2020.05.03

5月です

 5月になりました。生存報告です(笑)。非常事態宣言が発令されてから越境して都心へ遊びに行くのも憚られる今日この頃、シェフのテイクアウトを買いに行きたくとも行けないのが悲しいです。長らくブログを放置中でしたが、その間はフィルムスキャナーで地方私鉄関連の写真を取り込んでホームページの更新作業を続けていました。

19850429324

予定中だった訪問記録も概ねUPしましたし、前々から公開中だった加悦鉄道も改めてスキャンし直しました。まだまだ続きはあるにせよ、全体に意外と撮っていない悔しさを感じながらも撮影当時の想い出に浸りながらの作業でした。なおアッと驚くようなレアな駒は全く見つかりません。特にネタは無いので今回はこの辺で。(^^;

» Continue reading

| | Comments (5)

2020.03.14

石炭輸送列車

 先日ホームページに汎用味噌汁軽便鉄道レイアウトの製作記事を再録しました。霜内石灰軌道は線路敷設後のシーナリィー作業から製作記を始めましたし、簡易軌道Ⅰは完成後の話なので、製作当初から順を追って載せた汎用味噌汁軽便鉄道レイアウト(小茂内鉄道)の方が後々の参考になるかもしれないとの判断です。ようやくPCだけでは無くスマホでも見られるように修正をしました。この時に撮影したデジカメ画像は数枚を除いて既に無く(=バックアップしていなかった)写真サイズを修正できなかった点だけは悔いが残ります。

7001

 さて、本日3/14はダイヤ改正日だそうです。最近の鉄道事情には疎いので何が変わるのか?さえ知りませんでしたが、

 

» Continue reading

| | Comments (4)

2020.03.08

猫屋軌道線の発売に寄せて

3月5日は、珊瑚の節句!(遅)

何か懐かしくて涙が出てきました。珊瑚と言えばクリクラのサイトでお馴染みのナローの製品に関するコンテンツがこのたび

珊瑚模型店のHOナロー製品小史

としてPDF販売される事になりました(拍手)。ナロー好きの諸兄には今更な話題かもしれません。配布は有料ではありますが、既に印刷をして製本をした方もいらっしゃるそうですので、興味がお有りの方は 1ダウンロード!?いかがでしょうか。(^^;

9391_20200308001001

 さて、珊瑚模型のHOナロー製品はほぼ語り尽くされていますし、想い出に関しても以前書きましたし、新たに語る言葉を持ちませんので表題の件に移ります。勝手に猫屋軌道線と書いていますが、正式には「猫屋線直通路面電車セット」ですね。ツイッターやブログを拝見しておりますと、蒸機や単端が発売になった時と比べて、明らかにより多くの方が購入されたような印象を持ちました。ガチガチのスケール物とは違う福島交通軌道線や花巻電鉄を模したような軽便路面電車は確かに魅力的に映ります。もしかすると今年の軽便鉄道模型祭では猫屋線関連をモチーフにした新しい出展者が増えるかもしれません。残念なことに自分は今年の祭には出展できません。以前にも書いたように仕事のスケジュールと完全にバッティングしています。

 そこで余計なお世話ながら(老害!?)、猫屋軌道線のレイアウトプランを勝手に書いてみました~。

» Continue reading

| | Comments (4)

2020.03.03

大山鳴動して鼠一匹

 「もう大丈夫でしょうか?」と言う訳で、ホームページ庶茂内模型鉄道の再開を公式に宣言!いたします。(大袈裟)

お騒がせをしまして、申し訳ありません

自分でも全く訳が判らないものの、今になっても消されないところを見ると、どうやら継続してホームページスペースを使えるようです。あれだけ大騒ぎした後にこんな状態なので恥ずかしくて仕方がありません。

とりあえず昔のデータから、

 化学雑巾の雑草の作り方

 オランダフラワーを使った樹木の作り方

 ボンドバラスト法で固着したフレキシブルレールの外し方

の3つを再掲しました。ただし昔のデータから使えたのは写真だけなので、説明テキストなど他の部分は全て作り直しています。いやぁ再掲も意外とたいへん。(^^;

 ホームページ作成ソフトもフィルムスキャナーもFTPソフトもWindous10の現PCで使えるように修正しましたので、今後のホームページ運営に当たっての問題点は見当たりませんが、ブログと違ってホームページの更新ネタについてはあまり見当たりませんので、更新頻度は少なめになりそうです(激汗)。

 これから閉鎖の連絡をしたリンク先の方々へ、恥ずかしながら復活のメールを出すつもりです。

1547

本文とは関係はありませんが、猫屋線の路面電車を買ったツイッターやブログを読んでいたら、この車両を想い出しました。サブロクながら仮に猫屋線路面電車へ最新型が導入されるとこんな雰囲気でしょうか(笑)。

| | Comments (7)

2020.02.21

廃止前の加悦鉄道

 まずはホームページ庶茂内模型鉄道閉鎖の件ではお騒がせ致しまして申し訳ありません。原因は不明ながら特に強制消去もされずに現在も閲覧可能な状態で存続中です。たぶんこのまま行けそうな気もしてきましたが、当面は契約変更となった今月いっぱい様子を見まして、来月(3月)以降も消えずに残って使えるようであれば、正式に閉鎖撤回の出戻り復活!?(^^;とする予定でいます。閉鎖を連絡した皆様方へは改めて復活の連絡をするつもりでおりますので少々お待ちください(激汗)。

20200221b

 一方、悲しいかな加悦SL広場は正式に「閉鎖」の告知がされてしまいました。残念ながらこちらは簡単に撤回とはならないようです。訪問した2月3日も何人もファンの方の姿がありましたし、ツイッターでも近しい方の訪問報告を拝見しました。正直申し上げて、平日であれば福知山からの路線バス(1日3本)を上手く利用すれば意外と近いような気もしますが、公共交通利用では行きにくい場所である事は否めません。

9916

2月3日は豊岡から京都丹後鉄道で与謝野へ向かいました。列車に1時間も揺られるのはさぞ飽きるであろうと思っていたところ、懐かしいローカル線の風情と変化に富んだ車窓風景はとても楽しくて、全く飽きることなく与謝野駅へ着きました。特に丹後大宮からの山越え区間は、徐々に山が迫ってくる峠道を登りつめてサミットのトンネルを抜けたとたん、一気に視界が広がって、眼下に広がる加悦谷の風景が目に飛び込んできた時には思わず息を飲みました。

(もっと文学的な表現で書きたい気持ちです:大汗)

 さて、ここでようやく本題。

» Continue reading

| | Comments (9)

«旅行へ行ってきました