« 忘れてはいけない1両 | Main | ガソ・ガソ・ガソ! »

2009.02.26

ニフが出るよぉ(嬉)

連日連夜でスイマセン(爆)。
カキコ御希望の方はお好みの記事へ、どうぞお願いします~。
いきなりで何ですが(^^;、さきほどワールド工芸のサイトを覗いてみましたら、来月?の新製品が案内されていました。
おわぁ
栃尾のニフ17ニフ19が出るよぉ~
こりゃぁ、お値段高めでも予約するしかないですなぁ

このニフは栃尾線独特の荷物専用車でして、客車列車に繋がれて部分廃止の時まで活躍していたそうです。『私鉄車両めぐり』によるとニフの形式名を持つ車両は15~23までの7両あったそうですが、15はS32年、16はS40年、と早々に廃車されています。17~23までは『鉄道ピクトリアル』652号<甲信越・東海のローカル私鉄特集>に写真がバッチリと出ていますので助かります。17と18、19~21がだいたい同型車です。いろいろと雑誌を見てみると、年代差も個体差もありますねぇ。たかが荷物車なれど楽しめそうですぅ(^^)。
もちろん!ニフ17を2両と、ニフ19を3両ください~!!!ドドーンと大人買い
などと無謀な事はしませんにょ・・・

まぁ興味の無い人やチャッチャか自作できる人には関係ない話ですけど(笑)。栃尾シリーズを真面目に?続けるなら、精一杯応援しますよ、ワールドさん!
でも買うのはJack Boxさんで・・・かな(笑)。

写真は、国鉄のニフ!じゃなくて(^^;、
マニ37他。この列車は高崎線の普通客車列車が全廃される直前で、牽引機はEF58からEF62に、客車は一般旧型から12系に変更になっていた時。ゴハチを待っていたらロクニだったわなぁ
19820336 19820334

ワールドの新製品、この他に三重交の森ブタや草軽異端車デキ50も出ますネェ。良さそうですネ。う~ん今回はニフ優先かな
追記:わ゛!!!モハ209ホハ50も再生産だぁ(驚)。本気ですネ。でもモハ209は屋根を直して欲しいなぁ(苦笑)

|

« 忘れてはいけない1両 | Main | ガソ・ガソ・ガソ! »

Comments

こちらも続投。。。(^^;)

こうなってくると?ナロー用というか小型電車用の小径スポーク車輪付きのスムースな動力ユニットが欲しくなってきますね。スポーク車輪がくるくる回っているシーンは堪えられません~。(><)

EF62。僕はかなり好きだったり。山を降りてきて東海道を疾走した時代は馴染み深いですが、機関車の性能としてはこの用途は可哀相でしたね。末期は車体にジャンパ受けを増設されたり形態が崩れ残念でした。

Posted by: ほお次郎 | 2009.02.26 00:56

ほお次郎さん、続投感謝です、こんばんは。
>スポーク車輪
昔々は、やっぱりコダワリがあって、無謀にもプレート車輪を糸鋸で切り抜いてスポークに改造しました。あまりの大変さに2枚で挫折しましたけどorz。ナロー用の「抜けたスポーク車輪」はイモンやワーゲンで分売した事もありましたけど・・・(遠い目)。
最近は割り切れるようになりまして、ワールド付属のスポーク表現したEh板(が入っているのです)さえも付けなくなりましたネ(爆)。

>EF62
いぇいぇ私もEF62は好きですよ(^^;。でもこの時だけは高二のゴハチが最後だったので「ありゃぁ、EF62になっちゃったよぉ」と悔しかったです(笑)。
里へ降りたEF62が活躍していた頃は、鉄道趣味から遠ざかりつつあったのでほとんど撮影できず(見ただけ:苦笑)、今にして思えばとても残念です。末期は電暖用のジャンパー栓が入換時に邪魔になるので、移動されていましたね。

Posted by: みのる | 2009.02.26 01:34

どうも、こちらも連投です。
悪夢を見て、眼が覚めてしまいました。

私もEF58にはそれなりに思い入れがあります。
特に高崎第二機関区のカマは好きでした。
EF62に変わったときはちょっとショックだったですね。

三重交通の森ブタ、楽しみですね。
・・・といっても、どんな車両なのかは知らないのですが(^^;;

今の高崎線も貨物列車が多く走っていて、牽引機もまちまちで、なかなか面白いですね。
構内放送の「○番線を列車が通過します」と聞こえると、ホテルの部屋のカーテンを開けて、確認していたりします(笑)

Posted by: Myabi木下 | 2009.02.26 03:35

こちらも早く目が覚めてしまいました。2度寝は危険なので。。。。。あははぁ。。。。

好きなEL。貫通扉が付いて客車を牽引していた機関車というのが僕の基準?なのかもしれません。ちょっとやぼったいカマがいいなぁと。ED62、EF62、ED77なんかがいいなぁって。

