2019.10.09

ED77の事

 来年の軽便鉄道模型祭の日程も決まったようです。

2020年9月19日(土)20日(日)です。

むぅぅ、この日程は秋彼岸の入りの土日ですね。見事に被りました(激汗)。たいへん残念ではあるものの 来年の祭はお休み します(撃沈)。こればかりは仕方がありません。お仕事あっての趣味ですから (^^; 。今から祭の成功を祈念しておりますので、スイマセンが来年出展予定の皆さん!

頑張ってください!!(≧o≦)/

 まぁ夕方なら抜け出せない事も無いかな。 ボソ

 さて、珍しく立て続けの更新となりました。軽便祭の話題では無くて申し訳ありません。撮った当時はそれほど思い入れも無かった車両が、後になってじわじわと効いてくる。そんな想い出の車両を模型として手元に置きたくなる歳になりました。一言で言えば懐古趣味でしょうか。前回はEF80の話でした。

 今回はED77の話です。

19800725032

ED77は磐越西線専用の電気機関車でした。磐越西線と言えば、川桁!沼尻鉄道!!!と即反応してしまう軽便マニアながら、今回ばかりは沼尻鉄道を脇へ置いて、電化後の主であったED77が主役です。とは言え追いかけまわした訳でも無く、腰を据えて撮影した訳でも無く、何だか分からないけれど、とりあえず撮影してみた車両、それがED77でした。何じゃそりゃ!?ですよね。

(ご注意:今回は長文です)

Continue reading "ED77の事"

| | Comments (10)

2018.12.01

ナナマル形の話

いよいよ今年も残すところ1ケ月。12月になりました。

 70(ナナマル)形(ガタ)、70系電車と書く方が通りは良いような気もしますが、まだWindows98でダイアルアップだった頃から熱心に閲覧していた有名サイトでは「ななまるがた」と称していたので、70系電車だけはこの名称で呼んでいます。

今年の夏のJAMでTOMIXから電撃予告が出されたのは記憶に新しいところですが、いよいよ、公式サイトにも発売予告が載りました。  

70nagananoなぜ急に70形なのか?と伏線を深読みしてしまいそうになりながらも、これは楽しみですねー。70形は大好きなので期待度もMAXです。特に新潟色は惹かれます。

 発売は3月以降だそうで製品化予告を読む限り昭和25年度の更新車らしいので、クハ76は001~029、モハ70は005~010・101~117、が該当するようです。これを馴染みの旧国末期(1975年辺り)の実車配置表と照らし合わせてみますと、こだわらない方を除いては頭を抱えてしまう方も多いと想像します。サロの発売が見送られたのは痛いですが、売れれば次があると期待したいので、毎度書いておりますが、買って支えるプラ16番の心意気は忘れないようにしたいと思います。

 

70naka 新潟色の70形は乗った記憶の残っている旧型国電です。今を去ること数十年前の話。有志主催のスキー遠足に参加した帰り道、越後中里駅ホームから乗車した車内はほんのり暖かく、セミクロスシートの並んだニス塗りの車内や初めて見るスタンションポール、響くモーター音と激しい乗り心地は記憶の断片に残っています。実際に「この車両が70形らしい」と知ったのは、かなり後になってからでしたし、あの特徴的なカラーリングや外観も全く覚えておりませんが、今でも懐かしい想い出です。

 

Continue reading "ナナマル形の話"

| | Comments (8)

2018.10.06

TOMIXのEF71など

珍しく立て続けの更新になってしまいましたが、

わぉ、KATOから1/80のキハ81とキハ82-900が発売されるんだって⁉

Kurosio 最近は買っても動かす場所は無いけれど、好いなと感じるのはオジサン世代を狙い撃ちした車種選定だからでしょうか。つい先日発売されたNゲージの拡大版になりそうですが、どうせプラ16番ではキハ81発売されないと思っていたので、コレクション気分でNゲージの車両セット「キハ81系いなほ」を買ってしまった身としては、何というか、ひじょ~うに複雑な思いがします。でも今度のNゲージは“いいで”“ざおう”のセットですって!?1979sum2015マニアックな選定すぎて、これも惹かれます(笑)。最近のNゲージはTOMIXもKATOもオヤジの心を鷲掴みするラインナップが多くて嬉しいやら悔しいやら。

 話を1/80に戻すと、たぶんKATOのキハ81やキハ82-900は多くの方が買うと思われますので、敢えて今、自分が買う必要もなさそうに思えます。むしろ本当に欲しい方の手にわたっていただければ幸いです。しかし“買って支えようプラ16番!”の心意気だけは決して忘れずに居ます。心意気だけは・・・。買わないと応援にならないけれど・・・。心意気だけは! 

