« 玉は止まらない | Main | 帰ってきたDCC右往左往 »

2005.12.17

玉:細かな見所

チョッと間があいてしまいました。
これから「模型で見る東急玉電物語」へ行こうかな?と感じていらっしゃる皆様への予備知識として、こんな細かな部分も凝っていまっせと宣伝しましょう~。
DSCN4562
まずは私の用賀駅から。
なぜか知らぬ間に参考実物写真(RML15)が置いてありました(笑)。わぁ間違い探し(^^;はダメです~。焦ります。何せ入口正面のモジュールですから、困りますねぇ~(実は嬉しい)。駅舎の或る部分に今回の企画ポスターが貼ってありますからお見逃しなく!?
ワザと目立たない所に貼りました(笑)。

DSCN4560 DSCN4547
左は長者丸さんの三茶電停です。「左折車は・・・」の看板が効いてます。更に道路には「アスファルトのひび割れ」が実しやかに表現されています。信号機や街灯など徐々に追加していくと聞いていますので楽しみです。
右は西本さんの246号線です。単なる道路表現だけでなく、何と工事中の情景とは!この発想がニクイです~。湿った土の色や感じが秀逸だと思います。

DSCN4558
シェフは、二子玉川園の駅と三茶分岐点の大物2作品。二子玉駅は現在ディテールアップ作業中ですので、チョッと置いておいて、三茶分岐点の画像をご紹介します。目線を下げて歩道橋の下から覗き込むと「おぉ紛れもなく玉電の頃の三茶の情景が~」さすがシェフですねぇ。好いですねぇ~。
他の方々も、いろいろと趣向を凝らして作っていますので、目線を下げて細かな点もジックリご覧になってください。

ところで、こう玉電に染まって生活が続いていると、玉電車両が欲しくなってくるのは当然の成り行きです。しかし乗工社亡き後、キット流通は皆無の状態。特に80形や200形が欲しくなります(^^;。会期が終われば一気に熱が冷めるのは判りきった事なんですがね(苦笑)。イモンのアウトレット買に行ったら既に玉電塗装は売り切れていたし、天4Fで余計な買い物してしまったし、ココが思案のしどころです~。さてどうしましょう???

|

« 玉は止まらない | Main | 帰ってきたDCC右往左往 »

Comments

うっかり、目撃してしまいました。
あれ、どのように活躍するのでしょう??

土曜か日曜日に見に行ってみようかな?

Posted by: ム | 2005.12.17 05:29

本日13:30ごろ、拝見させていただきました。
他のお客さんたちが電車の動きを眺めている中で、一人、目線を低くして、シーナリーやストラクチャーをじっくり観察していたので、変わった人に見えたかもしれません。
みのるさんの作品を生で見ることが出来て、いろいろと参考になりました。
しかしまぁ、短期間で、あそこまでよく作りましたねぇ。お見事!

Posted by: さとし | 2005.12.17 23:04

どもども、ありがとうございます。

ムさん、お会いしてしまいました~(笑)。例のブツは勢いで買ったが良いがどうしようか?思案中です(^^;

さとしさん、足を運んでくださいまして、ありがとうございます。う~ん私は遅出で15時過ぎに会場入りしました(お会いできなくて残念です)。搬入後にバージョンアップ作業した甲斐がありました~(^^)。

Posted by: みのる | 2005.12.18 00:12

The comments to this entry are closed.

« 玉は止まらない | Main | 帰ってきたDCC右往左往 »