« 戻れない道計画2 | Main | 戻れない道計画2-2 »

2008.11.08

戻れない道計画2-1

さとしさんにもアドバイスを戴いた通り「プラ系車両」だけでも動かせれば良いやぁ(笑)と思い直しまして、KATOユニトラックR490で走行試験をしてみました。なぜか今日はEF57が脱線せずに動いてます(苦笑)。その結果、基本的には今までの線路配置をそのままに、カーブ半径の微調整と一部ポイントの場所移動だけで、上手く行きそうな予感がします。
20081108問題はレールですね。
従来通り70番を使うか?83番に敷き換えるか?
70番ならば手持ちの在庫と取り外した線路がそのまま使えますが、再生するレールの修正作業、特にカーブポイントに神経を使いそうです。しかもDCC対応じゃないですし。
83番ならば、新規にこれから注文を出して購入しますので、荷物が着くまでに時間は掛かりますしお金も掛かりますが、レール自体は新品ですので敷設作業は楽ですし、DCC対応になります。
悩みどころですねぇ(^^;。

シーナリーは全面修正します。
さっそく今まで築堤だった場所を切り取って、手前側の橋(の部分)を延ばしました。DD54と一緒に写っている本は『Railguy』DD54特集号~!この1枚は播但線の生野~長谷で、この本に載っている中で一番好きな写真です。こんな雰囲気で作れたら好いですネ。まぁレイアウトの端になってしまうので、同じに作るとなると背景等々の問題山積みですけど(汗)。
目標は高く持ちましょう~。
同じRailguyの旧型電機特集表紙の「吾妻線:切り通しを抜けるEF12」の写真もビンビン来ます!本線系の風景は無理ですけど、亜幹線なら何とかなるかなぁ???「本線系(複線電化)の車両を動かすには、風景に違和感があるのでは?」の疑問は、複線が離れて単線に見える風景で好いべぇ~!?と、自分を納得させる事にします。
次の報告は、来月にでも(爆)

|

« 戻れない道計画2 | Main | 戻れない道計画2-2 »

Comments

みのるさん、おはようございます。

戻れない道・・・ご苦労様です。
線路はやはりDCCレディのCODE83の方が良いと思います。
せっかく、9600もDCC化したのですから。

当方も小さなレイアウトでも造るべぇ~と思ってはおりますが、何分センスがないので、線路敷いたら終わり・・・という事態になりかねないのが

しかし、寒くなりましたねぇ。ハンダゴテ作業も楽になりそうです。
そろそろ「罪庫」の一部でも組もうかなとも思っています。
手ごろなところで、アルモデルのキットから攻めようかな。
大掛かりなところでは、BACKWOODS MINIATUREのOn30蒸気機関車のキットがありますが、こちらは日本型蒸気に化かそうと思っています。
あしたは、どっちだ

Posted by: Myabi木下 | 2008.11.08 08:32

Myabiさん、こんばんは。
キットを組むんだ!組むんだ!!ジョ~。

アドバイスをありがとうございます。やっぱり83番で敷こうかな(^^;。
そう言えば、私もハンダ工作はトンとご無沙汰です(苦笑)。そろそろ恋しい季節になりましたよね。真似してアルモデルと軽便祭特製キットを手篭めに!?してみましょうかねぇ(笑)。植原氏の好作例を見た後ですので、我家はもちろん電車化で!(爆)

Posted by: みのる | 2008.11.08 17:47

みのるさんのこの記事に影響されて、自分のブログの初めの頃に記事にした、16番の運転盤の線路敷設をやってます(^^) 使用したTilligのカーブポイントのせいで、最小半径が484mmになっています(シノハラのDCC対応6番カーブポイントは、分岐側のカーブ半径が430mm位だったので使用を諦めました)。収納を考えるとシーナリィは凝れないなーと思ってます。

あとこれまた影響されて、Gゲージのレイアウトのリビルドも計画中です(^^;

