« こんな時もあるよね | Main | DE10の事 »

2009.12.06

ネコのゴハチ本

0028464_2KATOのサイトを覗いたら、今度発売になるEF80とゆうづるのセットの写真が出ていました。Nゲージ車両の購入は止めましたので、この製品を買う事はありませんが、とても懐かしい気持ちです。残念ながら1984年頃を境に撮影を止めてしまいましたので、EF80「ゆうづる」のヘッドマーク(含む復活!)時代は知りません(汗)。それどころか、その後の北斗星に移行する時代も知りません。次に撮影するのは2000年頃ですからねぇ。余計な話しながら、1985~2000までの15年間は、私にとって鉄道撮影趣味の空白期です(^^;。あっED75のゆうづるだったら青森で見かけた覚えがあります・・・。
EF80の模型は作りましたよ!夢屋のNゲージですけどorz。今現在1/80のEF80が欲しいなぁと思っても、後の祭りです

さてさて本題。
nekoのゴハチ本こと『鉄道名車 モデル&プロフィール EF58』、基本的に酷い本でも、その中の好い事を書くのがスタイルですけど、今回ばかりは手厳しい事をつらつら書いておきましょう。
20091206実車写真の印刷が最悪!何て酷い印刷の本なんだと呆れました。形態分類も単に今までのおさらいに過ぎないし、車両履歴もこれでは必要性を感じません。RMMの(←コレ大事)別冊と銘を打つならば、なぜ?模型に反映させらるような車両毎の差異に、もっと力を入れて書かないのか疑問に感じます。例えば「製造所ごとの差異」。今までの実物誌では単に文章での表示か、表にまとめるか、よくて実車の部分写真ですが、特徴的な屋根のカーブを図面やイラストで表示するとか、ランボードの違いをまとめるとか、なぜ模型専門誌ならではの視点でまとめないのでしょうか?
印刷の不鮮明な小さな写真を全機載せて、何の意味があるのでしょうか?書いちゃ悪いが、単なるページの埋め合わせか(単に昔のネコ本と同じにしましたって事?怒)。私は口汚く罵るのは好きではありません。しかし、今回のは酷すぎる。思わず涙がこぼれます!!!ごらぁニャー。ぶっちゃけ、以前のネコEF58本も全く参考にならず、悔し涙に暮れたんですよ(苦笑)。まさに歴史は繰り返す!?全く持ってネコ社は“ゴハチのモデルファンならばこの程度で充分”と考えているのでしょうか。偏に編集企画担当者は猛省するように
購入お勧め度数、★☆☆☆☆です!!!。

ゴハチの事を知らない方には良いのかもしれませんが、そんな本は数多あるぞ

まぁ、悪いところっての誰でも書けるのですよ(笑)。難しいのは「好いところ」を書く事ですネ。
執筆者の人数もあるでしょうから、事細かに書くのが至難の業なのは判っていますけど、ここに載るようなモデル製作者の方ならば、補足的に図面入りで製造所ごとの差異が書けたのではないでしょうか?っうか(T_T)私はそれが判らなくて苦労しているんです!ランボードの足の違いって何
それを、教えて欲しい~(激白)
パーツ集や製品カタログは必要あるのか?判りませんけど、作例モデルは(1/80)は、とても参考になりました。以前誌面を飾った「鳥の目の・・・」のゴハチを編集し直してイラストや実車写真でまとめているのは評価できるけど、もう少し判りやすく詳細にできないの?ちょっと見辛いよぉ。
好いのはそれだけって現実にorz。これは・・・近年稀に見る酷さだね

何でもそうだけど、基本的に「嘆くのなら、お前書けよっ」と私は言いたい。でも、俺も詳細が判らないから苦労してるんだっ(T_T)/Help

|

« こんな時もあるよね | Main | DE10の事 »

Comments

ごはちの本が出たのですか?
私はまだ見ていませんが、確かにモデリングのために必要な実物情報は、蒸気の確度くらいは提供するべきなんでしょうね。

もっとも、ゴハチとか旧国はあまりにバリエーションがありすぎて、全部説明するととんでもないことになるのかも?(笑)

Posted by: ム | 2009.12.07 09:02

ムさん、こんにちはぁ(+_+)。

ネコからゴハチ本出たのですよ~。
近年になって、製造所ごとの差異が模型に反映される事が増えてきたんですけど、各モデラーがそれぞれの記述で触れる程度で、その点をまとめている書籍が無いのも事実です。
せっかく今の時点で発売される本なのに、最近になって判った分類を書かずに、昔の記事の羅列で終わってしまっているのが悔しいです。RMMなら!って期待が大きかった分、落胆も大きいです

Posted by: みのる | 2009.12.07 10:49

こんばんわ。

旧型国電の世界もそうですね。知ってる方は凄い知識ですが、迷える子羊(苦笑)には?モノがものだけに、中途半端な記事を出せず?かと言って専門的に纏めるには手が足らず。故に中途半端な本が出来上がるという事でしょうか。全貌の解明はやはり専門HPを見るしかないのでしょうか。。。。。
58初心者としても決定版が欲しいところです。これ見れば分かる!というような。

