガを確認してみたら、京都から出雲市まで全区間(386.2キロ)乗っていました(笑)。ただし乗車した車両はオハネフ12です
座席車では無いところが話としては苦しいですけど・・・、曲がりなりにも「普通列車」ですからOKにしましょうよ(苦笑)。それでもMyabiさんの記録、上野~高崎~長野~新潟(428.5キロ)には及びません
この当時、寝台車を連結していた普通列車は「からまつ」「はやたま(昔は南紀)」「山陰」「長崎」の4つだったと記憶しています。余談ながら乗れたのは「山陰」と「はやたま」だけでした。夜行列車に限らず、同区間で客車普通列車はありましたよね
1982032703819820327042
話し戻って、この山陰に乗った時の目的は「DC181系やくもに乗ること」でした。そのついでに駅で山陰地方のディーゼル特急を撮影する事。まさに乗り鉄だけが目的。だから普通列車も貨物列車も“何かのついでに来ない限り”撮影していません。そもそも撮り鉄ではないので、余程の事が無い限りロケハンをして線路脇で待っている事は・・・、しませんでした
何か・・・無駄な事をしていたなぁ自分・・・

山陰本線以外にも、全国規模で普通客車列車は数多く残っていましたけど・・・、何れも短区間の乗車だけで一切撮影した記憶がありませんorz。こうしてBlogに書いても写真が無いのは辛いです
例えば、1983年に北海道へ行った時も乗ったのは優等車メインで、普通客車列車と言えば、最初に載せた根室本線の列車と、岩見沢で万字線に乗り換えるついでに撮影したご覧のような半端なものばかり
198309024020198309024019
198309024021この時の列車は、岩見沢で何かトラブっていました。私は友人と一緒に、キハ40に乗って万字線の乗り潰しに出かけたので、その後どうなったのかは判りません。乗り鉄をした記憶は忘れてしまいますねぇ(汗)。撮り鉄の道へ進めばよかったなぁと後悔しきりです(泣)。

そんな悔しい記憶が、いま!模型に向かっている原動力になっている訳ですが!!。ただWebで遊んでいると模型が進みませんねぇ(苦笑)

|

« ELのランボード | Main | 天プラの東芝EL »

Comments

良かったですよね~、客車列車がまだいっぱい残っていた時代(遠い目)
旧国もあちこちにいっぱいいましたよね~(さらに遠い目)

ほんと、なんで撮影しなかったんでしょ(号泣)

Posted by: ム | 2010.04.24 09:03

ムさん、こんばんは。
雑多な貨車もたくさんありました(遠い目)
もっといろいろな場所へ行っておけばよかった・・・。
もっとたくさん写真を撮ればよかった・・・。
今だから思えるのでしょうね(^^;。オッサンになったからでしょうか(爆)。
おかげで・・・、アノ頃の模型が徐々に増えてきています

Posted by: みのる | 2010.04.24 18:42

おはようございます。

客レのみで新潟まで行ったときは、長野で2時間の空白時間があったので、長野電鉄の須坂まで行ってちょっと撮影して長野へ舞い戻り、直江津で列車番号が変わったものの、編成は直江津まで乗ってきたままのものに1号車にスハ40が増結された編成でした。

確か車両番号もメモしたはずなのですが、何せガキの時分だったため、メモ帳もどこかに行方不明でして・・・。

あとは、紀勢本線も普通客レのみで1泊走破したことがありました。初日は非電化区間、2日目は電化区間でした。紀勢本線に行った目的はゴハチの66号機に会うことでしたが、幸運にも2日目の牽引機が目的のカマだったので、狂喜乱舞した自分でした(笑)

Posted by: Myabi木下 | 2010.04.25 06:04

おはようございます。

客レはやっぱり最後部車両が好きでした。走行中に流れていく景色がなんとも好きで。ここでスハフ42だとガッカリしたり。(笑)デッキに掴まってみていると、落ちるから危ないと車内に戻されましたねぇ。事実?35系で貫通ドア?の鎖に掴まっていたら、走行中の揺れで危うく転落しそうになりました。客レとは言え、ED75のパワフルな走行で70Kmは出ていたと思います。黒磯を出て直ぐの鉄橋はドアから見ると凄い高さで。