Posted by: 青野@洞爺鉄道 | 2008.11.09 05:47

青野@洞爺鉄道さん、こんにちは。

うぇ(^^;、篠原6番カーブポイント(83番DCC対応)の分岐側は実質R430ですか!?
設計値と違うのは当然ですけど、これは急すぎて使い難いですネ。6番を注文しようと思っていましたけど、7番にします・・・(汗)。情報をありがとうございます。

Posted by: みのる | 2008.11.09 16:04

青野さん、今Walthersのカタログ見ました。
何と!コード83は6-1/2番でも外径24寸(約600)内径20寸(約500)の設計値なのですね(@@;驚。これが6番なら・・・大汗。
いやぁ(^^;危なかったです。
注文した製品がもし手元に来ていたら途方に暮れるところでした~。
ポイントは分岐角ですので、カーブ半径は問わないけれど、記憶に間違いが無ければ、コード70の6番が設計値約660と約550の組み合わせでしたので、すっかり同じ規格だと思い込んでました。情報、感謝感謝です。

Posted by: みのる | 2008.11.09 17:15

私は一度途方に暮れました

Posted by: 青野@洞爺鉄道 | 2008.11.09 18:49

あ゛~(^^;、御愁傷さまです。
先達の犠牲があってこそ、道は開かれますので(感謝)。
On30に使い回せれば良いのですが・・・

Posted by: みのる | 2008.11.09 20:09

皆さん、こんばんは。

うわ、篠原のDCCフレンドリーポイントは規格が違うんですか・・・。
当方でもアメリカン・ロギング鉄道(HO)は篠原のDCCフレンドリーを使う予定です。
シェイやらハイスラーやらクライマックスなので、R500あれば大丈夫だとは思いますが、肝に命じておきます。

Posted by: Myabi木下 | 2008.11.10 18:38

Myabiさん、こんばんは。
コード83のラインナップは、既存の70番や100番と少し違うみたいですね。私も青野さんの書き込みを見て、WALTHERSのカタログを見るまで、全く知りませんでしたorz。

ところで、いつの間に!?HOロギングを開業したのですか?(@@;
てっきりOn30だとばかり思っていました
楽しみですネ

Posted by: みのる | 2008.11.10 19:48

えへへ

実はHOでもロギングをやろうと思っているんですよ。
というのも、On30のクライマックスコンバージョンキットの種車として買った、BACHMANの今は亡き、CLIMAXのアンデコがあるのに気づいて「あ、ロギングやろう」と思った次第でして・・・(汗)

一応、鉄道名は決まっているんですよ「Cascade Creak Lumber Company」略して「CCLC」といいます。

当然DCC化します。
ログカーもリバロッシのログカーが10両ほどすでにあったりします。
しかし、プランがねぇ・・・なかなか決まらないんですよ。
できれば畳1枚程度に抑えたいんですが、SAW MILLのサイズからすると、もう少し大きくなりそうで・・・。

On30のロギングもやろうと思っているのですが、こちらはどうなっていたことやら・・・設定も何も決まっていません(゚▽゚*)

Posted by: Myabi木下 | 2008.11.11 18:25

あ、思い出しました。

On30のロギングは「Suhichimy Lumber Co.」でした。
シェイがメイン機になる予定でした。

Posted by: Myabi木下 | 2008.11.11 20:30

Myabiさん、こんばんは。
レイアウトを考えるとストラクチャーやアクセサリーやフィギュアの豊富さでHOの方が有利ですネ。でもR500ですと最低でも1100mm必要な訳で「たたみ1畳」では辛いです(^^;
On30も考えてみればシェイはR500余裕ですから、同じスペースでレイアウトが作れそうに思えます。
先にメインとなるストラクチャーを完成させておいてから、地面作業に移ると比較的気が楽です~。