そういう意味で。
鉄道ピクトリアルの特集は設計者や企画者の方が執筆されているためか内容が深いものが多く、僕好みです。
(^^)

読んでも見ても楽しいのは「Jトレイン」「鉄道画報」でしょうかねぇ。この2誌は「おお」と思う写真やデーターが載っているので。

それにしても。出版界もデジタル化で写真が「薄く」なったように思えます。デジタル画像が写真としての奥行きが不足する上にデジタル処理ですから仕方が無いのかも。。。とも思うのですが。。。やっぱり色が飛んでますすね。出た頃のRMや当時の各誌って写真や印刷の色の深さが好きだったですねぇ。あれを基準にすると??

Posted by: ほお次郎 | 2009.12.07 20:39

ほお次郎さん、こんばんは。

私がいつも頼りにしている「ゴハチ専門のサイト」でも、そこまで細かく書いていないようで、困っています。ゴハチ本の決定版は、交友社『EF58ものがたり』ですね。コレを越える本は目にした事はありません。

旧国もしかりですけど、Webは探し出す苦労の割りに、いろいろなサイトの情報をあわせないといけませんので、しっかりまとまった本が欲しいです(+_+)。それにWebは消えてしまうので、こうした保存すべき情報は紙媒体には敵いませんねぇ・・・。

デジタルの色合いって、たぶん編集する人の個性が出るのだと思います。それでも今回の写真は酷いですよ(苦笑)。

Posted by: みのる | 2009.12.07 21:52

こんばんわ。

僕も似たような経験が。。ちょっと昔(笑)出張した時に旅先の慰み?に新版のシーナリーガイドを買って読んだ事があるのですが、文章がめちゃくちゃで意味不明だよ~と思った事がありました。読んでていらいらしましたねぇ。って鉄道用語が分からなかったからじゃなくて、分かってるから文章が変なんだよ~と思ったのでした。以来、この手の本には敏感で。(苦笑)

EF80
実機の事は良く分からないです。上野で旧客を牽く姿を写した程度でしょうか。それにしてもNゲージも段々とマイナーな機種が出るようになりましたね。鉄コレを含めると「16番の方が種類があるんだよ」とは言っていられないような。。。おちょるべしN!です。

トラムウェイさん。デハ60を企画中との事で。。なかなかファンの心理を得た展開だなぁと感慨深いです~。

寒くてピンバイスを持つ手が震えます。って大袈裟?

Posted by: ほお次郎 | 2009.12.08 00:42

こんばんは。
新版シーナリーガイドってSSガイドでしょうか?写真を見るだけで、文章を気をつけて読んだ記憶がありません(苦笑)。そんなに変ですか?(^^;

EF80に限らず、概してNゲージの方が製品は多いですね。出来も好いし、値段も安いし。でっ一時期はNばかり集めていましたけど、結局1/80に戻ってしまいました(^^;。トラムウェイさんは玉電シリーズで進むのでしょうか?良い所を突いていると思います。

>寒くてピンバイスを持つ手が震えます。って大袈裟?
暖房は???手が滑って怪我をしないようにしてください。

Posted by: みのる | 2009.12.08 01:00

EF80は、私は鉄道模型社のものを2両所有しています。
きっと間違ってyahooで2両落札したらしいです。
この機関車が、かつてブルトレも引いていたんだ・・・と思うと、なにかこう「自分も歳を取ったんだ」と遠い目になってしまうのでした。

トラムウェイさんの玉電については、なかなかいいところを突いてますよね。
私も買ってみようかな。

Posted by: | 2009.12.09 07:20

ムさん、こんばんは。
EF80と言えば、鉄道模型社と中村精密が思い浮かびます。古いっ(笑)。
特にあの当時の想い出を語れば、中村精密しかなかったので、製品は欲しかったですねぇ。そのずっ~とあとになって、夢屋・スパイクのキットが出ても、完成品は天賞堂で作るまで、やっぱりナカセイのみでしたからねぇ。オッサンの昔話でした

Posted by: みのる | 2009.12.09 19:45

ゴハチの本、ようやく現物を見ました。

ちょうど「模型におけるゴハチとは」なんていう話をしながら「私だったら1枚の写真さえあれば作れる!」と断言しつつ、この本をペラっとめくって・・・

「す、すいません!前言撤回します!この本では1冊見てもムリっす!」と謝ってしまいましぁ!(怒)

Posted by: ム | 2009.12.15 13:58

ムさん、こんばんは。

確かに!(^^;、RMM別冊だけでは無理があります(笑)。細かな事に一切こだわらなければOKです~。

Posted by: みのる | 2009.12.15 19:25

The comments to this entry are closed.

« こんな時もあるよね | Main | DE10の事 »