« また蕗を | Main | 発見‐歌登の単端 »

2007.11.06

荷馬車

11月ですねぇ。
Pict245420071106
馬が牽く牛乳荷車を作っています。
荷馬車ですよネ?
果たして簡易軌道が改良工事を済ませた後も、馬で牛乳缶を運んでいたのかは判りません(^^;。もしかしたらトラクターに変わっていたかもしれませんね。Webでクラシック・トラクター!?なるページやクボタ・ヰセキのサイトを見ると昭和30年代半ばに国産トラクターの導入が進んでいたようです。これはこれで興味がある素材です(笑)。
参考にした『トワイライトゾーンMANUAL5』(馬鉄が出ている号)には、古いトラックか何かのタイヤを利用した荷馬車が出ていましたので、形態はそれに倣いました。しかし使ったタイヤは食玩のセリカGT-FOURです(爆)。ホィールが違和感バリバリですネ。使えるタイヤを探さないと・・・。直さないと・・・。

|

« また蕗を | Main | 発見‐歌登の単端 »

Comments

問寒別では、道産馬が橇を引いて牛乳缶を運んでいました。写真は保育社カラーブックスの「軽便鉄道」に出ています。

浜中では、トラクターやら、ライトバンやら、いろいろありましたが馬は見ませんでした。

私の行った頃(70年から71年)、北海道には荷馬車がまだ結構ありました、日曹でも、夕張でも、大夕張でも、三井美唄でも見ましたよ。

だから、設定としては不自然ではないと思います。

Posted by: 片岡 | 2007.11.06 23:49

片岡さん、こんばんは。
ありがとうございます。
北海道のイメージとして馬橇だったのですが、炭鉱では荷馬車もあったのですね(^^)。牛乳缶の荷馬車も良いけど、炭鉱で活躍する荷馬車も作りたくなります(笑)。

Posted by: みのる | 2007.11.07 19:49

The comments to this entry are closed.

« また蕗を | Main | 発見‐歌登の単端 »