« 天プラ、スハ32系新製配置 | Main | アクラスのスハ32 »

2010.03.02

スハ33、仮完成

スハ32の台車をTR47(実車はTR40)に交換すれば、スハ33ができる。と頭では判っていても、天プラのTR23とKATOのTR47を比べてみると、レールから台車枕張りまでの高さは違うし、集電板の位置も違うし、単に台車取り付けネジを外して、台車を交換して、ハイッおしまいっ。と簡単には済みません。

ただ、まぁ、頭で考えているよりも「手を動かせっ」が信条なので、やっつけ仕事ながら、スハ33をでっち上げてみました(笑)
0030049
0030055まだインレタを貼っていませんけど、こんな感じです。高さはスハフ32に揃えました。集電は(仮)ですけれど、室内灯は点灯できます。少し暗いですね?なぜでしょうか???ライト関係はそのままのはずなのに・・・
実見したスハ33は仙コリの2673でして、ドアのHゴムはダルマタイプ!?になっていました。この模型のような普通のHゴムの車両もあるようですので、扉はこのままにして他のナンバーにしようかなぁ?

0030059使用パーツと加工状態です。
床板は、新たに集電板が当たる部分に穴を開け、元のセンターピンは根元から切り取りました。天のTR23とKATOのTR47は、0,4mmほどTR47の方が高いので、理屈では台車受けを0.4mm削れば良いのですけど、そんな精度が必要な加工は私にはできません
拠って、手持ちのパーツから、KSモデルのカトー台車用ブッシュ(№842)と、エコーモデル細密ワッシャ(№W-2650-50)を重ねて、宮沢のセンターピン(今は売っていないよねぇ:大汗)で留めました。このセンターピンの頭は小さかったので、同じくエコーモデルのワッシャー(W-3156-50)をはめ込んで抜け止めにしてあります。0030062たぶん日光モデルの動力車用センターピン(今売っているのか???謎)なら、そのまま留められると思いますが・・・持っていないのでこんな面倒な事をしています(苦笑)。また写真を撮っていませんけど、内部の集電板の位置も変更する必要がありますので、ヤットコで無理やり外側に曲げて対処しました

0030064前回書いた「ガタが大きい台車」は軸長を測ってみると、案の定、他の車輪と比べて明らかに軸長が短い事が判りました。さすが!としか言い様がありません(爆)。とりあえず精度が無い分、ラフな加工に耐えますので、軸受けを兼ねた集電板を曲げて現物合わせで対処しました(上の写真)。その結果、転がりは改善され、手で車輪を弾いて回しても、直ぐには止まらない状態になりました(下の写真)。こんな、その場限りの工作で直せるんですねぇorz。設計は良いけど、組立加工精度が低い典型みたいな話で、少し直すとウソみたいに良く転がりました

0030069スハフ32は、廣瀬さんに教えていただいた2369番を貼りました。ただし製品付属の検査標記はS43年しか入っていないので見合わせです。もう少し後年のモノを探して貼りたいと思います。スハ33も仙フクにしようかな?屋根をもっと黒っぽく、スエード調塗料で塗りたいですねぇ。でもベンチレーターが外れませんねぇorz

とりあえず、スハ32系はこんな感じになりました

|

« 天プラ、スハ32系新製配置 | Main | アクラスのスハ32 »

Comments

仕事が速いですね。
もっと改造が必要?と思っていたのですが、案外「共通化」されているようですね。

ウチのスハ32系書けx4両、暖かくなったら走らせてみようっと。

Posted by: ム | 2010.03.02 09:01

ムさん、こんにちは。
小加工で台車が交換できたのは意外でした(笑)。もっと楽な方法も見つかると思います~。
調整すると動きは好いですよ、スハ32系!

Posted by: みのる | 2010.03.02 13:46

いきなり改造凄いです~。
32系にTR47ってミスマッチっぽいですけれど、面白いですね!!!

