2020.02.05

旅行へ行ってきました

 2/1の夕方から2/4まで旅行へ行ってきました。(今回も長いです)

決してサイト閉鎖案内を出したものの、一向に見通しのつかないホームページの扱いについて、悩んで困って後悔して“旅に出ます、探さないでください”と日本海の荒波を見に行っていた訳ではありません。(^^;

0242

 京阪e-kenet主催の「寺田裕一氏と行く片上鉄道運転会と津山扇形庫の旅」へ行ってきました。

年末に鉄道ホビダスの案内で見かけた日帰りツアー旅行で、長船サービスエリアの下津井保存車をみて、片上鉄道の吉ヶ原駅にある動態保存車両運転会に参加して、更に津山の扇形庫の保存車両をみて帰ってくる日帰りかつ盛り沢山の内容は、偶然にも関東から一人で移動する計画を何度も立てながら諦めていた、正にナローも地方私鉄も国鉄も好きな自分好みの行程でした。当初は一人で参加するバツの悪さに申し込みを躊躇しましたが、大昔に行った鉄道見学ツアー(高二機関区と横川機関区見学 1982年)では、個人参加が多くて特にバツの悪さも感じませんでしたから、38年ぶり!?に思い切ってパッケージツアーに申し込みました(恐る恐る!?)。

01136

 せっかくの遠征で直ぐに帰っては勿体ないので、翌日は足を延ばして話題の加悦鉄道SL広場へ行き、更に当日中に自宅へ帰り着けないのを口実に名古屋付近へ泊り、往年の近鉄ナローの香りに触れて帰ってきました。名古屋では早川模型や安井模型へも寄る予定でしたが、さすがに10数年ぶりの旅行では体力と気力が続かなくて、早々に(余裕を持って)東京へ戻って来たところ、人身事故で1時間半強の足止めを食らいまして、這う這うの体で戻って来ました。

 

» Continue reading

| | Comments (4)

2020.02.01

どうなるの?ホームページ

 ホームページ最終日(予定)から一夜明けて今は2/1の昼です。いちおう2/1付でホームページ使用の権利は消滅した筈(契約上)ですが、まだ閲覧は可能なようです。何かガバガバですね(汗)。このたびADSLからUQのWiMAXへ接続コースの変更を行いまして、確認ページでは“ニフティーは基本料金のみの契約”(メールとココログのみ使えるプラン)への変更は希望通り行われていました。???

 

» Continue reading

| | Comments (6)

2020.01.23

残念なお知らせ

<ご覧の皆様へ大切なお知らせ>

2016年に現在のURLへ引っ越して以来、ほぼ更新の止まっている当ホームページ庶茂内模型鉄道ですが、このたび個人的な理由から公開終了といたします。

理由は簡単でして、今の深夜にしか繋がらないまま改善の兆しも見えないADSL接続コースを止めると、同時に使っている無料ホームページスペースの権利も失ってしまうからに他なりません。

 

» Continue reading

| | Comments (15)

2020.01.18

いまごろ初夢話

 なぜかネットが深夜の数時間しか繋らない状態が年末以降何週間も続いております。普段のメールチェックやWebサイト巡りはスマホで充分にできるものの、ブログへの書き込みはスマホの通信料が気になってしまい、こうして今頃となってしまいました(言い訳)。とっくのとうに正月も小正月も過ぎてしまいましたから、今更「あけましておめでとうございます」と書くのも憚られますので、

改めまして、寒中お見舞い申し上げます。

 さて、ネットが繋がらない間、真面目に模型製作を進めれば良かったのかもしれませんが、何となく部屋の片づけを始めてしまいまして、まだまだ片付け途中ではあるものの、もしも仮に、この今の惨状⁉が全て片付いたとしたら、かなりの有効なレイアウトスペースが捻出できるのではないか!との悪巧みが湧いてきました。そんな訳で本日はかなり遅めの初夢?願望?

もしも部屋が片付いてレイアウトを作るなら、どんなプランが作れるのか?を考えた話です。(今回も無駄に長いです)

 

» Continue reading

| | Comments (5)

2019.12.24

今年は何も作らなかった

 年末も近づいて、1年を振り返る恒例の“今年は何を作ったか?”の話を書こうと思ったものの、振り返ってみれば何も作らなかった1年でした(撃沈)。今年は特に仕事が忙しかったと言い訳を書こうものなら、あちこちで顰蹙を買いそうなので、素直に敗北宣言をします。この雪辱を来年へ!と思えなくなったのも正直な話でして、そろそろ溜まりに溜まった罪庫キットや買うだけ買ったプラ完などを一気に整理する時期に来たのかもしれません。年が明けたらナロー以外のブラスキットは電化/非電化/国鉄/私鉄問わずムトーさん辺りで順に放出するとしましょうか。

 

» Continue reading

| | Comments (4)

«磐越西線225レ