« ゴハチの事かな | Main | 接合会 »

2005.11.24

玉の駅を作りつつ

玉電プロジェクト、略して玉プロ。ハロプロに似ていると思ったけど冷静に考えてみれば、プロが同じだけですね(汗)
さて、このところ毎日のように玉電モジュールの製作をしています。
DSCN4418以前、書きましたように、「とある駅」と「とある併用軌道」の2つを同時進行で作っています。とある・・・と書いても判る方は直ぐに場所が判ってしまったようで、BBSでもお馴染みのおさむさんから資料画像をたくさん送っていただきました。ありがとうございます。
でも、あくまでも「と或る駅」で進めますヨ(^^;。
さて、駅は出来るだけ実景遵守、併用軌道はMyオリジナルで進めていますが、駅を作りながらフト感じました。これは車両製作と同じではないかと!
かなり以前、シェフと話をした事があります。私は「地面モノをするならば実景に捉われるずに作るべきだ」と。それに対して「全く地面モノに手をつけた事が無い人には、実景というヒントがあった方が手が出し易い」。なるほど今回「と或る駅」を作っていて良く判りました。技法は全く異なりますが、いろいろな資料を見て、寸法を出して、組み立てて行く、と言う方法論は車両製作と全く同じ事なのですねぇ。確かに一度も地面モノを作った事がない人にでも、技法さえ習得すればこれなら出来ると思いました。
いきなりMyオリジナルの心象風景を組み立てる事が出来る人は自由に創れますが、何かヒントが欲しいと思う人は好みの実景を頼りにそのまま製作する必要もある。地面モノにチャレンジしたいけど何から作って良いか判らない人は、好みの実景を作るべし!です。
でも車両と同じで100%同じにはならないですからネ~(^^;。ゴハチの続きは次回。

|

« ゴハチの事かな | Main | 接合会 »

Comments

The comments to this entry are closed.