« 霜内バージョンアップ2 | Main | 霜内Vol.4 »

2005.02.14

霜内Vol.3

DSCN3125 DSCN3122

チョコチョコと進んでいる「霜内石灰軌道のバージョンアップ」作業です。実際にはたいした事は何もしていませんが(笑)。
今回は、津川の無蓋車にどんぐり式カプラーを装備した事(左)と、畑にフィギアを置いた事(右)です。

まずは無蓋車の話しです。
ディフォルトのカプラーは引っ掛け式でしたので、コレを何とか改造して雰囲気を出す事が出来ないかを考えましたが、良い案が浮かびません。それならばいっその事カプラーを交換しようじゃないかと言うことで、何とエコーモデルの朝顔カプラーに交換してしまいました(^^;。もしかして車両本体よりもパーツの方が高いかも(汗)。カプラーだけはムチャクチャ高級感いっぱいですネ。

もう1つは、畑で働く人の話しです。
ご両人とも北海道の下内村から引っ越してきて下さいました(w。夏なのに長袖姿で気の毒ですネ。左の立っている女性は村営軌道の駅前で話しこんでいた方、右の座っている男性はミルク貨車の上に座っていた方です。元々はエコーモデルの農作業セットに入っていたので、元に戻ったと言えるかもしれません。
う~ん、安直に流用するのも考え物かなぁ~。

貨物駅と工場内も小物を増やして活気付けたいですネ。さてどうなりますか??

|

« 霜内バージョンアップ2 | Main | 霜内Vol.4 »

Comments

The comments to this entry are closed.