2017.11.21

宗太郎への道

いやいや、本来の泰和は顔が全然違うって~。(絶叫)

 いきなり失礼いたしました。ところで「コンドルは飛んで行く」と言う曲は皆さんご存知かと思います。El Condor Pasa。当初 Kondora pass と見誤って仰天したのはナイショです。サイモン&ガーファンクルの曲として耳にした事があるものの、つい最近になって原曲を聞き、その説明文を読み、3部構成の上に例の物悲しい曲調は1部だけだった事を、この歳になって初めて知りました。知っていて当然、当たり前、そんな事も知らんのか!?と言われても仕方がありません。 sweat02
 果たしてこれが一般教養として当然知っておくべき知識なのか?は別として、身近な模型技法でさえ、いろいろな方のブログやツイッターを拝見して、この歳になって初めて知った事もたくさんありました。逆に超ベテランの方でさえ、知っていて当然と思っていた事を知らなくて驚いた事もありました。大昔、精力的に投稿していた頃に(間接的に)当たり前な事を書くな、と散々耳にして以降「自分の知っている事は他人も当然知っているので説明する必要は無い」との前提で、長らく投稿からも縁遠く過ごしてきましたが、198603015034少し考えを変えた方が良いのかもしれないと、El condor pasaを聞きながら思った次第です。
 ただ、誌面でページをめくる毎に同じような判りきった内容の記事を繰り返し読まされても、正直言って萎えるだけなのも確かな話です。こうなると編集部の力量に任せるしかありません。さて、祭以降いろいろと忙しかった日々も、ようやく少し落ち着いてきました。

» Continue reading

| | Comments (0)

2017.11.01

西鉄の電車

 11月になりました。九州ブルトレ1986年の写真をスキャンしていたら、甘木の駅でスナップした西鉄200形のネガがありました。スナップした時は気にも留めていませんでしたが、かつてホビーメイトオカから各タイプが模型化されたお陰で、珍しく模型から実物知識を得た車両でした。198602263024じつは大手私鉄の車両へはほぼカメラを向けた覚えがありません(汗)。箱根へ行った折に乗車したロマンスカー、北越谷駅で眺めた東武電車、半ば押しつぶされそうな山手線から眺めた西武新宿線、蒲田の駅で乗り換えた池上線や目蒲線、何れも必要に迫られて乗っていた、或いは単に目に入っていた記憶ばかり残っています。この1986年では、甘木から西鉄久留米へ行き、そこから国鉄久留米駅まで迷いに迷って辿り着いた想い出と、小倉から乗車した西鉄の路面電車は覚えていますが、やっぱり撮影していません(大汗)。

200103143014 鉄道趣味から離れていた1990年代を経て撮り鉄復活した2000年に、大手私鉄の車両だけでなく、中小私鉄の車両までもが様変わりしていて驚いた程です。そんな中、2001年に1000形が無くなると聞いて、わざわざ福岡まで遠征し撮影した大手私鉄が西鉄でした。
 自分で書いていて何ですが、無くなるからわざわざ九州まで出かけた自分自身が今では全く信じられません(爆)。コヤツ本気で撮り鉄でしたねー。 happy01

» Continue reading

| | Comments (2)

2017.10.21

駅撮りブルトレ他:九州

アンテナさんが10周年だそうです。おめでとうございます。いつも活用しております。まだ模型復活できませんsweat02。週末の模型ショウはお天気も悪そうですし、特に欲しい製品もありませんし、何よりも仕事が入っていますので、無理をしてまで出かける必要は無いと、今年は(も)スルーを決め込んでいます。

模型が捗らないので懐かしい話題を少々。
20171021 猫耶線の仕上げに取り掛かっていた頃、気分転換も兼ねてYoutubeの鉄道走行動画をよく見ていました。そんな中【鉄道PV】JR九州 485系動画-9 「峠を越えて(宗太郎)」の動画に大いにハマリました。これは九州新幹線鹿児島開業前に日豊本線で活躍していた485系を追ったPVシリーズの中の1本で、よく在る様な単に走行する列車を写しているだけではなく、1つの映像作品として見事に完成された動画でして、作者の列車に対する愛情まで感じました。BGM選択の好みが似ていたのもプラス影響です。 delicious

198602242013 その影響は多大なもので、国鉄時代を境に実物の鉄道趣味から離れてしまい“赤い485系なんて”と小馬鹿にしていたオッサンが、いまさらNゲージの、しかもJR九州の赤い485系を、勢いに任せて購入しそうになった程です。素晴らしい優れた映像作品は、興味の無いオヤジの心をも動かす実例でしょうか。
 猫耶線レイアウトも「何だナローか」と小馬鹿にされながらも「ナローって面白そう」と思わせるような作品に仕上げたいものだと、この映像作品を何度も見ながら、姫神の曲を口ずさみつつ製作に追われていたのがつい昨日のように思い出されます。RMMの巻頭カラー祭レポでは1ページ丸々載せて貰えましたので、申し訳なく思う反面、苦労が報われた思いもします。ありがとうございます。まぁそっち(猫耶線)の話は置いておきまして(?)

