2017.04.21

今月のRMM

00072669 RMMブログを覗いたら、今月の特集は「ナローゲージ」だそうで、さっそく近所の本屋へ行って買ってきました。TMSは地元では手に入らないのですよ(泣)。帰宅後にさっそく読んでみると、あらぁ、恥ずかしながら自分の作品が紹介されているではないですかー(嬉)。ありがとうございます。まさかあの時の栃尾編成も載るとは思いもしませんでしたw。何にせよ誌面に載るのは一昨年の祭以来、久しぶりですなー。 happy01

» Continue reading

| | Comments (0)

2017.04.18

駅撮り583系

 今年は桜と列車を撮影する機会を逃したまま葉桜になってしまいました。今月始めに583系が引退したそうで、さとしさんのBlogを拝見して改めて気が付きました。鉄道ホビダス「今日の1枚」は欠かさず見ていたのですが、583系さよなら運転だったかぁ、程度で全く気にしませんでした。 coldsweats01
1976ueno583hibari国鉄型車両は好きですが、それは単に自分が子供の頃の「純粋に鉄道が好きだった時代の鉄道景色」に想いを馳せているだけで、現在走っている国鉄型車両を追いかける程の“熱意”はありませんから、うっかりしていました。
 ここで 「昔のサロ・サシ入り長大編成こそが583系の華だから、いまどきの短編成の団体臨時列車なんて・・・」と批判的な話は書きません(笑)。昔の話を昔の写真を垂涎の想いで眺めるのは、どの世代もいつの時代も同じ事、今の方は、今のうちに「現在の姿」を撮影するなり調査するなり模型化するなり、郷愁オヤジの戯言に惑わされずに、悔いの無い鉄道趣味を送っていただきたいです。

 さて、そこで自分の撮った583系581系の話ですよ。
198403xx016


走りは1枚しか撮っていません。 coldsweats02

しかも回送の後追いです。当たり前のように走っていた姿を、悔いの無いように撮影するのは難しいですねー、と先に言い訳を書いておきます。当たり前の姿ほど後になって思い返すと貴重なモノはありません。


» Continue reading

| | Comments (6)

2017.04.11

作品展2

 今年はJRグループ発足30周年だそうで、様々なつぶやきやブログで30年前の3月31日の話題を目にしました。そう、30年前の3月31日夜、私は大混雑の東京駅に居りました。それも、何で、こんなに混んでいるんだ?何があるんだ???と、戸惑いながら。じつは、国鉄解体、JRグループ発足と言う事実は知っていたものの、それが3/31日にさよなら国鉄イベントが行われ、4/1から新生JRが発足する事を、

全く知らなかった驚きの情報弱者。 coldsweats02

19870401p1012 1985年~2000年までの15年間は、実質“鉄道趣味”の空白期間でして、『鉄道模型趣味』誌だけは辛うじて買っていたものの(積読状態)、実物誌は立ち読みも含めて一切していない、ほぼ非鉄状態でした。いま考えれば、全く惜しい事をしましたねぇ。それでも、年に1・2回は特に目的も無くローカル私鉄へ訪問して気持ちのリフレッシュを重ねていましたので、全く鉄道趣味から離れていた訳ではありません。何しろ激パの東京駅に居た理由は、寝台特急「瀬戸」に乗ろうとしていたからですし、行き先は高松、目的は「高松琴平電鉄」訪問でした(笑)。いやぁ、お祭り騒ぎの東京駅に驚いた驚いた。結局、東京駅にて何が行われていたのかを知ったのは、ずいぶん後になってからでした。

 さて、そんなローカル私鉄好きが2017年の“この時期”に足を向ける場所と言えば、

» Continue reading

| | Comments (7)

2017.04.02

祭への坂道2017:序

と、言う事で始まりました「祭への坂道2017」です。今年は「猫屋線」をテーマにお送りいたします。happy01

前エントリーでも書きました通り、祭出展用レイアウトを作る上での重要な点は「持ち運び」です。
 一昨年の山奥線では深い谷を作ったので、レイアウトの高さが35cmありまして持ち運びに難儀しました。そこで、高さは20cm以内に収めます。またサイズも長さは90cmと変わらないものの、幅(奥行き)はバックヤードを設ける事によって45cmとして全体をコンパクトに収めます。理想は箱詰めで全体照明まで欲しいところですが、電車移動では無理な話です。

ぐるぐる山奥線リターンズ!?(案)として提示した2種類のプランを再掲します。
Plan20170321bPlan20170321a


 どちらにするか?は、個人的なシーナリィーのまとめ具合に左右されるところです。画像は無難にステレオタイプな軽便鉄道=未舗装砂利道の昭和風景を基調としていますが、現代風の瀟洒な一戸建てやビルの並ぶウイットに富んだ景色、また現実離れした国籍不明な風景の方が猫屋線車両には絶対に似合うとは思うものの、想像力の欠如と製作能力(時間!?)の兼ね合いもあって躊躇しているところです。まずは線路だけでも敷いてしまって、風景は追々考えましょう。何れにせよ、線路を詰め込んでいますので、ハツカネズミが走り回るような雰囲気で、猫よりもネズミと改名した方が好いかもしれません。そのうち似合いそうなダジャレを考えます。
仮に名前が決まれば完成したも同然!? smile

» Continue reading

| | Comments (4)

2017.03.27

鉄道模型芸術祭

池袋の芸術劇場にて開催された鉄道模型芸術祭へ、25日(土)に行って来ました。
今月初めの練馬に引き続き「模型鉄分」補給イベントです。練馬イベントはカメラを忘れる失態を演じてしまいましたので、同じ轍は踏まない!と誓って持ち物確認には万全を期しました。
あぁ、それなのに、それなのに・・・

まさかのカメラ電池切れ!?またか shock

00072343 仕事を途中で切り上げて池袋駅西口へ着いたのは3時頃だったでしょうか。公園の舞台ではライブをしていましたが、あたかも掛け声のようにマフポッターの汽笛が公園内へ響き渡っていたのが印象的でした(笑)。あいからずWeb上には事前案内のほとんど見かけ無い催し物ながら、前回の経験がありますので、芸術劇場のエントランスから躊躇無くエスカレーターでB1F会場へ向かいました。

お会いした皆さま、ありがとうございました。&申し訳ありません。

» Continue reading

| | Comments (8)

«猫屋線を考える