2017.10.13

本を買いました

 草軽写真展を泣く泣く断念し、直前はあんなに苦しみ抜いたと言うのに、まだ軽便鉄道模型祭の余韻に浸っています。実際当日は、興奮のあまりテンパっていて、何も出来ず何も買えずに抜け殻のようにクタクタになって帰ってきただけでしたが、過ぎてしまえば楽しい想い出ばかりに思えます。

00074673 さて、ようやく暇が出来まして都心へ本を買いに出かけました。買ってきたのは『TMS』『RMM』『阿里山』『栃尾線の車両たち』『栗原電鉄(下)』の5冊です。
 月刊誌は先月発売分ですが、レイアウト仕上げを優先していて買いに行けませんでしたので、今頃になってしまいました。誌面は自分の興味対象外の記事も読めて興味深いです。何せ普段は興味の無いWeb上記事は全く見ないので、製品の紹介欄さえも新鮮に感じます。RMライブラリーの『栗原電鉄(下)』は上巻を買ったからとの理由も強いのですが、ナロー時代の中には初めて見る写真もあって、よくぞまぁ栗原電鉄だけで上下二巻になったなとの感想の方が強いです。栗原電鉄に関しては後に改めて語る機会があると思いますので、今回は省略します。

 『阿里山』と『栃尾』は祭で買わなかった、と言うよりも、おまけの特大図面を折らずに持って帰る自信が無かった『阿里山』、ようやく4Fへ行った時には既に売り切れていた『栃尾』と書いた方が正確でしょうか(大汗)。念願かなって購入と相成りました。

» Continue reading

| | Comments (2)

2017.10.07

祭の後2017

 嗚呼、やっとは判った!みんな何を言っているのか!?と思って、本日(10/13)初めて“やすらぎの郷”を見ましたが、

苗字が同じだけじゃないですか!?

間違えてもらえて大変光栄ではありますが、少々早とちり過ぎませんかねぇ。 coldsweats01

 早いもので既に祭からまもなく1週間が経ちます。レポについては従来通り、先日WebサイトにUPしましたので、これでようやく一段落できましたが、相変わらず部屋の中はカオスのままとなっているのが大問題です。

 さて、祭が終わって少々脱力している時にフト昔の記事を読み返していたところ宝楽福蔵先生初登場の回に思わず目が止まりました。ここに載せたプランはこの度のレイアウトプランの原形ですね(笑)。偶然にもGモード青野さんのコメントが、件の製作中だったプラン原形へリンクに繋がっていました。2013年ですから4年前から似たような話をしていた訳です。猫屋線レイアウトのプランは紆余曲折の末に元に戻ったとも考えられます。単にパクリ線と揶揄し中途半端な出来のまま仕舞い込むのも癪に思えてきましたので、どこか少しだけ手を加えて、また来年の祭へ行ければと前向きに考えています。印象を変えるには季節を秋から→[?]へ変えるのが手っ取り早いので、そのうちに。 happy01

 さて、このたびも幾つか質問をいただきましたので、改めて写真付きで回答したいと考えます。

» Continue reading

| | Comments (3)

2017.10.02

2017軽便祭、出展報告

あ゛ぁぁ、9/29は厳しいぃ。何とか調整してみるけれど、今年すっぽかしただけに望み薄 orz。 coldsweats02

00074601wb いきなり謎なダウナー宣言で申し訳ありません。気を取り直して軽便祭でのレイアウト展示の報告を、カオスと化した部屋を片付けながらまとめたいと思います。
※今回は長文ですから覚悟してお読みください。

改めまして、皆様、お疲れ様でした。そしてありがとうございました。祭来場者数は720人だそうで猫屋線発売の影響もあってかグンと数字が伸びました(拍手)。これで将来のナローモデルジャンルも安泰か!

まずは猫屋線レイアウトこと「小茂内鉄道 猫耶線」についてのご紹介。
00074568 発端はココで書いた通り、鉄コレ猫屋線を手にした事から始まりました。実際に文字にはしませんでしたが、既存のナローオヤジが若手新規ユーザーへ向けて「どうだ!こんな楽しみ方も出来るんだぞ!!!と自慢し指南する」ような、大上段に構えた企画を試みるつもりでした。
あたかも飲み屋で上司が部下に武勇伝を聞かせるのと同じ、聞かされる側にとっては迷惑千万な、企画です(爆)。

その結果は、昔は出来たのに今は出来ないと現実を再認識させられた企画となってしまいました。まぁカウンターですな。「ぐふっ」「けっ若造なかなかやるじゃねぇか。だかこれはどうかな。」「がはっ」・・・てなヤツです(よけい判り難い)。

» Continue reading

| | Comments (14)

2017.10.01

2017軽便祭、お疲れ様でした

第13回軽便鉄道模型祭から先ほど戻って参りました。例年に無く疲れが半端無い状態です。バテバテです(断言) coldsweats01
皆様、お疲れ様でした。&

ありがとうございました。

今更ながら出し物は猫屋線レイアウト(小茂内鉄道猫耶線)と簡易軌道お立ち台(庶茂内村営軌道広寒別車庫)の2点でした。
0007459400074517

00074562自分の展示状態を相変わらず撮り忘れてまして、特に猫屋線レイアウトの全体像はブレてしまった上の1枚だけでしたので、乗り入れを戴いた時の記念撮影から概ね全体像が判る様な画像(左)を追加しておきます。今後の本家猫屋線は簡易軌道の展開も始まるそうですので、これを期にナローファンが増えると良いなぁ~。更にはモデラー出展の方も増えると好いなぁ~。

乗り入れてくださった皆さまの作品紹介や報告反省等は後ほど改めて致します。当作品に足を留めてくださった方々、お声掛けくだった方々、作品をお持ちくださった方々、また留守番を引き受けてくださった方々、誠にありがとうございました。
末筆ですが、ご尽力を賜った軽便祭スタッフの皆様に改めて感謝申し上げます。

| | Comments (3)

2017.09.29

祭への坂道2017:終

19970624021 草木も眠る丑三つ時、草軽のレイアウトを作りたいナー、炭鉱鉄道も作りたいなー、ぬわぁに栃尾線の資料集が発売とな!と現実逃避をしている今日この頃。泣いても笑っても祭まで後2日。次の日曜日は軽便鉄道模型祭です。
みんな!乗り入れ用車両の調整は万全かー!?
猫屋線そのまま車両だと誰が誰のか判らなくなるぞ、色差しとチョイ足し加工は済んだかー!?

肝心のレイアウトですが、

全然、終わんないよぉ~。 wobbly

10月に回せる仕事は全て後回しにして今まで製作してきましたが、また今年も中途半端な出来で終わりそうです(汗)。Blog書いている暇があったら製作続きをすれば良いじゃないか!?とお思いでしょうが、気分転換しないと集中力が続きません。もぅ疲れが溜まって、しなくてもいい失敗ばかり続いています。年々ペースは落ちるばかりorz(壊)。「モデラー出展少ないナー」と感じているそこのあなた bomb !来年からエントリーして下さい、お願いします。祭で神輿を担ぎましょう。

 さて、製作記の最終回は、本来は模型車両が全て完成した上で書く予定だったお話で締めと致します。

宝楽福蔵先生、再登場 happy01

» Continue reading

| | Comments (7)

«祭への坂道2017:その8