198602243000 お陰で今のMyブームが日豊本線の赤い485系やEF81-300(銀釜)貨物なので、これに関連して九州内のむかし懐かしい・・・と言っても1986年ですから、ほぼ30年前、オジサンにとっては“チョッと前くらい”の感覚ですw。因みに2000年頃ならば、つい最近の出来事(爆)。昔の事は今の事よりもハッキリ覚えている昭和のオヤジモデラーが嬉々として語る昔話!まだ若かった頃、同じように「オヤジの昔話」を聞かされて辟易した事なんて、忘れたよ!九州内の「駅撮りブルトレ+昼行特急」を一挙公開!(1986年2月撮影:前作はこちら)といきましょう~。

» Continue reading

| | Comments (2)

2017.10.13

本を買いました

 草軽写真展を泣く泣く断念し、直前はあんなに苦しみ抜いたと言うのに、まだ軽便鉄道模型祭の余韻に浸っています。実際当日は、興奮のあまりテンパっていて、何も出来ず何も買えずに抜け殻のようにクタクタになって帰ってきただけでしたが、過ぎてしまえば楽しい想い出ばかりに思えます。

00074673 さて、ようやく暇が出来まして都心へ本を買いに出かけました。買ってきたのは『TMS』『RMM』『阿里山』『栃尾線の車両たち』『栗原電鉄(下)』の5冊です。
 月刊誌は先月発売分ですが、レイアウト仕上げを優先していて買いに行けませんでしたので、今頃になってしまいました。誌面は自分の興味対象外の記事も読めて興味深いです。何せ普段は興味の無いWeb上記事は全く見ないので、製品の紹介欄さえも新鮮に感じます。RMライブラリーの『栗原電鉄(下)』は上巻を買ったからとの理由も強いのですが、ナロー時代の中には初めて見る写真もあって、よくぞまぁ栗原電鉄だけで上下二巻になったなとの感想の方が強いです。栗原電鉄に関しては後に改めて語る機会があると思いますので、今回は省略します。

 『阿里山』と『栃尾』は祭で買わなかった、と言うよりも、おまけの特大図面を折らずに持って帰る自信が無かった『阿里山』、ようやく4Fへ行った時には既に売り切れていた『栃尾』と書いた方が正確でしょうか(大汗)。念願かなって購入と相成りました。

» Continue reading

| | Comments (2)

2017.10.07

祭の後2017

 嗚呼、やっとは判った!みんな何を言っているのか!?と思って、本日(10/13)初めて“やすらぎの郷”を見ましたが、

苗字が同じだけじゃないですか!?

間違えてもらえて大変光栄ではありますが、少々早とちり過ぎませんかねぇ。 coldsweats01

 早いもので既に祭からまもなく1週間が経ちます。レポについては従来通り、先日WebサイトにUPしましたので、これでようやく一段落できましたが、相変わらず部屋の中はカオスのままとなっているのが大問題です。

 さて、祭が終わって少々脱力している時にフト昔の記事を読み返していたところ宝楽福蔵先生初登場の回に思わず目が止まりました。ここに載せたプランはこの度のレイアウトプランの原形ですね(笑)。偶然にもGモード青野さんのコメントが、件の製作中だったプラン原形へリンクに繋がっていました。2013年ですから4年前から似たような話をしていた訳です。猫屋線レイアウトのプランは紆余曲折の末に元に戻ったとも考えられます。単にパクリ線と揶揄し中途半端な出来のまま仕舞い込むのも癪に思えてきましたので、どこか少しだけ手を加えて、また来年の祭へ行ければと前向きに考えています。印象を変えるには季節を秋から→[?]へ変えるのが手っ取り早いので、そのうちに。 happy01

 さて、このたびも幾つか質問をいただきましたので、改めて写真付きで回答したいと考えます。

» Continue reading

| | Comments (5)

«2017軽便祭、出展報告