« 再び、スハ33改 | Main | 3月11日の雑記 »

2010.03.09

夜行急行の想い出

客車繋がりって事で!
197608x006まもなく我家方面のブルトレ「北陸」が季節臨に格下げになります。そうなると高崎線を上って来る定期の夜行列車は「あけぼの」1本だけです。う~ん(^^;時代ですかねぇ(遠い目)。今でも「あけぼの」は東北本線のブルトレってイメージが強くて、「北陸」と「能登」が無くなる今改正で、上越筋の夜行列車は全廃って気がします。

アノ頃は次々と上って来ました。「北陸」はまだ20系でした・・・。

198105xx011雑誌でしか知らないブルトレが見たくて、早起きして近所の陸橋から、上って来る夜行列車を初めて眺めたのは1976年だったかな。その時に、20系の編成が2本来ました(?_?)。更に雑誌(鉄道ファン誌)では見たことも無い客車を連ねた列車が3本来ました。家に帰って改めて時刻表を確認してみると、2本来たブルトレのうち、最初が特急北陸、次が急行天の川だと判りました。同じ20系でも、急行(天の川)の方がA寝台を2両も連結していて豪華だ!?と、勝手に格付けし「北陸はヘタレ特急」と思い続けてきた話は、まぁこの際どうでも宜しい(爆)

19810510012今回の本題は10系寝台を連ねた夜行急行です。
金沢からの“能登”、秋田からの“鳥海”、福井からの“越前”、の順に上って来るこれらの夜行急行を陸橋から何度も眺めていると、初めは牽引機の違いに気がつき、次に編成の長さに気がつき、更に当然ながら屋根上の形状に目が行きます。当時は「四角いペッタンコのベンチレーター」だと思っていましたけど、10系寝台車独特の平たいAU14クーラーが、次々に通り過ぎて行く、それがとてもとても印象的で妙に惹かれました
19810510013特にB寝台車を5両も連結してた「能登」は好きでした。今にして思うと、単にAU14をたくさん見ることが出来たからではないかと・・・汗。確か金網越しに回るファンの動きを眺めて「いつか、乗りたいなぁ~」と胸を膨らませ・・・むぅ、AU14フェチだな、自分

これで、各車両の差異に気がつけば、今に活かせる写真が撮れて、もっと良かったのですけど、単に乗ってみたい想いだけが強くて、せいぜいA寝台車とB寝台車とグリーン車と普通車の違いくらいしか知りませんでしたねぇorz。
19810510014撮るのも、どちらかと言えば機関車目当てでしたので、客車の形式写真(と言う言葉は知っていたけど、何のために撮影するのか理解できなかった)を撮影する事は、10系車両が消え去るまで、全くありませんでした

各車両の形式に注意が向いたのは、模型を作ろうと思った1985年頃から。しかも「車両には細かな違いがある」事を知ったのは、Webを始めた1998年頃からです(激汗)。時、既にトコトン遅すぎ

1982080038北陸が通過する前に、客車だった妙高10号(昔は5号)も上ってくるのですが、さすがに夏でもまだ暗くて見る事は出来ませんでした。一度だけ遅れに遅れた姿を登校途中の踏み切りで目撃しただけです。しかし・・・、想い出を語るにも、碌な写真が残っていないですねぇ、無駄に過ごしてたな、自分。ただまぁ、何と申しましょうか、夜行急行って言うと、AU14ですよ!
わっ全然まとまらん
<次回へつづく、か?>

|

« 再び、スハ33改 | Main | 3月11日の雑記 »

Comments

機関車が牽引する列車に、荷物車や寝台車が入っている・・・いい時代でしたね(遠い目)

私は模型ばっか作って(というほどの量でもない)いて、撮影はちょっとしかしていないので、実車との接点は実際に乗ることでした。
でも、グリーン車(客車の)にはとうとう乗れませんでした。

最後に言い訳というか(笑)
軽便のレイアウトを作ろうとしているのですが、なんとか静音化したいと思っているのですが、フラットトップの上に直接フレキを敷設すると、どうしても全体に振動が伝わって音がうるさくなりますよね?
これを解決する方法ができれば着工しようと思っているのですが、なかなかにいい方法が浮かびません。
カメ(ポイントマシン)も6個購入してあるし(使うかどうかはともかく)レールもあるのに、こういうことで逡巡するのですよね~、ああ困った。

Posted by: ム | 2010.03.09 11:29

ムさん、こんばんは。
今さっき戻りました(^^;。こちら積雪12~3cmはあります(苦笑)。雪まみれのE231は何かシュールです(笑)。
私はオハネフ12に乗っただけでした・・・。オロネもオロも乗りはぐりましたorz。

レイアウトの騒音対策は、しっかりした厚みの路盤を使って、オープントップやクッキーカッターで作るのが一番の早道でしょうね。移動するレイアウトには辛いですけど・・・。先日のレイアウトは、逆にスタイロフォームを嵩ねて内部空間を無くしたタイプですけど、全体で響く感じがします
フラットトップよりは音が小さいかもしれません

Posted by: みのる | 2010.03.09 23:11

みのるさん、こんばんは。
私が実際に乗った夜行急行は銀河だけですね。
1970年半ばより少し前、スハネ16の時代?に1回、
そして20系になってから2回でしょうか。
子供のころの私にとっての身近な寝台列車は、
天王寺発の最終(ウチへ帰る駅への)に乗ると、
隣のホームに入線している紀勢線直通の夜行普通列車でした。
ハネが1両か2両つながり、客扉上の「B寝台」という行燈?に、
子どもながらも旅情をそそられたのを覚えています。

Posted by: やまぎし | 2010.03.10 03:57

やまぎしさん、こんばんは。
紀勢線の最終って「南紀」(後に、はやたま)ですね。天王寺~新宮で寝台車連結でした。一度だけ乗りました(座席車に・・・汗)

20系は何度か乗った記憶がありますけど、10系に乗る機会は極端に少なかったです(^^;。むしろ周遊券で乗れた座席車ばっかり(苦笑)。
>客扉上の「B寝台」という行燈?に
そうそう!あれは独特の表示でしたよねぇ。ボゥッと光る感じで、如何にも夜行列車って印象で、趣が深かったです(遠い目)。

Posted by: みのる | 2010.03.10 18:47

The comments to this entry are closed.

« 再び、スハ33改 | Main | 3月11日の雑記 »