2017.03.23

猫屋線を考える

今月のTMSとRMMを買いました。 happy01

さて、今更ながら、
 第2弾の販売も決まり、じわじわと人気上昇中!?のトミーテック鉄コレ猫屋線。今までナローに縁の無かった方々にもナローの魅力を発信する起爆剤!になったのではないでしょうか。これで未来のナロー界も安泰、消滅ジャンルにならずに済むのでは、と胸を撫で下ろして・・・とは行かない様です。普段から覗いているブログやつぶやきでも、ベテランの方々は唐竹割りや切り継ぎで加工を楽しんでいらっしゃいますが、初めてナローを手にした方は如何でしょうか?

例えば、Nゲージと比べてデカイと喜んでいる内は良いものの、

もしかして持て余していませんか? smile

ぶっちゃけ、私もご祝儀で買ったは好いが、大いに持て余しています(爆弾発言)。

00071248 理由は明白です。今まで「○○鉄道の××形のような実車を1/87ナローで模型化する」との方向でいろいろ作って来ましたので、突然1/80、いきなり自由形、の模型を手にして「さて、コレどうすんべぇ」と戸惑ってしまったのも正直な話です。例えば今までと同じように、猫屋線車両を実車に忠実な模型になるような加工をするのも1つの方向ですが、手元のアルモデルやナローガレージの1/87ナロー日車気動車キットを利用せずに、今更わざわざ縮尺を変えてまで、同じような加工をする必要があるのか?と考えると無駄のように思えます。

00071270 さりとて1/87ナローと1/80ナローを混ぜて、猫屋線の客車は尾小屋ハフへ加工し、他の客車は手元のワールド工芸を作り、一緒に並べて尾小屋のラッシュ時客車編成に仕立てるのも、(この辺り、作る本人が納得していれば全く構わないとは思いますが、)個人としては正直違和感が残ります。下手に前々からナローを嗜好しているだけに、実在の鉄道車両を忠実に再現したいと思えば思うほど、既存の1/87罪庫を消化すればいいじゃん、と思うようになり、手元の猫屋線車両は「煮ても焼いても食えない模型」に見えてきました。

 散々な前振りに「すわっ、新旧ナローマニアの断絶宣言か!?」と期待した方はごめんなさい。結局のところ“猫屋線は猫屋線として自由形のまま“オラが街の鉄道”=心象鉄道の一員として、楽しんだ方がストレスが無くて宜しい!”との至極当然で無難な結論に至りました。
 とは言え、一口に「自由形」と言っても、いかにも実在しそうなセミスケール風味から、全く想像もつかないような漫画ちっくな姿まで、千差万別・十人十色、規定も約束も、スケールさえも超越できるのが自由形の面白いところであり難しいところでもあります。決まりと言えば、1/87~1/76のフィギュアが乗れる(乗せられる)くらいでしょうか。何しろ実在の鉄道車両には確固たる完成見本(写真や図面などの資料)があり、それらを参考にできますが、自由形には実車の制約を離れて参考となる手がかりは皆無、逆に見れば何でも有リ、かなり柔軟な思考を持ち合わせていないと作れないのが自由形、との認識を持っている身としてはハードルの高い物件です。sweat02

 と、戯言を書き散らして、ようやく本題。 delicious

» Continue reading

| | Comments (6)

2017.03.19

続々10系軽量客車の話

 さすがに彼岸中だけあってどこへも出かけられませんので、大人しく簡易軌道レイアウトの修復計画を進めています。ただ記念撮影ばかりしていて、進行は亀の歩みの如し。happy01
0007187700071849

新規ネタも“今はまだ語るべき時ではない”ので、気軽な想い出話でお茶を濁します。いまさらながら鉄道ピクトリアル別冊『10系軽量客車』を買いました。好いですねー。特に近代化改造の記事とか。(感涙)

1978aut0x 以前にも想い出話を書きましたが、50も過ぎたオジサンにとって10系客車、特に10系寝台車を連ねた夜行急行列車には、厚い(熱い!?)想い出フィルターが掛かっております。何時かは想い出の夜行急行を作ろう!と以前から1/80キットを買い集めて来ましたが、腕も知識も浅かった頃に勢いに任せて組んだ車両はあるものの、歳を経る毎に増す知識に対して、腕も時間も追い付かず(言い訳)、大量に増備したTOMIXプラ完も今だに棚の肥やし状態です。・・・(大汗)
 特にココへ来て夜行急行には欠かせないスニ40(とワキ8000)のプラ完も発売されるそうで、嬉しい悲鳴を上げている反面、このまま罪庫になるであろう未来も容易く想像できるだけに、多大な危機感も感じています。

