« 戻れない道へ | Main | お久しぶりねぇ »

2008.10.11

EF15/16まんせー

0017831NGDCCの汎用サウンドデコーダーにEF15/16用が加わったのを知ったのは、つい最近でした。
さっそく2両分、仕入れてきました。未だにデコーダーのテストベンチは作成していませんので、どんな音になったのかは確認できていません。サイトに拠れば汎用旧型電機サウンドデコーダーの汽笛とは少し変えてあって、さらに2種類から選択できるようになったそうです。

正直言って、実車の走行音は忘れてしまっています(汗)。EF15とEF58、或いは他の旧型電機の音も覚えていません(大汗)。違いはよく知りません(滝汗)。でも汽笛の音は車種ではなく、車両ごとに微妙に違っていた記憶もあります。

模型として考えると、やはり汽笛の音が車両で変えられるのは嬉しいです。
以前サロンで、ほお次郎さんのEF58(NGDCCのEF58用)と自分のEF16(NGDCC汎用)を重連させた時に、汽笛の音が全く同じで幻滅してしまいました(苦笑)
詳しい方は○○番の汽笛は××な感じ、と判るのでしょうけど、自分は単に重連させた時に補機と本務機の汽笛が違うだけで満足です。今回の製品はそれが可能になっているので、今から取り付けが楽しみで仕方がありません。まぁEF15/16以外の旧型電機は重連でを動かさないでしょうから、今のところ汽笛音2種類でも平気でしょうね

天プラのEF15/16ですが、独身貴族の特権で増えも増えたり現在配置両数7両です(うち3両がEF16:笑)。本当は7両中の5両をEF16の各形態(元福米・車高・28番・車低)に当てても構わないのですけど、さすがに補機ばかり増えても遊び難いですからねぇ

|

« 戻れない道へ | Main | お久しぶりねぇ »

Comments

ご無沙汰いたしました。
やっと多忙シーズンもおわり、なんだか脱力してしまいぼーっと過ごしています。時間は出来たけれど、まだ模型に向かう気持ちがでてこない?

NGDCCの15用は音が選択式ですか!すごいなぁ。最初は音が出るだけで感動できやうんですが、やっぱり二台で走らせると全く同じなのがちと悲しいです。58の車体加工計画、落ち着いたらまた進めてみます。手元の汎用ELつり掛けは何に使おうかなぁ。57搭載スペースはありそうですが、どこから音を出そう?と考えると難しいなぁ。

Posted by: ほお次郎 | 2008.10.13 16:46

ほお次郎さん、こんばんは。
おぉ一段落なさいましたか!?(祝)

EF57は、やはりウエイトに穴を開けるか、削るかして、スピーカーを収める場所を捻出するしか無いみたいですネ(^^;

Posted by: みのる | 2008.10.13 17:32

こんにちわ

風邪を引いてダウンしてしまいました。思えば3年ぶり?緊張から解き放たれたからでしょうか。

ごなな のサウンド化は手ごわそうですね。サウンド対応でユニットに穴が開いていると良かったなぁ。あ。。。そうすると牽引力がなくなっちゃうのかな?
96からヘッドライト内臓のLEDランプになりましたが、これなかなか良い発色ですね。秋葉原辺りで売ってないかなぁ。電球色チップ、買ってもどうもイマイチなのが多くて。

Posted by: ほお次郎 | 2008.10.16 15:21

ほお次郎さん、こんばんは。
お風邪でしたか!?お見舞い申しあげます。

ゴナナのサウンド化、
ウエイトユニットに穴を開けるしかなさそうです(^^;。前回、穴を開けてサウンド化したEF16は雑音が酷かったので、スピーカーの周囲を木工ボンドで止めたら(廣瀬さんDE10の真似)雑音が無くなり、より大きな音になりました。

チップLEDは白色にオレンジ色マジックで着色すると、「らしい色合い」になると何処かで読んだ覚えがあります?違ったかな??

Posted by: みのる | 2008.10.16 19:59

みのるさん

早速参考にしていただいたようで、光栄です。
やはり、スピーカーの固定と近傍の隙間埋めは、重要なようですね。このあたりの、ポイントを「DCCサウンドのためのヒント集」に書き忘れていたのかもしれません。また、追記しておきます。

PS
DE10のサウンド改造は、トップから「鉄道模型 13mm 」→「工作帳」→「KATO DE10DCCサウンド取付」です。

Posted by: 廣瀬 | 2008.10.19 19:28

廣瀬さん、こんばんは。
さっそく参考にさせて戴きました。
スピーカーの固定は当初「外れなければ大丈夫であろう」程度に考えていただけに、周囲をしっかりと隙間無く固定する事が大切だと実感しました。ありがとうございます~。

Posted by: みのる | 2008.10.19 21:35

The comments to this entry are closed.

« 戻れない道へ | Main | お久しぶりねぇ »