それにしても。プレートを抜きましたか。。凄すぎです。下穴明けるだけでうんざりしそう。。。(^^;)
プラELのボックス穴貫通はやってみましたが、一両分で疲れ果てました。。。。

モは工作の山は越えて、足回りの塗装や仕上げに入りました。2台目も工作したいなぁ。屋根はちょっとだけ凝りましたが、車体で最も効果的な追加ディテールは窓の保護棒でした。。。。意図したところとは全然違う部分で実感が出てしまい、ちょっと遠い目。。。。です。。。。

Posted by: ほお次郎 | 2009.02.26 07:15

こんばんは。
悪夢を見るのは脳がバランスを保つ為と言われていますが・・・、本人にとっては嫌なものですねぇ(^^;

>Myabiさん、
高崎線の貨物列車(むしろ機関車ですネ)を堪能なさったようで、少しは気分転換になりましたでしょうか?
三重交の森ブタは『森製作所の機関車たち』(ネコパブ)にドド~ンと出ています。好ましい機関車ですよ(^^)。

>ほお次郎さん、
なかなかマイナーな形式がお好きなようで(笑)。
ED62は以前に載せましたので、そのうちED77も再掲出してみたいと思います。
窓の保護棒は面倒臭そうですねぇ(^^;、すごいです(祝)

Posted by: みのる | 2009.02.26 18:18

三重交の森ブタ,一目ぼれです。
ワールドのキットはとってもデンジャラス、ちゅか『無理』ですので
他のモケイはガマンしてに完成品を待つコトにします。
で、手に入れたら即シンナードボン、ひひひ、どうしてくれよう

Posted by: ナガウラ | 2009.02.26 18:33

ナガウラさん、こんばんは。
フィラディルフィアからお帰りなさい(^^;。

最近のワールドは組み易くなりました~♪
これからの新製品は、昔みたいにt0.15Eh抜きで瞬間ハンダ付け!!!をしない、普通の構造ですよ(^^)。ぜひキットにチャレンジしてみてください。走りの良さは前回の軽便祭「日車の単端」でご覧になった通りです~。ポイントでコケてましたけど_| ̄|○

Posted by: みのる | 2009.02.26 19:51

皆さん、こんばんは。

本日をもって、出張が終了しました。

高崎線の貨物列車は、牽引機のバリエーションが豊富で、楽しいですね。
ただ、貨車はタンク車か、コンテナ車ばかりなので、面白みに欠けますが、それでも十分楽しめました。
EF210、EF65-1000(JR貨物色)、EF81とまぁ、バリエーション豊かで・・・。
Nで、高崎線の貨物列車再現しようかな・・・。

Posted by: Myabi木下 | 2009.02.26 20:20

Myabiさん、こんばんは。
お帰りなさい(^^;
高崎線の牽引機は確かにバリエーションがありますね。
熊谷以南ですと三ヶ尻への貨物もありますから、少し本数も増えるのでしょうか?EH200やEF64-1000も見かけますし、EF210とEF65の重連も夕方によく見かけます。
う~ん、貨物列車は2001年以来全然撮影していないので、たまには撮影しようかなぁ???

Posted by: みのる | 2009.02.26 20:54

こんばんわ。

泥臭いのは大好きで(^^;)
野菜も形の悪いのは美味しいっていいますもの?

ED77は郡山でホームからぼーっと眺めていた事が多いので馴染みの機関車です。75もそうですが、起動の時に前端が「どん!」と持ち上がるのに驚いたり。(笑)

保護棒は手抜きして付けました。本当は全部の縦枠で割りピン止めなのですが、その気力が無く。まぁあればいいや。そういう感じです。目指せかんせい~。(苦笑)

Posted by: ほお次郎 | 2009.02.27 00:28

ほお次郎さん、こんばんは。
>起動の時に前端が「どん!」と持ち上がるのに驚いたり。(笑)
へぇ(@@;、ED77は1980年夏に磐越西線で撮影しただけ、ED75は駅に止まっている姿を撮影しただけで、じっくりと観察した覚えがありません。面白いですネ。

>モ510
完成を楽しみにしております。

Posted by: みのる | 2009.02.27 01:29

こんばんわ。
75等交流用台車は台車下の引っ張り棒とアンカーで牽引力を伝達しているので、走行も独特ですね。今思えば、あれでちゃんと軸重補償ができているのか謎なのですが。。。(台車構造はむずかしい)

ちょっと疲れ気味なので工作はしないでぼんやりしています。塗装~仕上げ工程は時間が掛かりますね~

Posted by: ほお次郎 | 2009.02.27 23:18

ほお次郎さん、こんばんは。
おわっ(^^;、台車のはレスできないので・・・陳謝。

私も塗り途中で止まったままで、先にも進まず、別のキットを組む訳でも無し、工作STOPです(苦笑)。

Posted by: みのる | 2009.02.28 00:13

The comments to this entry are closed.

« 忘れてはいけない1両 | Main | ガソ・ガソ・ガソ! »