日頃113系や103系ばかりの世界から客レの世界に入ると、何もかもが珍しいものばかり。窓にしても、座席にしても。何か車内の空気も違って感じました(埃っぽかっただけか?)編成はかなり長かったと記憶しています。8両くらいはあったかなぁ。ひとしきり客車を味わったら編成探検?流石に当時は61系は無かったですが、体質改善してない35系がお気に入りでした。ニス塗りが残った木部、電球の室内灯火。乗り心地は良いけどグレー塗りに蛍光灯の43系は敬遠していました。(笑)

客レの旅の醍醐味はやはり「音」かなぁと思うです。
停車前のブレーキが車輪を擦る音。がくんっ!と停車した後の静けさ。発車時の衝動。ED75は心皿が無い方式なので、この衝動は凄かったと思います。だんだん暮れゆく車窓や駅の灯火(殆ど電球)の世界をみながら、心の中のBGMはやはり中島みゆきの「ホームにて」でしょうか。多感なあの頃はそんな余裕がありました。

後年になって体験するのですが、暖房もEGとSGでは全く感覚が違う事に気がつきます。EGは113系電車辺りと同じ感覚ですが、SGは独特の「ぬくい」という感じがしますね。

長くなったので続きはまた。
客レの模型、真面目に編成してみたいですねぇ。

Posted by: ほお次郎 | 2010.04.25 08:19

こんばんは。

>Myabiさん
う~ん(^^;、ひたすらスゴイ!
アノ頃の長電は赤ガエルや旧型車の時代でしょうか?貴重です。紀勢線乗り通しもすごいです。EF58-66は紀伊田辺で休んでいる姿を見たのが唯一です(遠い目)。その頃は番号を気にしなかったのが悔しいです

>ほお次郎さん
詳しい想い出話をありがとうございます。よく覚えていらっしゃいますねぇ(驚)。
私は乗り心地も音も衝撃も含めて一切合財覚えていません(大汗)。形式の違いも気にしなかったし、車内の様子も覚えていないし、デッキや最後尾のドアから外を眺めた経験も・・・ありません(^^;。
何をしていたんだかorz。(じつは、ひたすら寝ていました。)

似たような経験はしたはずなのに、自分は無駄に過ごしていたなぁと反省しきりです

Posted by: みのる | 2010.04.25 17:53

こんばんは。

昔(学生時代)は「国鉄本線系趣味」だったので、夏休みとなれば、客レを探して乗り鉄してました。
でも山陰地方だけは行けなかったんですよねぇ。
山陰線の最長列車は結局乗ることが叶わず・・・。

紀勢本線もEF58目的で行って、目的が叶ったのは本当にうれしかったです。
確か、RilMagazineの2号がEF58特集で、それに載っていた66号機の記事を見て、「これは見たい!」と思って行ったんですよねぇ。
あの頃は思い立ったら旅に出るというのが当然のようでしたが、今では腰がすっかり重くなってしまい・・・。

Posted by: Myabi木下 | 2010.04.26 03:54

お疲れ様です!
客車好きでした〜!MやらDやらの無い番号選んで乗ってました。

僕の最長、紀勢線で名古屋→天王寺かもです!
428.7km?
いわゆる車中泊で、その時は大阪散策→宇部から連絡線で四国方面抜けました。

別の時には反対に天王寺→松阪でも使わせてもらってます。
なので新宮あたりの海沿い通っても真っ暗の記憶しか無いんです・・・

京都からの山陰は鳥取までしか利用してません・・・
これも寝ながら移動できたので・・・。


昼間では上野→仙台が乗り通しでは最長です・・・
この時、はじめて客車に乗りました。

この5時55分発の常磐線列車は早朝出発でギリギリ乗れましたので、茨城や日立に行く時にかならず利用してましたです!

汽笛にジョイント音、良いですよね〜!

Posted by: kondoura近藤 | 2010.04.26 17:51

こんばんは。
>Myabiさん、
客レの乗り鉄趣味、好いですねぇ。最近は乗りたくなるような列車が見当たらないので、私も出かける事が皆無になりました(汗)。つい数年前までは1年に1回は出かけるようにしていたのですが、運賃計算すると「その分で模型が買えるなぁ~」って考えてしまって(^^;←ダメじゃん

>kondoura近藤さん、
ご無沙汰しています。お疲れ様です。
おぉ、ココにも猛者が!
上野~仙台(常磐線経由)や天王寺~松坂もスゴイですねぇ。私の紀勢本線は「はやたま」崩れで熊野市まで乗ったのが最長でした(^^;。学生がワンサカ乗ってきて、ヘキヘキして特急に乗り換えてしまいました(苦笑)。

