« 庶茂内鉱業の9号機 | Main | 三重交通デ62、その2 »

2008.04.13

三重交通デ62

ちょっと息抜きをしようと、ワールド工芸「三重交通デ61形」キットの箱を開けてしまいました(^^;。昨晩ココまで組みました。
0013098「おらぁ気にしねえぇよぉぉ~」と言う方は問題は無いでしょうけど、相変わらず気になる点をいくつも見つけてしまい、手が止まっています(苦笑)。

三重交通三重線のデ62の仕様にするつもりで組み始めましたが、さっそく途中で一旦バラしました(爆)。今回はいつもの薄板0,1mmではありませんので何とかなりましたよ(^^;。構造上、妻板を取り付ける前に屋根上の工作を仕上げておかないと、ランボード脚のハンダ処理ができませんでした(汗)←だからバラしたorz。
しかも取り付け穴がワールド工芸にしては珍しくプアーです。かなり隙間ができて位置決めに苦労ました。

ランボードの脚は4本です(キットは6本脚。組立後に気がついた:汗)。
前から見た時に、パンタ台、ランボード、スノコ上のランボードの位置関係は、本来はもっと狭まっています(もう付けちゃった:汗)。
スノコ上のランボードはもっと幅広ですし、脚は両端のランボード上に渡した棒?で支えられている構造ですので、そのまま組むとチョッと違いますね。せめてランボードだけは、パンタ台の際まで寄せたい気分です。
せっかくキットから組むので、自分は気にしますよぉ!!!

さぁて、作り直しだぁ・・・。
キットをお持ちの、そこのあなた!一緒に底なし沼にはまりましょう。

|

« 庶茂内鉱業の9号機 | Main | 三重交通デ62、その2 »

Comments

みのるさん、こんばんは。

うあ、私も買っちゃいましたよ。
そんなに違うんですか・・・。

まぁ、私は実車を知らないので、こだわりはありませんが、やはりそこまで違うと・・・ちょっと、ひきますねぇ。
アートプロさんの特製完成品だと直ってるんですかねぇ。
気になりますぅ。

Posted by: Myabi木下 | 2008.04.13 20:14

Myabiさん、こんばんは。
いえいえ(^^;、大して違いはありません(写真も少ないし)。
しかし知ってしまうと気になります(笑)。「違いの判る男」ではなくて「知りすぎた男」になると注意です!(爆)

今回はランボードとパンタ台の取り付け穴がスカスカなので、組む時には気をつけてくださいネ。完成品を買った方が好いかもしれません。

Posted by: みのる | 2008.04.13 21:19

ナローは。。。ワールドの白土2号機にお手つきをしたままお蔵となっております。

モーターもスローが効いてなかなかの製品ですが、ロコ単体になると集電不良気味でなかなか調子よく走ってくれません。やっぱりシューを付けないとだめかなぁ。2軸車は難しいですね~

Posted by: ほお次郎 | 2008.04.14 22:35

ほお次郎さん、こんばんは。
ワールドのロコは低速でスムースに動くので好きです
反面、汚れに弱いですネ。こまめな掃除は欠かせません(^^;。
活白は小さいですからねぇ。集電シューは必要かもしれませんね。

Posted by: みのる | 2008.04.15 00:15

The comments to this entry are closed.

« 庶茂内鉱業の9号機 | Main | 三重交通デ62、その2 »