« 阪和を製作中 | Main | 続:阪和 »

2005.08.23

これは難しいぃ

このところ、毎晩kitcheNの車体を組んでいます。
DSCN4009一昨日は弘南のモハ2025、昨日は高畠線のモハ4、今日はクハ1、です。モハ2025とモハ4は大体2時間くらいで箱に組めたので、おぉ簡単・簡単と高をくくっていた訳ですが、クハ1は3時間かかりました(+_+)。その上前2作と違って気が抜けて?いたので、隙間だらけでハンダてんこ盛り(裏側ネ)の車体になってしまいました。この「前面がカーブしている車両」は、内張りとの合わせが難しいですネェ。しかも前面と側面を合わせた後に丸みを付けなければならないし、前面の際にステップのモールドがあるし、こりゃどうすればいいのぉ???でした。いやはや参りました。
結局、モールドを無視してガシガシ削った訳ですが、16番用の幅が広めなヤスリしか持っていないので、散々な出来です。前面カーブで側面との継ぎ目に丸みをつけなくてはいけない車両は、私にとって「要注意」車両になりそうです。そう三山線のモハ105とか蒲原のモハ81とかネ(^^;。
近鉄ナローに戻ろうかな~(苦笑)。
画像は左から、弘南鉄道弘南線モハ2025、山形交通高畠線モハ4、同クハ1

|

« 阪和を製作中 | Main | 続:阪和 »

Comments

The comments to this entry are closed.