« 発掘品 | Main | 大乙化3 »

2006.03.15

大乙化2

へぇ~、ホワイトディだったのですか、バレタディもホワトディも関係無いやイッ。と、のっけから投げやりなカキコで始まりました(^^;;
さて、足尾のフォード大乙化報告2でございます。
DSCN20201前回、線バネによる軸受け方法を試しましたが、車輪の出っ張り凸が短すぎて、線バネ内側の軸受けに軸がブツカリ今1つ上手く廻りません(何故?)。バネのフワフア感はひじょうに好い感じでしたが、自分の工作精度では無理みたいなので、旧態依然の車輪を組んだら外せないギアーボックス仕様に戻す事にしました(汗)。軸受けは新たにワッシャ―を使って作り直しました。

DSCN20205下回りパーツ一式です。
台枠外側に、車輪止めと内径2.5mmのワッシャ―をハンダ付けして、車輪側軸受けにしました。台枠に本来開いている軸受けはヤスリで広げて軸がぶつからない様に加工してあります。大ギアーのパイプも作り直し(と言っても細密パイプを切っただけ:笑)、モーターも90度反転させないと収まりませんので、モーター受けは台枠から切り離し、上下?逆に付け直しました。ウォームギアーを付ける前に転がしてみたところ、何とか動きそうな感じデス。まだ引っかかる部分がある事はあるのですが・・・。
やはり貨物移動機13mmバージョンの下回りを移植した方が楽々なようです。でも今回は新規部品を買わずに済みそうな予感!!!(^^)v。
あっ、おかげさまでデ51のステップは届きました(感謝)。上手くすれば足尾とデ51の2両いっぺんに落成かもぉ。
取らぬ狸の皮算用(--;)、二兎を追うもの一兎をも得ず(-o-)、さてどうなるでしょうか???

ところで、こういう作業の時は皆さん図面を引くのでしょうか?自分は現物合わせ作業なので図面は全然引きません(^^;。いっさい寸法云々の話が出てこない理由・・・(苦笑)

|

« 発掘品 | Main | 大乙化3 »

Comments

大工事になってますですねー!!でも、乙化の魅力は大ですのでファイトーですー!!
(ぽしゃってもサービスセンターに相談すれば再度チャレンジできそうです!気休めにならない??)

僕も現物合わせで切り刻んでます〜!

Posted by: kondoura 近藤 | 2006.03.15 12:17

kondouraさんの切り刻みの技術(魔術?)には及びませんが、つい刻んでしまいました(^^;。果たして上手く走るのか?これから作業します~。
上手く行けば次は大乙地面!?ナィナィ(--;

Posted by: みのる | 2006.03.15 21:08

The comments to this entry are closed.

« 発掘品 | Main | 大乙化3 »