Posted by: みのる | 2008.11.11 22:18

みのるさん、こんばんは。

そうですねぇ、半径R500だと最低でも1100mmになりますよねぇ。
いっそのこと、モジュールにしたほうがいいかもしれませんね。
KATOの40mm高のモジュールパネルを使えば、900mm単位での直線と、コーナーパネル(サイズ詳細不明)で、R500はかせげそうです。

Kalmbach社からロギングモデリングの本があって、それのレイアウトプランのサイズが4”×8”なんですよね。
それだと厳しいので、やっぱりモジュール式かなぁ。

まぁ、ぼちぼちと進めていきますです、はいぃ~。

Posted by: Myabi木下 | 2008.11.13 02:02

KATOのコーナーパネルは100mm高も40mm高もおんなじ寸法ですよ。600mmの正方形の角を切り落とした六角形です。

ちなみに今作っている16番の運転盤は、100mm高のコーナーパネルと600mm長のパネルの組み合わせで、1800×1200mmのサイズで作っています。モジュール同士の電気接続は別にコードを通してコネクタでつなげているんですが、流石にモジュール6台分を一気に作業するのはしんどかったです(^^; 駅部分は3台のモジュールにまたがっていて、かつアナログ車輌も走れるようにとブロック分けしてしまったので、更にコードがしっちゃかめっちゃかに…。

Posted by: 青野@洞爺鉄道 | 2008.11.13 02:47

青野さん、情報ありがとうございます。
う~ん、そうすると、最小サイズで2100×1200mmとなるわけですね。

それだけあれば、なんとかなりそうですね。
製材所と伐採場所が盛り込めれば、なんとかなりますね。
でも900×600mmでは無理そうですね。
運搬を考えると900mmが最大サイズですからねぇ。

Posted by: Myabi木下 | 2008.11.13 18:36

こんばんは。
どうにもこうにも余裕が無くて、サロンは休んでしまいました(^^;。
上手い方法が見つかって、着工出来ると良いですネ

Posted by: みのる | 2008.11.13 23:07

みのるさん、こんばんは。

下期に入って、「残業時間ゼロ」指令が出てしまい、懐具合がさびしくなりそうな昨今であります

レイアウトというかいわゆる地面モノは、On30のモジュールも造りたいし、石灰運搬される地方私鉄(1/80 13mm)のモジュールも造りたいし、HOのロギングもやりたいし・・・。
でも資金が・・・(。>0<。)

とりあえず、手持ちの車両で遊んでみたいと思います。

Posted by: Myabi木下 | 2008.11.15 17:34

Myabiさん、こんばんは。
まぁ昨今の情勢をみると勤め先が潰れないだけでもましと思うしかありませんね(^^;。
何よりも「作りたい」のモチベーションを持っているのは良い事だと思います~。私はあと数日で何とか一山越せそうですので、少しハンダ付け工作を復帰しようと思ってます。

Posted by: みのる | 2008.11.15 19:52

こちらは何とか組立式レイアウトの状態になりました~。本線ユニトラックのままですけど(^^;

Posted by: 青野@洞爺鉄道 | 2008.11.18 01:24

みなさん、こんにちは。

私も地面モノやろうと思っているのですが、すでに今月は赤貧状態で、何もできません。

あと1週間待たないと、給料日になりません。
あ~辛いですねぇ。

Posted by: Myabi木下 | 2008.11.18 11:52

青野さん、Myabiさん、こんばんは。
仕事に忙殺されて何もできませんでしたが、仕事は本日何とか一段落しましたので、「戻れない道計画」をこれからボチボチ進めたいと思います(+_+)。

青野さん、Blog拝見しました。
ユニトラックそのままでも良さそうに思えます(^^;。楽しみにしております~。

Myabiさん、先にストックのストラクチャーを組むのはいかがでしょうか?

Posted by: みのる | 2008.11.18 20:04

The comments to this entry are closed.

« 戻れない道計画2 | Main | 戻れない道計画2-2 »