Posted by: みのる | 2010.04.26 18:21

こんばんわ。
僕の場合、関東圏で旧客にギリギリ乗れたかな~というところなので、かなり気合入れて乗りにいきました。(笑)ディテール写真を一杯撮って?さーて現像に出すぞと裏蓋を開けて愕然としたのもこの頃です。何が起こったって?フィルム装填して無かったんですよ。。。

当時は黒磯以北は殆どが雑客で、たまにDが入る程度だったと思います。ED75のッピ!という汽笛が印象的でしたねぇ。

模型で競作となった32系には みのるさん の地元?パレオの初代で初乗車となりました。座席に1個専用の窓がある~というだけで嬉しかったです。やっぱり蒸気には旧客ですね!

Posted by: ほお次郎 | 2010.04.26 20:10

ほお次郎さん、こんばんは。
ほほぅ、かなり思い入れが強かったのですね。東北スジで乗った客車は、磐越東線・磐越西線・奥羽線(板谷峠越え)が旧客でした。そう言えば東北本線では旧客に乗らなかったです

フィルムの充填し忘れは辛いですねぇ(苦笑)。
充填し忘れの経験は無いですが、フィルムの空回り(充填ミス)は2度ほど経験しました(汗)。最初に載せた山陰旅行の途中、肝心の「やくも乗車」の時もそうでした(遠い目)。冷静に考えると巻き取る時に抵抗を感じるから判りそうなんですけど・・・、やらかしました
長電訪問時がナゼか鬼門でして、最初の訪問時にフィルム空回り、2度目は現像ミス(白黒自家現像中)、で過去3回の失敗経験中2回が長電絡みでしたねぇ、客車とは関係ありませんorz

秩父のパレオも最初は旧客でしたね(懐)。じつは当時、すでに鉄道趣味から離れていたので、最近になって模型の32系資料集め中、高鉄でスハフ32が動態保存されていた事を、初めて知りました

Posted by: みのる | 2010.04.26 20:42

こんばんわ。
当時は西線はED77+50系の編成で見向きもしませんでした。今にしてみれば、惜しかったなぁと思います。収穫はED77-901。有名な機関車ですね。

フィルムの装填し忘れって自分的にもありえない~と思うのですが、焦ってたんでしょうか。見事にやっちゃいました。フィルム断裂も経験。いやー肝心な写真はいつもこんな感じでした。(がっくし)
手元のネガを数年前に焼いてみましたが、放置していた割に画像は良好で今でも時々出しては懐かしく思っています。

福島まで行ったのは福島交通が目当てでした。主力は東急5000の西部塗りでしたね。車庫には2灯ライトの旧型電車が留置してありましたっけ。あの頃は車庫できちんとお願いして約束さえ守っていればどこでも入れましたね。懐かしいなぁ。

32系はJREの現役旧客でまだ走ってますよね?(自信なし)C61も復活する事だし、また乗りたいですね~。
ってJREさん旧型客車増備?どこから手に入れるんでしょ?

Posted by: ほお次郎 | 2010.04.26 20:55

こんばんは。
さすがに新規で旧客増備は不可能かと思います
さて、
ED77+50系は郡山で停車中の姿を見ただけかなぁ(^^;
ED77-901もマトモに撮影しませんでした(苦笑)。こう「今にして覚えば・・・」と言うのは多いですネ。その悔しさを模型で晴らしています

あ゛~フィルムの断絶もしましたねぇ。もう1枚くらい撮れるかもと無理に回したら、ブチッ!・・・スカッスカッ(号泣)。それとネガ自体は切れなかったけど、スプロケットの穴が切れてしまって、1コマで2重露光じゃなくて、10重露光くらい撮った経験とか(爆)。それで大宮で撮った157系白根がパーになりました。12枚撮り入れているのに20枚以上シャッターが切れて変だぁ?ってorz(^^;←気づけよ自分(泣

福島交通は行きませんでしたorz。けっこう変な面白車両が居たのですけど、私鉄に目を向けたのが遅すぎまして、気がついた時にはステンレス車両ばかりになっていました(+_+)。だからこそ模型で(以下略)

Posted by: みのる | 2010.04.26 22:42

The comments to this entry are closed.

« ELのランボード | Main | 天プラの東芝EL »