« スハ33、仮完成 | Main | 再び、スハ33改 »

2010.03.06

アクラスのスハ32

19860223015リンク先の備南鉄道さんでシナノマイクロの下津井キットを再生なさっているのを拝見し、勝手に応援団で1枚!私自身、この下津井のキットは買いました。腕が全く伴っていなかった当時、実車の資料を集めに下津井へ足を運び、晩年の貫通タイプ&スポーク車輪に改造すべく手をつけましたが・・・、ご想像の通り途中で投げ出したまま押入れの奥にしまってあります(大汗)。
久々に出してみようかな

0030255さて、本題(^^;。
アクラスのスハ32も買いました(笑)。確か引き出しの中に、もう1組KATOのTR47があったはずですので、こちらも、スハ33にする予定です。今度こそは仙コリのスハ33-2673にすべく、ダルマタイプHゴムドアのパーツも買ってきました。ついでに、短めのセンターピンもあったので購入しました。
今回の32系、天賞堂とアクラスがバッティングしましたけど、どっちが良いのか?皆さん気になりませんか?
この界隈で買う人は極少数派なので、比較しても意味なし!?かな
0030263最初は色味。天賞堂とアクラスと、色が違う話は聞きます。確かに色味が異なりますけど、KATOオハ35と比べてみても、当然ながら色は違いますネ(笑)。KATOに近い感じで退色した雰囲気で渋めなのがアクラスでしょうか?写真に撮るとほとんど判りません。肉眼だからこそ判る差かもしれません。好みから言えば、KATOやアクラスよりも、チョッと艶がある天賞堂の色合いが好きです。
0030261次は外観。動かしてしまえば判らないです(^^;。幕板はアクラスの方が狭いです。しかし、天賞堂と比べて、窓ガラスの厚みが目立っている気がしますし、屋根先端と妻板上部の雨樋と接する部分の隙間が目立つように思えます。屋根とベンチレーターは同色で、ドアハンドルの塗り分けもありません。なぜかKATOもアクラスも共に車体や雨樋やシルヘッダーが微妙に弓なりなんですね(?_?)。普通に真横から見ているだけでは気がつきません。「実車さながら」って言えば、まさしくその通りですけど、模型としては必要なんでしょうか???
走りに関してはアクラスの良さが目立ちます。はっきり言って、KATOよりも転がります。しかも連結器はちゃんと伸縮カプラー装備ですよ。しかもケーディーと連結可能です!これは天賞堂も見習って欲しいですね。ポイント通過はこれから試します
0030251
床下ディテールに関しては、アクラスの方が細かいです。ここまで必要あるの?と思えるほど細かいです。ひっくり返さなければ判らないですけど、もしも自分でパイピングしたら、途中で投げ出したくなるほど、細かく作りこんでいます。床下を見ていて驚いたのが、アクラスの妻面に電暖ジャンパー栓がついている事でした!そんな事はサイトに書いていなかったような気がしますけど、自分にとっては、加工せずに2000番台じゃんと喜んでいます~

全体として思うのは、アクラスのスハ32はバランス感覚が今ひとつって事でしょうか?スケールに対してのバランスじゃなくて、細かく作りこんでいる部分と、ラフな部分の差が目立つ気がします。私は客車マニアでは無いので、細かなディテールに関しては、ただただ溜息をつくばかりです。けれども、車体を手にしてパッと見たときに、まずメリハリが無い印象を受け、次に窓ガラスの厚みや、屋根と妻面雨樋の継ぎ目が目につきました。裏返してみて初めて、繊細な床下のディテールが目に入りますけど、対してドア下のステップが強度優先で太いのが気になります。全体のディテールは申し分ないけれど、何か第一印象でひじょうに損をしていますよねぇ。
天賞堂の上手さってバランス感覚だと思います。パッと見て目に付く部分の色味を変えて‘模型としての色気’を出しているところは、さすがだと思いませんか。
頑張れアクラス!マニ36やスハフ32には期待しています!!!
0030257あっ、そうそう。ようやくTMSを買ってきました。アイマスのフィギュアが出てるって聞いたので(違。えっ?アイマス知らないの(^^;。スルーしてください
本当は回転鉱山が目当てです。さらに上総中山のセクションも好いですねぇ。写真を撮る時のお立ち台にも使えるし、900×600なら置き場所に困らないし、これを真似て某駅を作りたくなりました。
RMライブラリーの片上も面白そうです。何せ興味を持ったのが廃止後だったのが辛い話ですけど・・・。下津井ばかり行かずに、足を向ければ良かったと思っても、後の祭り。この悔しさは模型で晴らします(あくまで予定)。

|

« スハ33、仮完成 | Main | 再び、スハ33改 »

Comments

シナノの下電ご覧くださってありがとうございます。
「動かない。」と言われた動力もそれなりに動きました。バックアップのために数両のシナノの電関をストックしましたが、これは、フジカラーやクレパス号に使おうと思っています。
伸縮カプラーは、いや優れもんです。カトーをコピーした亀さんを作りましたが、それよりもトミックスの方が優れもんです(奥行きが短く首振りが広い)。
 下電も、車輌は現存しております。片上は、動態保存です。是非またご来訪を。

Posted by: 美男 | 2010.03.06 22:49

美男さん、こんばんは。
完成!おめでとうございます~。動画も拝見しました。とてもスムーズに動いている姿に驚きました。伸縮カプラーの威力もありそうですよね。

プロトタイプ(モハ102+クハ22)は、マルーンとクリームの旧色と、赤と白の新色もありましたし、新色は貫通化改造が為されていましたので、そちらのタイプも如何ですか?(笑)。またクハ22と同型のクハ23(後のクレパス号)もありましたので、いろいろと楽しめそうです~。

Posted by: みのる | 2010.03.06 23:41

こんばんわ。
アクラス32系入線おめでとうございます!
インプレッションではどっちもそれなりに良い点と悪い点が存在するように思えました。

個人的には13mm対応のアクラスが良さそうに思えるのですが、過剰な床下ディテールは賛否両論ありそうですね。というかこの辺りがこのメーカーのアイデンティティという感じでしょうか。

台車の首振りと上下動はどんな感じでしょう?
その辺りも教えて下さいね~

結局僕も両社の32系を予約してしまいました。んーこんなに増殖してどうするんだ?32系。(笑)

Posted by: ほお次郎 | 2010.03.07 01:34

ほお次郎さん、こんばんは。
台車の上下動は、天賞堂、アクラス共に、固くも無く緩くも無く、追従性は良さそうに思えますが、走らせる場所が1mくらいしか無いので、大丈夫でしょう!?としか言えない現状です・・・
パッと見た感じは「天賞堂」に軍配。無調整で動かすなら「アクラス」に軍配。かな?それぞれ一長一短、手の入れ甲斐がある模型です

Posted by: みのる | 2010.03.07 01:54

こんばんわ。

模型とは関係なくて恐縮ですが
6日の試験を受けてきました。
一級を持ってる人間での試験でしたので、惨敗でした。。。まぁ合否の判断は今回は2次も含めてなので、22日に向けてまた準備に入ります。それにしてもまぁ半年前の受験時代より気合が入らなかったですねぇ。しゃーないですね~

Posted by: ほお次郎 | 2010.03.07 23:01

ほお次郎さん、こんばんは。
ありゃ・・・(^^;。
意外に気合も大切ですので、しばらく模型関係はお休みですね。自分の流儀を通して乗り切ってください~

Posted by: みのる | 2010.03.07 23:21

The comments to this entry are closed.

« スハ33、仮完成 | Main | 再び、スハ33改 »