« 8月17日の戯言 | Main | 続々、大糸線の旧国 »

2008.08.18

謎が解明

旧国関連のサイトでたまに見るのが「旧形国電の記録」さまです。大糸線に触発されて久しぶりに覗いてみると、特集記事でUPされていた大糸線の撮影日が自分と一緒!何となく嬉しくなってしまいました(^^;。自分は1981年6月20(土)に夜行アルプスで訪問して翌21(日)に戻ってきました。置き換え直前だったのでお仲間が多かったです(笑)。
19810620120信濃大町側から
クハ55434
クモハ60099
クハ55438
クモハ60107
クハ68001
クモハ54005
乗った編成のメモは比較的残しておく方ですけど、以前から太字のクハ68001が記載ミスじゃないか?と思っていました。お判りでしょうか?奇数向きの車両なので運転台位置が寄ってしまうのです。それで昨日上記サイトを拝見していましたら、確かに奇数向き車両が連続しています(驚)。全てMT2連の組み合わせだと思い込んでいたのが、そもそもの間違いでして、本来サハ付4連+2連(更に+2連もあり)の4連運用の部分だったと気がつきました。
いやぁ~、Webの力ですねぇ(^^)。祝!解明
自分はこの日、訳が判らないままテキトーな場所でテキトーに撮影して帰って来てしまいましたが、編成中にクモハ40が連結されていたり(前日?)、押し込みベンチ(元仙石線)の車両が紛れていたり、もっと知識があればいろいろと資料が残せたのですねぇ・・・。(当日サハ45に乗り損なった悔しさは当時のメモにも書いてありました:爆)
嗚呼!旧形国電の模型が作りたくなってきたぁ~。やっぱり模型市でアレを買っておくんだったなぁ(後悔)

|

« 8月17日の戯言 | Main | 続々、大糸線の旧国 »

Comments

みのるさん、こんばんは。

Nで大糸線を本格的にやろうとすると改造点が多いんですよ。

クモハ43801は前面窓の原型復帰改造。
サハ57401は切り継ぎとトイレ窓改造。
クモハ60はクモハ41にクモハ51の前面をそのまま付けると全長が長くなるので、乗務員扉前の客用ドアと窓の間の切り詰め改造。

とまぁ、かなりの改造を要求されます。
ですので、16番の特定番号車のラインナップはうらやましい限りです。
私も旧型国電の記録さまはよく利用しています。

今は福塩線41系・51系と片町線の73系のNの仕掛があります。

それよりもOn30のレイアウトを・・・尻に火がつかないとはずみが付きそうにないです

Posted by: Myabi木下 | 2008.08.19 19:13

Myabiさん、こんばんは。
レスをありがとうございます。
On30レイアウト新作は諦めて、青野さんのを借りましょう(^^;。残り1ヶ月!

Nゲージも凝ると加工個所が多くなりそうですね。最近は眼がついていかないので、Nの加工は諦め気味です。福塩線も大糸線と同じで1色塗りで済むのが好いですネ(笑)。

Posted by: みのる | 2008.08.19 20:35

The comments to this entry are closed.

« 8月17日の戯言 | Main | 続々、大糸線の旧国 »