« TMSゲット! | Main | 昨日の散在と宿題 »

2008.02.19

EF16組み付け

0011524長らく庶茂内工場に入場していた天プラEF16がようやく出場できそうです。
ナンバーはEF16-31にしました。外観はテールライト位置を修正して、31号機の特徴である三菱製デッキ端、ワイパー、補助手すり、水タンク脚を取り付けました。内部の汎用デコーダーも無事に組み込みが出来たのですけど、肝心のスピーカーを入れるスペースが全く見つからず、とりあえずキャブ内に15mmを1つ、車体内部に20mmを1つ入れました。
悔しい事に音はかなり小さいです。
走行中は、モーターやギアーやユニバーサルジョイントのぶれる?音の方が大きいです(^^;。意味無いなぁ~。
とりあえず「汽笛」は鳴り響くのが救いでしょうかorz。キャブの天井に納まるような20mm×15mm位の角型スピーカーでも手に入れば、少しは違っていたのでしょうけどねぇ。苦労した割には残念な結果でした。
明日はサロンだそうです。久々に出かけてみようかな?

|

« TMSゲット! | Main | 昨日の散在と宿題 »

Comments

音が小さいとのこと・・・

シェフの会議室で見ましたが、スピーカーの片側が密閉されていないような気がします。密閉しておかないと、表裏の音が打ち消し合うので、音量が下がる恐れが有ります。
どのような感じでしょうか?

Posted by: 廣瀬 | 2008.03.08 02:57

廣瀬さん、こんばんは。
なるほど、裏側を密閉した方が良いのですね。ありがとうございます。天プラ電機は積み込みスペースが小さいので苦労します(^^;。

Posted by: みのる | 2008.03.08 13:13

やはり塞いでおられないようですね。
普通は、コイル側を塞ぐわけですが、現状の取付状態では、どちらを塞ぐか悩ましいかも知れません。
音の出る隙間をどちら側にするか見極めて、反対側を塞ぐことになりそうです。なお、車体が変に共鳴すると、音域によっては、音量が下がる可能性も有ります。よほど旨く設計しない限り、コーンの反対側の空気の振動を、表面の振動と位相を合わせるのはムリ(1/80サイズでは、長さを稼げない・・・バスレフ式オーディオスピーカのサイズから考えても小さすぎる!)ですので塞ぐしかないと思います。

ホーン形状にする事を提唱されている例も有りますが、オーディオ用では、高域用のスピーカーでしか見たことが無いので、かなり疑問が有ると思います。ちなみにオーディオで言う高域に当たるような10kHzを越えるような帯域は、模型用のサウンドで元々データとして含まれていないような気もします(聞いている限りではそんな高い音じゃ無い)ので、再生を考える必要もないと思います。

Posted by: 廣瀬 | 2008.03.08 18:06

廣瀬さん、こんばんは。

サウンド対応を考えていない日本型の電機やディーゼルにスピーカーを乗せる時に、どうすればより効率的に大きな音が出せるか?の方法論を書いているサイトは、自分が探した範囲では見つかりませんでしたので、詳細をありがとうございます。

先日購入したMRCのエンクロージャー付きスピーカーはコーン側を塞いであって、素人身には音が出ないのではないか?と思っていましたが、とても大きな音が出てビックリしました。
http://www.snjpn.com/ngdcc/sp/speakerSelection.htm
残念ながら高さ寸法が高すぎて入れられませんでしたが・・・。

Posted by: みのる | 2008.03.08 20:28

The comments to this entry are closed.

« TMSゲット! | Main | 昨日の散在と宿題 »