« 玉企画、開催 | Main | 玉は止まらない »

2005.12.12

冷静に玉企画を顧みる

「模型で綴る東急玉電物語」と思っていた名称は、「模型で見る東急玉電物語」だった事に、今頃気が付くほど冷静さを失っていた玉企画も開催2日目が過ぎました。昨日は日曜日だけあって大変な賑わいだったそうですが、私は仕事が予定通りに片付かず、昨日の会場入りは断念しました。
その模様はシェフのBBSやkondouraさんのブログで紹介されています。
さて、会期は25日まであるのに早々と今回製作したモジュールと自分の按配を振り返ってみることにしました(早ッ!)。
DSCN4503
画像は用賀駅と共に製作した桜新町~用賀の旧道部分です。実際の酒店は「あぶらや酒店」ですが、用賀駅の看板を作って頂いたあららぎさんに敬意を込めて「あららぎ酒店」に変えてみました(^^;。スペシャル・サンクス=ありがとうございました=感謝感激です。

結果論ですが、作る場所を選択し間違えた?感じがします。
自身製作の桜新町~用賀の2モジュールの前後は、三茶と瀬田~二子玉の坂モジュールが並んでいます。この配置を考えると、むしろ瀬田駅を中心とした「瀬田~用賀」で繋げた方が風景の連続性が出来たのではないかと考えています。何せ1ヶ月ほど前までは「玉電」について全く判らない状態でしたので、正直な所「桜新町付近の旧道は、田舎電車にも通じる雰囲気ですよっ」と言われて、「あっそれじゃぁそこ作る!えぇっと何処いら辺だっけ???とにかく資料よろしくぅ~」と言う感じでしたから・・・。全くの人任せ、自分で資料を繰って場所を選ぶ努力をしませんでした。
また、この製作期間(約1ヶ月)ならモジュール2つなんて簡単に作れるわぃと自分に「おごりの気持ち」が強くあった事。その結果、雰囲気重視で作る予定の用賀駅に凝り過ぎてしまって完全に仕上がらなかったばかりか、最初に約束した桜新町~用賀の旧道沿いがおざなりになってしまいました。

実際のところ、瀬田駅なら隣のU太さんと繋げても自然だったし、駅舎やホームといった自作し難い建築物は無いし(笑)、資料は多かったしで、もっと気分的に楽だったかもしれないと想う反面、商店街の作りにこだわった上に、歩道橋の構造が判らずに、瀬田の交差点共々、完成しなかったかもしれませんがネェ。同じ結果かぁ(~~;;
聞くところによると「知らなかった。参加したかったのに・・・」と言うサロン・メンバーもチラホラいらっしゃたようでした。
次回は無いと確信しているからこそ書きますが、
「もし次があるなら、桜新町周辺や用賀~瀬田は誰かに任せるから、自分は瀬田の駅周辺を作るゾォ~!!!」ってホントに無いですよね?(不安)

|

« 玉企画、開催 | Main | 玉は止まらない »

Comments

モジュール2台拝見しました、みのる調が滲み出ていました、イイ感じ。

酒屋の件、いや〜驚きました、正面にバーンだもの・・・
「あららぎさん、酒屋になったの?」といきなり言われて、最初は何のことか判りませんでした。

東横学園、小倉(おぐら)病院は今でも在るようですね。

Posted by: あららぎ | 2005.12.13 01:13

あららぎさん、その節はお世話になりました。ありがとうございました。

いやぁスイマセン(^^;、酒屋にしちゃいました。小物の配置は会期中に充実させます。現在クレート製作中。明日配置します~。

実在看板は地元の人に話題を提供したような事を聞きました。小倉病院の看板は貼る場所が判らなかったので適当に付けちゃいましたが、結果的には良かったです。

Posted by: みのる | 2005.12.13 16:48

あっという間に始まり、あっと言う間に展示ですから、凄いですよね。
まだ見に行っていないのですが、このまま定番企画になるのでは?

Posted by: ム | 2005.12.17 05:25

The comments to this entry are closed.

« 玉企画、開催 | Main | 玉は止まらない »