 それはそうと、ヤフージオシティーズのホームページサービスが2019年3月31日をもって終了ですって?身近なところでは美男(備南鉄道)さんのホームページですし、密かに楽しみにしている1/80我が愛しの鉄道模型さんや、旧国の資料が詰まった旧型国電の記録さんを始め、数々のホームページが消え去る危機を迎えています。ヤフジオを利用されている方はかなり多いと思われますので、これは一大事.。

 さて本題。今週なら雨に祟られずに済んだかもしれない軽便祭から早1週間。祭で出かけていた間に1/80国鉄車両が到着しましたので、遅ればせながらご紹介します。

Continue reading "TOMIXのEF71など"

| | Comments (9)

2016.10.21

TOMIXクモニ83着荷

そろそろ「戻れない道計画」こと庶内レイアウトの改修に目処をつけないと永遠の仕掛かり中になってしまうのでは?と不安に駆られているところでして、夜な夜なTMSのバックナンバーに目を通しております。
00069221そんな中、急に思い出したのが『TMS1992-2』のミキストで紹介された 三階建て構造のレイアウトプランです。このプランを見た時は“すげぇー”と大そう驚きました。今改めて読み直してみると最急勾配3,5%や標準勾配3%は、登り下りの速度調整やら牽引力やら、車両の性能にかなり左右されます。
現状の庶内鉄道レイアウトプランも勾配が鬼門になっていますので、レイアウトを完成させる前にまず動かしたい車両の製作と整備を徹底させないと始まりません。そーだ車両製作だっ、たまりにたまった罪庫でローカル私鉄電車を作るんだー、と至極まっとうな思考へ戻りました。しばらくは模型を買わないで罪庫を減らすんだ!

・・・舌の根の乾かないうちに、TOMIXのクモニ83を買いました。

Continue reading "TOMIXクモニ83着荷"

| | Comments (2)

2016.01.09

EF80の事

197608xueno016なぜ急にハチマルなのか?は、さておいて。

関東圏に縁の無い皆さまや、関東でも上野以南にお住まいの皆さまには、あまり馴染みの無い形式かもしれません。或いは“つくば万博”の時にご覧になったかもしれません。もちろん地元:高崎線へは入線してません。しかし昔々、大宮や上野でカメラを構えていた小僧にとっては、どうしても外せない機関車でした。主な活躍場所は常磐線沿線ながらも、ブルトレ「ゆうづる」を東大宮まで回送させる運用を持っていた事から、意外と目にする機会の多かった機関車でした。
いつ頃の話か?と言えば、昭和51年(1976)~55年(1980)くらいなので、かれこれ40年近く前ですね。

197508xxef80bその当時、上野駅で見られた電気機関車は、たまにEF15[東]も走ってきましたけれど主としてEF58 EF62 EF65-1000 EF80、と形式数だけでみれば4形式に過ぎません。範囲を大宮~上野に広げて見ても、EF15とEF81が加わる程度で、既にEF10・12・13・56・57は見られませんでした。後にEF60やEF64-1000も加わります。

茶色や青色を纏った機関車が多かった中、交直両用機で車体色も「赤」!と言うか退色したピンクは目立った存在、老朽化が悪目立ちした色合い!?で良くも悪くも印象深い存在だったのがEF80でした。

Continue reading "EF80の事"

| | Comments (6)

2015.08.09

届いた!

近年に無い程の猛暑も一段落、身体が2つ欲しい程の忙しさも一段落、チョッとだけホンのチョッとだけですけれど、忙中閑ありです。Webを見ていると、この時期は模型関係のイベントも目白押しのようですが、悲しいかな足を向けている暇はありません。・・・夏イベントで行けそうなのは盆明けのJAMくらいでしょうか?

しかし、祭も2ヶ月先に迫ってきました。
公式サイトでは正式に出展者が発表されました。栂森先生!今年も一緒にがんばりましょう~。今は静かな北九のアニキも、水面下で新作を作っていると勝手に想像しつつ、まずはエールを送ります。

もちろん私も他人事ではありません。思川オマージュは盆明け後に一気に仕上げる予定なので、今は地道に各シーナリィーパーツ?作りに励んでいます。00063288←(左)自作のトンネルポータルですが、キッチリと線が揃わないところは性格ですかねぇ(泣)。素直にプロトタイプ通りにスチレンボードで作った方が印象的だったかもしれません。また車両も作らないと様になりませんから、8月後半が勝負です!出かけている暇はありませんが、JAMで秀逸なレイアウトを見るのも良い刺激になりそうです(悩)。ところで、クリクラのフィニッシュ祭!?が気になります。何かお題が出て、そのフィニュッシュワークをお披露目するのでしょうか?クリクラサイトでの正式発表が待ち遠しいですね。

何れにしても、今は、出かけたくとも出かけられません。そんなマニアの味方と言えば、嗚呼!通信販売!?
予約していた品物が届きました。

Continue reading "届いた!"

| | Comments (2)

2015.04.30

今月の小細工

早くも4月が終わりました。
相変わらずイベントへは都合がつかずに出かけられません(苦笑)。
モデルワークスさん、ナローへ進出ですって!?
近鉄特殊狭軌よりも、むしろ、Oナローサイズで井笠・尾小屋・駿遠線などの非電化ナロー方が面白そうに思えます。何せ軽便親父は目が遠くなって小さいモノは見えません(悲)。
トーマさんシェイ再生産分〆切ですか!?
さすがに早いなぁ~。今度はチャンと予約できました(嬉)。・・・その前に仕掛品を何とかしないといけません・・・。

