« 上洛記:終 | Main | ダイコンじゃい »

2005.06.09

想いは九州

京都から戻って早10日。7日にはサロンへ顔を出し、鉄分補給をしました。
BBSで報告した通り、Nの9200を組んでいるところなのですが、
DSCN3643毎度突然の事ながら、天賞堂のプラ蒸機(略して天プラ)C55九州タイプを手に入れました。まさか手に入るとは思ってもいなかったので、ただただ驚くばかりです。出来ればC57北海道もあればよかったのですが、さすがに残っていませんでしたネ(笑)。(コレさえも最後の1つ。嗚呼迫力負け?)
さて、このC55ですが、さっそく庶内レイアウトで試走をしたところ、なんとR450は楽々通過!!!これは嬉しいです。もちろんフロントステップや尻棒は付けていません。ご覧の通り付属パーツは未着手、ナンバーさえもまだです(^^;。幸い蒸気機関車のディテールには疎いので「恐怖の特定番号資料地獄」に落ちずに済みそうです。有名なC55-57にして楽しみましょうか(^^)。
DSCN3661
肝心の走りですが、肩を揺する・動きは悪いとの噂とは裏腹に、スムースに動いてくれました。多少起動が渋い感じがしますが、これは動かしていれば当たりが取れると思います。やはりガンガン動かして楽しむ車両にしたいです。画像のように開放テコが上がってしまう状態ですが、これは接着してしまえば問題なし。やはりサウンドデコーダー積もうかな。う~んC55は門デフが似合うなぁ~カッコ良いなぁ~。何牽かせようかなぁ、ワクワク。

|

« 上洛記:終 | Main | ダイコンじゃい »

Comments

天賞堂のプラ蒸気シリーズは、走行性能のよさが光りますね。
私は、キューロクが出たら複数両押えようと思っています。

Posted by: | 2005.06.11 17:35

こんばんはデス。
9600は期待できそうです(^^)。

Posted by: みのる | 2005.06.11 19:47

The comments to this entry are closed.

« 上洛記:終 | Main | ダイコンじゃい »