« 栃尾電車完成 | Main | いよいよ夏がきた »

2005.07.12

DF50再び

mizuさんのブログに刺激を受けて、放り出したままのTOMIXのDF50に手すりを付けています。
DSCN3856
いま仕上げているのは九州タイプのDF50です。うまく加工ができなかったので純然たる特定番号機ではありませんが車番はDF50-533にしました。もちろんヘッドマーク付きのブルトレを牽かせたいので所属は大分です。
主な加工点は、明かり窓を埋めた事、乗務員手すりを洋白線に変えた事、前面窓のHゴムを黒色に変更した事、運転士側のワイパーを交換した事、フィルターカバーを新旧混ぜこぜにした事です。エラー車体が戻ってきたお陰で、九州タイプ独特の新旧混ぜこぜのフィルターカバーが実現できました。一応533番風に付けていますヨ。
別付け手すりは先日仕入れたフジモデルのパーツに交換してみましたが、乱暴に扱ったので取り付けている最中に手すりの塗装がはがれてしまいました(泣)。
ところで、この塗装済み手すりパーツは朱色タイプ用で2種類売っていました。1つは全て白色のセット、もう1つは側面のハシゴ(ステップ)が朱色のセットです。よく判らないので両方買ってきたのですが、簡単に調べてみたところ紀勢線のDF50がハシゴ(ステップ)朱色のタイプらしいですね。私が目指す「山陰タイプ」「九州タイプ」は「白」みたいです。また余計なパーツが増えてしまいましたぁ(+_+)。
DSCN3851
mizuさんのブログを真似して、C55の前補機で1枚。無理があるなぁ(苦笑)。

さて、以前触れた壊れたハンダコテは無事に直りました。
新しいヒーターと交換したから・・・、では無かったのです!!!何と電源コードが断線していただけでした。アカエの100Wもそうでしたが、コテの尾っぽ?の部分は工作中に一番負荷がかかるところらしくこの部分が断線していました。ヒーターを交換しても、コテを持つ角度によって、電源が入ったり切れたりする状態だったので、変だなぁと思っていたのですが、情けない事ながら全く気がつきませんでした。勉強代かな(^^;。

|

« 栃尾電車完成 | Main | いよいよ夏がきた »

Comments

ウォ!びっくり、いやぁDF50とC55それっぽいですよ~!即模型で再現できるなんて羨ましいッス。
やはりシーナリーのあるレイアウトを持ってる人のみが味わえる醍醐味ですよね。

Posted by: mizu | 2005.07.13 02:40

mizuさん、こんばんは。
ブログで刺激を頂いたお陰です。ありがとうございました。
DF50とC55はそのままでは協調運転できませんが、共にR450を通過するので嬉しくなってしまいます。

Posted by: みのる | 2005.07.13 20:47

The comments to this entry are closed.

« 栃尾電車完成 | Main | いよいよ夏がきた »