さて前回、レイアウトの目的を改めて振り返った時、解体に至った原因は「国鉄車両を動かしたかった」が為であった事を想い出しまして(←忘れてた!?)、レイアウト側と車両側の両方に手を加えているところです。
Plan20150430その前に少々お遊びを。

もしもレイアウトサイズが3600×1200/1350になったとしたら?とプランを描いて遊んでいました(だから工作が進まないんじゃないか!?)。
左奥(左上)から手前(左下)へかけてのR1200とR2400のSカーブがビューポイントです。ヤードゾーンは客車や貨車を並べても好いし、いろいろな貨物側線を作っても面白そうです。機関区ゾーンにはターンテーブルと扇形庫を並べたいですね。でもコレでは、駅へ列車を据えつける為には本線へ出ないといけませんし、ビューポイントを考えると反時計回りに動かすので、入換が煩雑になりそうな予感がします。またサイズが大きいので、真ん中にピットを作らないと全てに手が届きませんし、長手方向は単純に倍ですが、エンドレス内に駅を作ってヤード代わりの側線をたくさん並べると、20m級4両程度しか止められません(唖然)。幅も1200に収めるとR550が限界でした(愕然)。最急R550と考えると複線を作る場合は最低でも幅1350mmは欲しいです。こりゃぁ意外に手強いです。
長くなった分、いろいろと詰め込めるのでは?と欲望が膨らんで、余計に難しいですね。

現実に戻れば、元々そんなスペースはありませんから、地道に今のスペース内で工作を続けたいと思います。進めていたのは以下の2つ。
■ レイアウトの勾配を一部2%に変更しました。
■ 車両の連結器をIMONのISカプラーに交換しました。

Continue reading "今月の小細工"

| | Comments (5)

2015.03.05

天プラのEF15

3月も5日過ぎました。う~ん、2月はあっという間に逃げてしまいました。いったい何をしていたのだろうか?
19800725c033と思ったら、磐越西線で盛り上がった後は「戻れない道計画」を進めていたので、つい動かして遊んでしまって車両加工まで手が回らなかったと言うオチでした。先週の土日(2/28・3/1)は超珍しく2日間とも「空き」なったものの、何か組もうと思いつつ、何せずに終わってしまい、自らの製作ペースの遅さに歯痒さを感じます。或いは製作意欲の減退を嘆くべきか・・・。

と書きつつも、相変わらずいろいろな車両を引っ張り出して来てグルグル動かして遊んでいる訳ですが 、その昔の天プラEF57のように、どうしても脱線多発してしまう車両もありまして、不具合を1つ1つ潰しています。

Continue reading "天プラのEF15"

| | Comments (8)

2015.02.18

244レの報告

000623392月はハンダ付け工作をするぞ!
と誓ったものの、気がつけばコテのスイッチさえも入れていません。では何をしているのか?と言えば、レイアウト上のゴミを片付けて以来、単なるグルグル回しで何も実感的な運転はできないにも関わらず、毎日のようにパワーパックのスイッチを入れて、走る車両を眺めています。例え小さなスペースでも動かす場所があるのは楽しいですね。動かしているといろいろと構想も湧いてきます。この流れを断ち切る前に、一気にレイアウト工作を!

と、その前に。
Suha331980年7月25日に喜多方から会津若松まで乗車した磐越西線の244レ(喜多方にて 写真は再掲→)。偶然にも廣瀬さんが前日に、同じ編成を組み込んだ列車を撮影なさっていた事は前エントリーにも書きました。
廣瀬さんのBlog記事では、該当客車の写真が紹介され、それぞれの形態が手に取るように判る極上の資料です。当時、何も考えずに撮影していた身からすれば偉業としか言い様がありません。

廣瀬さんに感謝~ 

さて、こちらでは製作記事を個別に書きましたけれど、最終的にまとめて載せていませんでしたから、アンサーソングではなくて“アンサーモデル!?”として、244レに使われた4両の模型を改めてまとめてみます。

Continue reading "244レの報告"

| | Comments (5)

2015.01.26

2825レを再現?その2

西鉄の313系がファイナルランだったそうですね。思えば実物写真メインサイトだった頃に、ラストランの西鉄1000系を撮りに行ったついでに、宮地岳線へ寄って313系も撮りました。その時よりも今の復活旧塗装の方がかっこいいですね。それにしても、あの頃は情熱がありましたねぇ。時間の余裕も今よりありました(遠い目)。
200103154015200103143024


ほえぇ~。昭和40年はナロー元年だったとは初めて知りました。たいへん読み応えありました~。って事は、御年50歳のオヤジ連はナロー元年生まれってことですな。周りに多いよね。 ←アンタもな
自分がナローを始めた当初「エガーバーン」を知らなくて、例えば1979-5の荒崎氏の記事を読んで、或いはナローゲージモデリングの再録記事を読んで、何それ?と感じた事を想い出しました(苦笑)。

さて、本題。2825レを再現する話。
機関車に続いて、市販品をそのまま流用できる客車から、形態は推測かつご都合主義です。

Continue reading "2825レを再現?その2"

| | Comments (4)

より以前の記事一覧