» Continue reading

| | Comments (3)

2017.03.07

簡易軌道の修復

00071501 年が明けて早2ヶ月が経ちました。その間、原鉄道模型博物館へ企画展を見に行ったり、スワップミート同窓会へ足を運んだりしましたが、車両製作は一向に進んでいません。因みに練馬イベントはカメラを忘れてしまいましたので報告?は省略します(大汗)。
 さて、今まで何をしていたのか?と言えば、簡易軌道広加内線の修復を続けていました。正確に書けばまだ修復作業継続中です。これをお披露目したのは、もう一昨々年になるのですね。3年前ですかぁ(汗)。

 ちょこっと報告した通り、構内配線の一部を変更の上フレキを止めて手打ちにした他に、ほぼシーナリー全般をもう一度再構築しています。00071551簡易軌道は“道路がぐちゃぐちゃで通れない時期”こそ存在意義がある!との想いから、融雪期を選んで模型化しているのですが・・・。表現が難しいですね。coldsweats01

夏景色にしておけば、随分と楽だった筈。 bomb

と、ぼやいても始まりません。
かの“ミルクを飲みに来ませんか?”のロケがちょうど雪がほぼ消え去った時期だったそうで、本文にも書いてある通り、雪が消えると辺り一面褐色の世界が広がるそうです。別とじグラフ写真からは褐色だけで無くチラホラと緑色も散見され、春の息吹も感じられます。

芽吹きの頃にするのも良さそう。sweat01

» Continue reading

| | Comments (8)

2017.02.25

ネガの片隅から:3

 フィルムの1コマ1コマを大切にしてシャッターを切っていた筈だったのに、今の目で見ると「何コレ?無駄コマじゃねぇか(怒)」と思う写真、意外に多いと思います(^^;。こんなの撮って何をやっているんだ自分!?と批判して永遠にゴミにしてしまうのもアリかと思いますが、そんなコマでも見る人に拠っては重要な情報源だったりします。事実いろいろなサイトで時おり公開されているそんな1枚に、思わず目が釘付けになった経験も多々あります。

ただ撮影した当人には「価値が理解できない」のが一番の問題!

自らを省みると、ブレボケ露出不足が酷くて何が写っているのかw本人にしか判らない写真が多く、ほぼ「100%純粋にゴミ」と言わざるを得ないコマがほとんどですが、中には1979takasaki002b
真面目に撮ったのであろうが、今見ても何が撮りたかったのか判らない(例えばコレ←車番控えず)、或いは、ナゼこの時代にわざわざこれを撮るのか理解できない、等々とのコマも少なからずあります(笑)。
そんなネガの片隅に残った1コマを少しずつ紹介する企画、大昔に「フィルムの片隅から」と題して載せた企画の続編ながら、もっと「しょーもナー」と思えるような無駄コマにまで光を当てて行きたいと思います(前置き長い)。

最初なので、無駄コマではなく
“フィルムが貴重なのに、この時代にコレ撮るのか!?”の三連荘

» Continue reading

| | Comments (2)

2017.02.18

日本の草はら

00071344 注文していた簡易軌道のフレーム切手が届きました(嬉)。切手マニアではありませんが、オールカラーの簡易軌道写真はなかなかお目に掛かれませんよ。と言うか、どこかで見た事のある写真は多く、先輩方、チャンとカラーで記録なさっているではありませんか!?と驚きました。紙媒体に載せると白黒写真に変換されてしまう現実に唖然・・・。出版社さん、何とかならないのですかー(懇願)。 

 さてKATOから発売された「日本の草はら」を使ってみた報告です。
00071297先日購入した製品は右の通り。
・はじめての草はら(ブレンド)
・草はら単体:萌黄色・褐色・雑草色
・地表を作る:土色素材=茶色に着色済みのジェッソ
・千古の雪:ペースト状の雪
・バラスト糊

 使い方については製品リスト内の動画をご覧になるのが手っ取り早いと思います。文章で書くよりも簡単確実判り易いです(投)。まぁ、あくまでも「素材」なので使い方は自由ですが、1色の草はら単体で使うよりも、各色塗り重ねる(正確に書くと、振り重ねる!?)のが宜しいかと。smile
ただ、Nゲージなら良いのでしょうが、1/87・1/80で使うには草の背丈が低いのが問題でして、パウダーを撒く代わりになる程度と思っていただければ。
 

» Continue reading

| | Comments (6)

«Gフェスへ行ってきました