実車ですが、元がス級なので、TR47だとマ級に昇格?しそうですが、どうなのでしょうねぇ。43系だと車体軽量化でオハ47化なんて事がありましたが。

台車交換車両で面白いのはやはり10系寝台でしょうか。あのミスマッチ感がたまりません。今度再生産があるならTOMIXの欲しいですね。オロネ10を挟んだ編成って大好きです~(急行越前とか)

Posted by: ほお次郎 | 2010.03.02 22:36

ほお次郎さん、こんばんは。
前回の廣瀬さんの書き込みの通り、晩年まで生き残ったのはスハ32よりもスハ33でしたので、この姿の方が馴染みがあるかもしれません(笑)。実車のTR40とTR47の重量比が判りませんけど、マハと言うと必要以上に重そうな響きに聞こえますネ(爆)

10系もスハネ16はTR47でしたね。能登・鳥海・越前は特に思い入れがあります~。フェニックスのキットやフジの塗りキットを買い集めていたら、TOMIXからプラ完が出てしまって悲しい思いもしました
何れそんな話もUPする予定です

Posted by: みのる | 2010.03.02 23:18

考えてみると、自分が列車に乗るときも、模型で編成を組むときも、やはりそういう世代なのか「10系寝台が組み込まれている編成」が一番好みのような気がします。

私は高校生のときから「きたぐに」がやりたくて10系寝台をペーパーで作ったりしてきましたが、最近はTOMIXがあって楽だな・・・と思います。

ここにきて、プラ客車が増えていることは大歓迎ですね。
あとは「走らせる場所(レイアウト)」なのですが・・

Posted by: ム | 2010.03.03 10:52

ムさん、こんばんは。
これは世代ですね(^^;。
私にとって、10系寝台にグリーン車と普通車が連結された夜行急行って、花形ではありませんでしたけど、名脇役でした。TOMIXの10系寝台車が発売になった時は嬉しかったですね。ただちょうど16番から離れていた時だったので、編成で揃えなかったのが、いま考えると残念です。
最初に組んだ真鍮キットは、夜行急行「能登」にしようと思った車両でした(遠い目)

Posted by: みのる | 2010.03.03 20:21

こんばんわ。

今日は尿路結石の発作が出てしまい、散々な一日ででした。(--;)朝の5時から激痛が走り、3時間しても収まらなかったので病院に行って。いや~待たされる待たされるこっちは悶絶してるのに。Xreiを5枚取り、で鎮痛剤と点滴を受けてちょっと休ませて貰って帰ってきました。入院しろって言われたけど、意味ないので。(笑)点滴で水分が入って今は出てしまったのか何ともありません。いやはや3年おき位に来るんですよね~この痛さ。ちょっと頑張りすぎちゃったかなぁ~って???

Posted by: ほお次郎 | 2010.03.04 17:33

ほお次郎さん、こんばんは。
いやぁぁ、これは相当どころか、かなりの激痛だと聞きました・・・、お見舞い申し上げます(^^;。

Posted by: みのる | 2010.03.04 21:06

ありがとうございます。
喉元過ぎれば。。。。ではありませんが、尿管の細い部分を過ぎたり、膀胱まで届いてしまえば、もう痛みはありません。今日はケロッとしたものです。ゲンキンな病気ですね。(^^;)ただ、残り2発弾頭があるらしく、いつ起爆するか分からないのが不安です~。水はかなり飲んでるんですけれど、石ができやすいのは体質ですねぇ。

Posted by: ほお次郎 | 2010.03.05 16:31

こんばんは。
今は大丈夫だそうですけれど、お大事になさってください。
アクラスのスハ32の感想をUPしました。動きはアクラスに軍配ですね。よく転がります。

Posted by: みのる | 2010.03.06 02:15

The comments to this entry are closed.

« 天プラ、スハ32系新製配置 | Main | アクラスのスハ32 »