« サウンドデコーダー | Main | R1VとP2と »

2006.02.21

ご無沙汰?

何故疑問形なのかは深く追求しないように(^^;

宇都宮線が人身事故で止まっていたそうな。
確かに今日みたいな陽気(気圧?)なら飛び込みたくなる気持ちは良く判る。実際「もう、いいやぁ~」と感じる事が多いのは確かだから。でも解決にならないんですよね。なお私は飛び込まないので!間違わないように!!!(そこんとこ夜露死苦:笑)
DSCN5043さて、どうにも・こうにマイクロエースの183系に振り回されて、他が何も進まなかったと言うのは言い訳です(^^;。とりあえず5両編成ながら、ウェザリングを済ませて庶内レイアウト上で試運転をしています。R450はちょっと厳しいです。でも動く事は動きます。何かのきっかけで脱線します(笑)。原因究明には手を焼いています・・・。もちっと手を入れないといけませんネ。
とにかく細かく出来ています。給油口のハンドルもちゃんと菊形ですし、屋上機器のディテールも秀逸。でも塗装がヘタレでは如何に細かく出来ていてもダメですねぇ。筋彫りも太いし。変に細かい表現を追及するよりも塗装仕上げをきれいにして欲しいです。もしこんな仕上げでTMSコンペに出したら選外佳作努力賞にしかなりませんねぇ!メーカーは猛省するように!!!(おっ偉そう!?)
市販品で、こんなに手を掛けているのだから勿体無いですヨ~。

ネームはオホーツクにしました。1983年に乗った列車の車両番号を貼り込んでます。そう言えば、むかし「流氷特急オホーツク」と言ってたような記憶が・・・。まぁとりあえず好い感じなのではないかなぁ。
こうなるとレイアウト共々、北海道モノに特化したい気もしてきます。

|

« サウンドデコーダー | Main | R1VとP2と »

Comments

>北海道モノに特化したい気もしてきます
うわー 完全に、お株を奪われそうです(笑)
(でも、どんどん、奪ってくださいね)

この写真を見ると、R450も結構行けますね。
やはり、内側から見るようにすると、良いのでしょうか? 参考になります・・・

Posted by: 廣瀬 | 2006.02.23 00:15

廣瀬さん、こんばんは。
たぶん北海道計画は計画だけ・・・かも(汗)

いやぁココはR500なのです(^^;。下段がR450ですが、かなり厳しいです!

急カーブは内側から見るのが鉄則ですね。ここも外側からは敢えて見えないようにしています~。

Posted by: みのる | 2006.02.23 01:44

R450と500、Nゲージに置き換えるとR240と270位ですよね。見て気になるかどうかというのはあるものの、この位のカーブは曲がって欲しいと思います~(^^;

Posted by: 青野 | 2006.02.23 17:17

青野さん、こんばんは。
昨晩「燐光人間」(怪奇大作戦)見ました。救われない話が多いような気がします~(T_T)この番組。科学と関係しないし・・・(^^;。

さてR450.
何とか通過します。R500ならOKですね(プラ製品は)。

Posted by: みのる | 2006.02.23 20:20

『氷の死刑台』の冷凍人間さんが、多分一番不憫ですよ~(T_T) 疲れて会社サボったら冷凍人間にされて、目覚めたら7年経っていた、という。それで本人は自分の境遇に全く気が付いていないのが哀れで。

HOユニトラックのR490を基準カーブにしてもらいたいなーと思う今日この頃(無理やり鉄道模型の話で終わらせてみたり(^^;)

Posted by: 青野 | 2006.02.24 11:27

あっ題名は燐光人間じゃなくて「光る通り魔」でした(^^;。しかしナンヤカンヤ言いながら、毎週しっかり見ています>自分・・・。

最近のプラ1/80製品はブラスに比べて急カーブに強いですネ。今後R450を確実に走行できる性能を維持できれば、裾野も広がるのではないかと思います。変にディテール追求に走らないで、気持ちよく「走る」製品を出して欲しいです~。(まとまったかな?)

Posted by: みのる | 2006.02.24 16:13

The comments to this entry are closed.

« サウンドデコーダー | Main | R1VとP2と »