« 外国型浮気病 | Main | 霜内Vol.7 »

2005.02.21

霜内Vol.6

DF50の話題と思いきや、石灰軌道の続編です。
先日、新額堂へ行って仕入れてきた「ベルトコンベアーのパーツ」を組み立ててみると、思いがけなくと言いますか、案の定と言いますか、かなりデカイです。いやはや大きいです(^^;。サブロクの貨車に積み込む風景には使えますが、ナローの場合はもっと小型のタイプが良さそうです。

仕方が無いので、プラ板やら端材を使いまして自作してみました。
DSCN3158
倉庫の入口からニュッと顔をのぞかせている不思議な物体がコンベアーです(苦笑)。実物がどんな形をしていたのか判らなくなってしまいましたので、適当に雰囲気重視ででっち上げてしまいました(汗)。ついでに馬も脇に置いてみました。更に雨樋も付けました。これで少しは生きている工場の感じが出れば良いのですが…?どうなのでしょ??細々したパーツはどんなものを置けば良いのかも判らないままです。駒形の写真を見ても工場内の線路周りはゴチャゴチャしていないようです。う~ん(+_+)。
車庫もチョッと直したい誘惑に駆られます。この規模ならば車両工場は必要無さそうですから気は楽です(笑)。何せ品川林鉄を見たばかりですからねぇ、ツイ頑張ってしまいそうで…。でも明かり取りを付けたいなぁ~。

|

« 外国型浮気病 | Main | 霜内Vol.7 »

Comments

雨どい、やっぱり好いです。(COOL)でも一度やると、無いのが許せなくなるのでは?ところで、これは製品なんですか?

Posted by: ナガウラ | 2005.02.22 22:44

こんばんは、ナガウラさん
雨樋は見える場所しか付けていない(笑)状態ですし、付いていない建物もありますから、大丈夫かなと。一気に付けるのは流石にめげますので気が向いた時に付けると言うことで…(^^;。

パーツとしてはエコーで出ていましたが、今は無いみたいです。材料は1.0半丸プラ棒です。縦樋は0.8真鍮線、樋受けは1.0プラ角材から作りました。取り付けはt0.2の真鍮帯板を曲げて付けましたので、コレが一番面倒くさいデス(がんばる)。
このブログも絵文字が欲しいなぁ~。

Posted by: みのる | 2005.02.22 23:09

The comments to this entry are closed.

« 外国型浮気病 | Main | 霜内Vol.7 »